英語は、「学歴、年齢、経験」を問わず、いつからでも身につけられる。そして、その可能性はすべての人にある。

【英語学習の8つのステージ:動画セミナー】

  • HOME »
  • 【英語学習の8つのステージ:動画セミナー】
 
大人のやり直し英語学習者の前に立ちはだかるカベ。
 
それは、この「5つのWH疑問」です。
 
① What? = 自分にはどんな教材が合う?
 
 
② How? = 選んだ教材をどうやって使えばいいの?
 
 
Why? = なぜ自分はこの教材とトレーニングをやっているの?
 
 
When? = どの教材やメソッドを、どのタイミングで取り入れればいいの?
 
 
⑤ Where? = そもそも自分の立ち位置は今どのあたりなの?そして自分はどこに行きたいの?
 
これらの5つの質問に答える動画セミナーが、「英語学習の8つのステージ」です。
 
 
 
 

なぜ、教材やメソッド選びに迷うのか?

英語の教材やメソッド選びで迷ってしまう理由は、
 
 
「自分が今どのあたりにいて、どこを目指しているのか?」
 
 
がボヤッとしているからです。
 
 
現在地と目的地が分からなければ、ゴールにたどりつくのは難しいでしょう。
 
 
最短距離で迷わずゴールにたどり着くためには、「全体像が見える地図」が必要です。
 
 
自分の立ち位置を確認せずに、ゴールも分からないまま進むのは、地図を持たずに森をさまようのと同じです。
 
 
最初は森の景色を眺めて楽しめますが、ずっと同じ場所をグルグル回っていると疲れて、モチベーションが落ちてしまうでしょう。
 
 
迷いから脱出しようとして、やみくもに今までと違う方向に走っても、方向が間違っていれば努力はムダになってしまいます。
 
 
・今の自分はどこにいるのか?
 
・この先、どんな道が待っているのか?
 
 
それが分かるようになると、ムダな努力をなくして、効率良くゴールに向かって進めるようになります。
 
 
自分より先を歩いている人を見ても、焦らず自分のペースを保てるようになります。
 
 
ネット上で見かけた怪しげな、
 
 
「○○週間で英語ペラペラ!」
 
 
みたいな教材に手を出してみたくなったり、逆に
 
 
「英語の道が果てしなく長い道のりに感じて挫折する」
 
 
ということもなくなります。
 
 
 
僕ら英語学習者にとって最初に必要なのは、全体像を示してくれる地図です。
 
 
 
自分の現在の立ち位置とゴールを常に確認し続けることができる、グーグルマップのような地図が必要なのです。
 
 
 
その地図の役割を果たすのが、この「英語学習の8つのステージ:動画セミナー」です。
 
 
TOEIC300点レベルの初心者が、TOEIC900点オーバーの上級者になるまでの道のりを、ステップバイステップで解説します。
 
 
 
 
 

英語学習の地図「8つのステージ」

この動画セミナーでは、英語学習者のステージを8つに分けました。
 
 
 
①ウキウキ期
 
 
②ウロウロ期
 
 
③転換期
 
 
④メキメキ期
 
 
⑤ワクワク期
 
 
⑥クヨクヨ期
 
 
⑦ブレイク期
 
 
⑧落ち着き期
 
 
 
です。①~④までが初級者レベル、⑤~⑧までが中上級者レベルです。
 
 
これは、僕(師範代Shinya)自身が通ってきた道、
 
 
そして僕が今までアドバイスしてきた800人以上の英語学習者の通ってきた道を8つに細分化したものです。
 
 
「初級、中級、上級」という3つの分け方よりもゲージが細かくなるので、より「自分の今の立ち位置」と「全体像」が見えやすくなります。
 
 
 

具体的なテキスト&学習メソッドを解説

それぞれのステージでは、どんなテキストを使ってどんなメソッドをやればいいのか?を具体的に解説しています。
 
 
各ステージの学習メニューは、最大で3つまでに絞ってあります。
 
 
あれこれ手を出しすぎて、1つ1つの効果が薄まってしまうことを避けるため、各ステージごとの優先順位をお伝えします。
 
 
 

メソッドに振り回されなくなる

本屋さんやネット上で英語学習メソッドを探すと、ものすごい数の選択肢が出てきます。
 
 
しかも、それぞれの本が、それぞれ違うメソッドを提唱しています。
 
 
「英語をたくさん読みなさい。」
 
 
「英語は読むな!ひたすら聞いて話せ!」
 
 
「英語を大量に聞き流せば、自然にリスニング力はアップする」
 
 
「英語は聞くだけではダメ!声に出さないと身につかない」
 
 
などなど、一見正反対のことを言っているメソッドもよく見かけます。
 
 
でも、実はこれらのメソッドはすべて正しいのです。
 
 
自分が今いるステージによって、今やるべき学習メニューは変わってきます。
 
 
たとえば、「英語をひたすら聞き流す学習法」は、ステージ①と⑧の人にとっては有効です。
 
 
でも、それ以外のステージの人にとっては、あまり効果を感じられないことが多いです。
 
 
英語学習者の8つのステージを知ることで、新しく見つけた英語の本や学習メソッドが、
 
 
「どのステージの人向けのメソッドなのか?」
 
 
が冷静にジャッジできるようになります。
 
 
その結果、今の自分に必要な教材だけを賢く選んで、ムダなく使いこなすことができるようになるのです。
 
 
 
 
 

モチベーションのアップダウンをベースにしたステージ分け

さらにこの8つのステージの特徴は、そのネーミングにあるように「モチベーションをベースにした分け方」になっています。
 
 
最初はウキウキしていたけど、いまいち上達を感じられずに他のメソッドに目移りし初めて、ウロウロしてしまう・・・
 
 
モチベーションを取り戻してワクワクしていたけど、急にカベが立ちはだかって、クヨクヨしてしまう・・・
 
 
そんなアップ&ダウンの繰り返しが、英語学習の真実です。
 
 
右肩上がりで何の障害もなく、ひたすら英語力が伸び続ける人はいません。
 
 
8つのステージには、それぞれカベがあります。
 
 
英語学習のカベを乗り越えるためには、メソッドだけではなく、モチベーションも常に意識する必要があります。
 
 
どんなに優れたメソッドも、モチベーションが落ちた状態では、実行できないからです。
 
 
実行できなければ、成果も出ません。
 
 
8つのステージの全体像を知って「自分が今いる場所」と「次のステージ」があらかじめ見えていれば、心の準備をすることができます。
 
 
「今はすごく伸びを感じて調子が良いけど、この後は伸び悩み時期が必ずやってくる」
 
 
と分かっていれば、実際に伸び悩み時期がやってきた時には冷静に対処できるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 

動画セミナーで理解度5,000倍!

動画は本の文字情報に比べて、脳に与える情報量が5,000倍あると言われています。
 
 
動画は「音声と映像」で脳裏に焼き付くので、メッセージが記憶に残りやすいのです。
 
 
実はこの「英語学習者の8つのステージ」は、最初は紙の本として出版しようと思っていました。
 
 
でも、メルマガとYouTube上で「紙の本、PDFデータ、動画のどれがご希望ですか?」というアンケートを行ったところ、約8割の方から「動画」と回答をいただきました。
 
 
そこで今回、動画セミナーという形で作りました。
 
 

すきま時間に「ながら学習」

動画セミナーは、スマホやタブレットなどでカンタンに再生することができます。
 
 
映像なしで音声を聞くだけでも理解できるので、散歩中や家事の最中に「ながら学習」をすることもできます。
 
 
この動画セミナーは英語学習のステップを日本語で解説したものです。
 
 
英語のレッスンと違って、ずっと集中して視聴し続ける必要はありません。
 
 
すきま時間に「ながら学習」として視聴することができます。
 
 
 

気が散る広告が入らない「Vimeo」で動画をお届けします

動画配信システムは、YouTubeではなく「Vimeo」を使います。

 

YouTubeと同じように、VimeoもURLをクリックするだけで、動画が再生されます。

 

スマホでもパソコンでも見れます。

(※Vimeoの動画サンプルを見たい場合は、こちらをクリックしてください。)

 

Vimeoでは、YouTubeのような広告が出てきません。

 

また「関連動画」「オススメ動画」も出てこないので、気が散らないで英語学習だけに集中することができます。

 

また、Vimeoのスマホ専用アプリ(無料)を使うと、動画のダウンロードが1クリックでカンタンにできます。

 

動画をオフラインデータとして本体に保存しておけば、インターネットにつながらない場所でも、いつでもどこでも動画セミナーを見ることができます。

 

散歩しながら音声だけを聞くような使い方もできます。

 

動画の視聴期限はありません

一度お申し込みいただいた動画セミナーは、視聴期限なく何度でも見ていただくことができます。

 

一度見た動画セミナーを、しばらくしてからまた戻って見ると、新しい発見があります。

 

動画セミナーは復習しやすいので、英語学習と相性が良いです。

 
 
 

動画セミナー受講ペースは2パターン

動画セミナーの受講ペースは、お好みの合わせて2パターンから選べます。
 
 
 
①毎日少しずつ動画を見ていきたい人向けパターン
 
②まとまった時間で一気に見たい人向けパターン
 
 
 
あなたのライフスタイルに合わせられるように、この2パターンをご用意しました。
 
 
この動画セミナーにお申し込みいただくと、毎朝7時にメールが届きます。
 
 
メール内には「今日の動画セミナーのリンク」が貼られています。
 
 
リンクをクリックして動画セミナーをご覧ください。
 
 
1日にお届けする動画セミナーは、1~3本程度で、1本あたりの長さは5分~15分程度です。
 
 
これが少しずつ見るパターン①です。
 
 
動画セミナーの配信期間は、トータル○○日間です。(配信期間が過ぎても、動画はご覧いただけます)
 
 
毎日お届けする動画セミナーの下には、「動画のもくじリンク」が貼られています。
 
 
もくじリンクをクリックすると、「すべての動画セミナーを一覧できるページ」に行けます。
 
 
この一覧ページでは、すべての動画セミナーを自由に選んで一度に見ることができます。
 
 
これがパターン②の「まとめて見たい人向け」のページです。
 
 
もちろん、パターン①で少しずつ見た後に、復習として「動画もくじページ」を活用していただくこともできます。
 
 
 

動画セミナーの内容

この動画セミナーのトピックは、こんな感じです。(一部抜粋)
 
↓↓↓
 
 
・8つのステージ全体像
 
 
・ステージ別トレーニングメニュー(やることリスト)
 
 
・各ステージごとのトレーニングの具体的なやり方解説
 
 
・すきま時間派 VS まとめて勉強派
 
 
・TOEIC700点前後の人がビジネスで英語を使うためのコツ
 
 
・伸び悩み時期を脱出するための学習メニュー
 
 
・伸び悩み時期のモチベーションの保ち方
 
 
・瞬間英作文が英会話で使えるようになるまでの流れ
 
 
 
などなど、あなたがどのレベルにいても使える内容を網羅しています。
 
(トータル57本の動画セミナーをお届けします)
 
 
もしあなたが初心者だった場合でも、
 
 
「この先、どんな世界が待っているんだろう?」
 
 
という疑問が解消すれば、上達の流れを具体的にイメージできるようになります。
 
 
具体的にイメージできるようになれば、その夢は実現する確率がグッと高まります。
 
 
気になるトピックがあれば、今すぐ下のボタンをクリックして、動画セミナーにお申し込みください。
 
↓↓↓
 
 
 

受講料について

この動画セミナーの受講料は、税込み1,980円です。
 
 
もともと紙の本として出版する予定だったので、今回の動画セミナーの価格も本1冊分にしました。
 
 
それでいながら、情報量は本よりもたくさん詰まっています。
 
 
トータル57本分の動画セミナーを、1,980円で受けることができます。
 
 
動画の視聴期限はないので、あなたのステージが上がるたびに見返して、今の立ち位置と方向性を再確認することができます。
 
 
 

5つの質問すべてに答える動画セミナー

① What? = 自分にはどんな教材が合う?
 
 
② How? = 選んだ教材をどうやって使えばいいの?
 
 
Why? = なぜ自分はこの教材とトレーニングをやっているの?
 
 
When? = どの教材やメソッドを、どのタイミングで取り入れればいいの?
 
 
⑤ Where? = そもそも自分の立ち位置は今どのあたりなの?そして自分はどこに行きたいの?
 
これらの5つの質問に答える動画セミナーが、「英語学習の8つのステージ」です。
 
 
英語学習の全体地図を手に入れることができます。
 
 
そして、この先迷わずに、しっかりと一歩一歩を踏みしめながら、確実にゴールに近づいていくことができるでしょう。
 
ここまで読んでくれたあなたは、きっと英語学習に本気なはずです。
 
 
ムダな方向に努力してしまうリスクを減らして、効率良く最短ルートでゴールに到達するために、今すぐにしたのボタンをクリックして、動画セミナーを受講してみてください。
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
英語学習の全体像が見えるようになれば、焦りや不安に振り回されずに、英語学習を楽しむことができるでしょう。
 
 
それでは、動画セミナーの中でお会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
師範代Shinya

PAGETOP