英語は、「学歴、年齢、経験」を問わず、いつからでも身につけられる。そして、その可能性はすべての人にある。

英文法の悪役2人衆

  • HOME »
  • 英文法の悪役2人衆

vu6pro6sxjbdlzv1479119002_1479119172

昆虫の世界では、人間たちからいつも嫌われている種類がいます。たとえば、「ゴ○ブリ&ハエ」

子供に嫌われる野菜の代表格は、「ピーマン&セロリ」

同じように、文法の世界にも、悪役2人衆がいます。僕が今まで文法クラスやTOEICクラスを教えている中で、英語学習者のみんなのリアクションから、この2人衆が一番の「嫌われ者」じゃないかなぁ・・・と思っています。

それは・・・

自動詞(じどうし)&他動詞(たどうし)

のコンビです。

きっと、みんなの中に中学&高校の頃の忌まわしい「わけ分からん文法用語」の代表格として、この2人衆の名前が耳に残っているのかもしれませんね。

この言葉を口にしただけで、顔をゆがめる人が多いです。他の「いかにも難しそうな」響きのする文法用語、「関係代名詞」とか、「現在完了」とかも嫌われ者ですが、自動詞&他動詞のコンビが、一番嫌われ者のような印象です。

でも、実はそんなに悪いやつらじゃないんです。

実際、このふたりを味方につけると英語の会話の中でも、TOEICの文法問題でも、すごく力を発揮してくれます。

僕も、TOEICの文法問題などを教えるときには、この自動詞&他動詞コンビの話を抜きに解き方を教えることはほぼ不可能です。

でも、このふたりの名前を出しただけで、みんなが「うわっ!」って表情になります。

でも、この自動詞&他動詞のコンビは、みんな「食わず嫌い」になっているだけで、実際に軽く「試食」してみると、そんなに悪いヤツじゃない!ということに気づく人は多いです。

そこで、今日は先入観を捨てて、このふたりの「試食」をしてみてください。

 

ひとり目

ひとり目の特徴をひと言で言うと、

「ほぅ~!」

です。

まずは、これを見てください。
 ↓

I walk.

私、歩いてます。(ふだんから)

ほぅ~!そうなんだ!

I run.

僕、走ってるんだ。(ふだんから)

ほぅ~!えらいですな!

I surf.

俺、サーフィンやるんだぜ。(ふだんから)

ほぅ~!カッコいいねぇ!

 

以上です。これがひとり目。

 

ふたり目

ふたり目の特徴をひと言で言うと、

「何を?」

です。

これを見てください。
 ↓

I like.

俺、好きなんだ。

I have.

私、持ってるの。

I eat.

僕、食べるんだ。

これを聞いて、どう思いました?

なんか、消化不良じゃありませんか?

何か、聞きたいことがありませんか?

そう!

「何を?」「何が?」

って聞きたいですよね!

そうなんです!これがふたり目の特徴。

 

ふたりを見比べてみると・・・

もう一度、おさらいしてみましょう。

ひとり目

I walk. (主語+動詞

私、歩いてます。(ふだんから)

ほぅ~!そうなんだ!

↑この文章は、主語+動詞だけで言いたいことが分かります。これだけで「自己完結」しています。「自己完結している動詞」だから・・・「自動詞」と呼ばれています。

 

ふたり目

I like. (主語+動詞

俺、好きなんだ。

え?何を?

気になりますよね?動詞だけじゃあ、言いたいことが半分しか伝わっていませんよね?

I like sweets.

俺、好きなんだ、甘い物が。

ふぅ~!これでスッキリしました。

動詞だけでは足りなくて、「他の情報」を持ってきました。「他の情報」も必要な「動詞」を、「他動詞」と言います。

他の情報は、「何が?」だけじゃなくて、「誰が?」でもOKです。

これだけです!

けっこうカンタンだと思いませんか?

ちなみに、さっきの文章、

I like sweets. (主語+動詞+その他

の「その他」の部分を、「目的語」って呼びます。

 

もっとカンタンに記号で表せる!

「主語」とか、「動詞」とかって、何となく長くて堅苦しくて、言いづらいですよね?

主語を英語で「subject」と言います。

それを短くして、「S」と呼びましょう。

動詞を英語で「verb」と言います。

それを短くして、「V」と呼びましょう。

目的語を英語で「object」と呼びます。

それを短くして、「O」と呼びましょう。

 

「主語+動詞+目的語」

を、この短い記号で書けば、

「S+V+O」

になります。グっと短くて言いやすくなりましたね!

これが、中学で習った呪文、「SVO」の正体です。

 

自動詞&他動詞のお助けパワー

この自動詞&他動詞の2人衆を味方につけると、一気にラクになります。

たとえば、これを見てください。

I (    ) Shinya.

① walk
② run
③ like
④ surf

どれが入るのが正解でしょうか?

(  )の後ろに「Shinya」が来ています。Shinyaは名詞です。何が?誰が?の答えになりますよね。

ということは、(   )には「他動詞」が入ることになります。

他動詞は、この中で「like」だけですよね。
だから、正解は③です!

これ、もし「Shinya」の部分が知らない単語だったとしても、それが名詞かどうかを判定することさえできれば、正解を選ぶことができます。(そのコツは、またこんどお伝えしますね)

今日は以上です。

いかがでしょうか?

今まで嫌いだった自動詞&他動詞のふたり組が、少し身近でいい奴らに見えてきたでしょうか?

もしそうだとしたら、今日の記事を書いた甲斐がありました!

 

From  Shinya
(
英語の達人養成ジム 師範代)

自己紹介は、こちら
こちらですアップ
    
     
    
    
    
    
    
 

※ブログの「もくじ」は、こちら

 

 

 

PAGETOP