英語は、「学歴、年齢、経験」を問わず、いつからでも身につけられる。そして、その可能性はすべての人にある。

【瞬間英作文トレーニング完全マスターコース】

  • HOME »
  • 【瞬間英作文トレーニング完全マスターコース】
・英語が口からポンポン出てくるようになるために、瞬間英作文トレーニングを始めためど、毎日のトレーニングペースが自分ひとりでは作りにくい・・・
 
 
・発音や文法の分からない部分を、別の教材を使って調べるのが面倒・・・
 
 
・教科書英語っぽい例文で練習するのは、どうもモチベーションが上がらない・・・
そんな悩みを解決するコースが、この「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」です。
 
 
「実戦的なフレーズの中で、会話に必要な文型をしっかり身に付けたい!」
 
 
と思っている人向けに作りました。
 
 
お申し込みはこちらをクリックしてください。
 
↓↓↓
 
 
・「外国人を前にしていざ英語をしゃべろうとすると、カンタンな英単語すら出てこなくてヘコむ・・・」
 
 
・「英語を話すときに、文章の順番がめちゃくちゃになっていることが自分でも分かる。けど、どうしていいか分からない・・・」
 
 
・「TOEICの点数だけは高くて、周りから英語ができる人だと思われてるけど、本当は会話にぜんぜん自信がない・・・」
 
 
そんな現状を打破するのが、瞬間英作文トレーニングです。
 
 
でも、瞬間英作文トレーニングを独学で完成させて、自分の望む会話力を手に入れられる人はあまり多くありません。
 
 

なぜ、独学だけで続けられる人が少ないのか?

その理由は、科学的に解明されています。僕ら英語学習者がトレーニングを続けるには、「意思の力」が必要です。人間は、「意志の力」がなくなると、ボーッとしたりゴロゴロして過ごすことしかできなくなります。アメリカの大学の研究で、「意思の力」がどういう時にすり減っていくのか?を調べる実験が行われました。
 
 
その結果、この3つのシチュエーションで、意思の力がすり減ることが分かりました。
 
↓↓↓
 
①やろうかどうか?を迷っている時。
 
②何をやろうか?を迷っている時。
 
③どのくらいやろうか?を迷っている時。
 
 
この「3つの迷い」が、意思の力を最も大きくすり減らすことが分かったのです。
 
 
独学で英語学習をする場合、この「3つの迷い」が起きやすくなります。
 
 
①「今日の英語トレーニング今やろうかなぁ~、それとも夜にしようかなぁ~」
 
②「よし!今やるか!さて・・・今日は何のメニューやろうかな?・・・」
 
③今日は何ページぐらいまで進めようかな?
 
 
こういうことを頭の中でグルグル考えて迷っている間に、「意志の力」はどんどん減っていきます。そして、英語学習そのものに向かうために必要な「意志の力」がなくなっていくのです。
 
これが、独学で学習ペースを守り続けるのが難しい理由です。
 
 
さらに、それだけではありません。僕らの「意思の力」がすり減る時は、こんな小さなことも含まれます。
 
 
・「テキストどこにあったっけな~」と本棚を探すこと
 
 
・「あれ?昨日どのページまでやったっけ?」とパラパラめくること
 
 
・テキストの英単語の意味をネットで調べること
 
 
・ネットで調べている間にヤフーニュースが気になってついつい見てしまうこと
 
 
・気が付いたら30分ぐらい経っていて、「あー!いかん!」と自分を責めること。
 
 
 
こんな一見小さなことでも、意思の力を少しずつ奪われます。
 
 
これらの「意思の力を少しずつ奪う障害物」のことを、「摩擦」と呼びます。
 
 
 

「摩擦」の恐怖

「いつもなんとなくダラダラしてしまう」
 
 
「始める前はやる気まんまんだったのに、いつの間にか中だるみしてしまい、思ったほどのことができなかった」
 
 
こういう時にはほとんどの場合、「知らないうちに摩擦ポイントが増えている」のが原因です。
 
 
摩擦の恐ろしさは、「自覚しづらい」ことです。気付かないほど小さな摩擦が積み重なって、いつの間にか意思の力が奪われていくのです。
 
 
摩擦が積もり積もった結果、あなたの貴重な時間とエネルギーをムダにしてしまいます。
 
 
その結果、英語学習そのものを実行するために必要な時間や意思の力がなくなっていきます。
 
 
 

摩擦を減らす方法

アメリカの大学の研究では、摩擦をできるだけ少なくするには、「今日何をどのくらいやるか?」をあらかじめ決めておくということが有効だ、ということが分かっています。
 
 
できれば、英語学習のトレーニングメニューは自分で決めるよりも、経験者やプロのコーチに丸投げしてしまった方が、摩擦が減ります。
 
 
摩擦を減らすことで、意思の力を温存できます。
 
 
その結果、トレーニングの実行そのものに意思の力を注ぎ込むことができます。
 
 
これは、身体を鍛えるジムと同じです。自分でゼロから筋トレのやり方をネットで調べ上げるのも良いかもしれませんが、それなりに時間と労力がかかります。
 
 
でも、ジムに通ってトレーナーに指導してもらえば、ラクに早く結果が出ます。
 
 
英語学習も同じです。
 
 
「瞬間英作文トレーニング」専用の、毎日通うジムのような場所を作ることで、あなたの摩擦を減らして意思の力を温存する助けになるのでは?と考えました。
 
 
 

発表!「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」

それが今回リリースした「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」です。
 
 
このコースは、以前受けていただいた「瞬間英作文トレーニング14日間セミナー」の定期コース版です。
 
 
このコースを受けることであなたは・・・
 
 
・「今日、どんなメニューをどのくらいやるか?」を自分で決める必要がないので、意思の力を大幅に節約して、英語トレーニングをすることだけに専念できます。
 
 
・毎日の学習ペースを作りやすくなり、生活の中で瞬間英作文トレーニングを「習慣」にすることができます。
 
 
・イメージ英文法で、「丸暗記」の苦しみから開放されます。
 
 
・文法や英単語、発音などを自分で調べる手間が省けるので、細かい摩擦が減ります。
 
 
・摩擦が減って温存できた意思の力を、他のトレーニング(音読トレーニングなど)に振り分けることもできるようになります。
 
 
その結果、「きちんとトレーニングをこなしている割に、心に余裕がある」という状態を作り出すことができるようになります。
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 

動画で分かりやすく解説

動画は、本を読むよりも伝わる情報量が400倍多いという実験データもあります。動画には「音声と動き」があるので、脳が活発になって、より多くの情報を受け入れようとするそうです。
 
 
特に、英語は「音声言語」なので、声と映像が合わさった動画で学習した方が、効率が良いです。
 
 
今のところ、瞬間英作文トレーニングを動画セミナーで学べるコースは他にないと思います。
 
 

英語学習に集中できる「Vimeo」で動画をお届けします

動画配信システムは、14日間セミナーと同じ「Vimeo」を使います。

Vimeoでは、横に「関連動画」「オススメ動画」が出てこないので、気が散らないで英語学習だけに集中することができます。

また、Vimeoのスマホ専用アプリ(無料)を使うと、動画のダウンロードが1クリックでカンタンにできます。

動画をオフラインデータとして本体に保存しておけば、インターネットにつながらない場所でも、いつでもどこでも動画セミナーを見ることができます。

散歩しながら音声だけを聞くような使い方もできます。

(※Vimeoは「動画を投稿する側の人」が月会費を払うことで成り立っている仕組みなので、「動画を見る側の人」には料金は一切かかりません。)

 

 

毎日メールが届きます

お申込み後、翌日から毎朝7時にメールが届くので、毎日同じリズムで学習ペースを作ることができます。週1回の休みの日にも、「今日はお休みです。」というメールが届きます。
 
 
毎日パソコンやスマホでメールをチェックするタイミングで動画セミナーを開くことで、英語学習を1日の中の習慣にしやすくなります。
 
 
 

正しい英文を引き出すための日本語訳

英文は「自然さ」にこだわって作っていますが、日本語訳の方は逆に不自然でも「直訳」にこだわっています。
 
 
なぜなら、瞬間英作文トレーニングの中での日本語訳は、「正しい英文を引き出すためのトリガー」の役割があるからです。
 
 
May I help you? というフレーズの日本語訳を、「いらっしゃいませ」という自然な日本語(意訳)にしてしまったら、それは単なる「丸暗記トレーニング」になってしまいます。
 
 
文型や文法を意識しないでフレーズを口に出すだけでは、瞬間英作文トレーニングとは呼べません。
 
あくまで、日本語訳は「英文を引き出すためのトリガー」にするために、たとえ不自然でも「直訳」にこだわって作りました。
 
 

汚い言葉や表現は出てきません

英語教材の中には、実戦性を重んじるあまり、「スラング(俗語)」と呼ばれるものを盛り込んだテキストもあります。
 
スラングというのは、若者がよく使う言葉です。
 
 
「ヤバい」
 
「ウザい」
 
「パクる」
 
 
といった言葉が、日本語のスラングの例です。英語にもこういう表現はたくさんあります。
 
 
でも、この「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」には、こういったスラングは登場しません。
 
 
なぜなら、こういう言葉は、間違った場面でうっかり使ってしまうと、あなたの印象を悪くすることがよくあるからです。特に初心者のうちは、汚いフレーズを覚えるのは危険です。
 
 
スラングというのは、上級者になって、場面に応じてフォーマルやカジュアルな表現が使い分けられるようになった時点で覚えれば良いと思います。
 
 
このコースでは、スラング表現は一切出ないので、安心してすべてのフレーズを覚えて英会話の中で使うことができます。
 
 
 
 

大人のための日常表現

いくら中学英語が大事だといっても、
 
 
I am a student.(私は学生です)
 
 
This is a pen. (これはペンです)
 
 
みたいな例文はやる気が起きませんよね?
 
 
同じ I am ~の例文を練習するなら、
 
 
I am an engineer.(私はエンジニアです)
 
 
というような表現の方が、僕ら大人にとってはずっとリアルなイメージがわきます。
 
 
テキストの英文は、師範代Shinya自身が瞬間英作文トレーニングで発話力を上げた経験にプラスして、英会話スクールで8年間教えた経験を盛り込んだ「大人が日常で使うフレーズ」をベースに構成してあります。日本人の大人が、
 
 
・日本に住んでいる外国人と話す時に使える表現
 
・旅行などで海外に行った時に必要になる表現
 
 
を厳選しました。
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 
 

Q&Aコーナー

オンライン動画の場合は、その場で質問ができません。その代わりに、メールで質問を受け付けます。
 
 
ある程度の質問がたまった時点で、専用Q&Aページを作って、そこで動画や文章でご質問に答えていく予定です。
 
 
Q&Aの内容をみんなで共有できるので、自分では思いつかなかった質問の答えも知ることができます。
 
 
(※質問は、テキストの中で使われている英単語や文法に関するもののみ受け付けます)
 
 
 

受講期間の長さはどのくらい?

この「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」の受講期間は、トータル9ヶ月間(正確には28日間×9=36週間)です。
 
 
このコースは、3つのステージ構成で考えています。
 
 

第1ステージ:基本の型をマスター(初心者~中級者向け)

会話に必要な中学英文法+アルファの文型を、瞬間的に会話で使いこなす力を身につけていただくステージが、第1ステージです。
 
 
SV, SVC, SVO, SVOO, SVOC の5文型を駆使して会話できるようになるためのトレーニング内容にしてあります。
 
 
基本5文型をマスターすることで、必要な情報を的確に伝える会話力が身に付きます。
 
 
ひとつひとつの文型を丁寧に身体に刷り込んでいくために、1つの文型を色々なバリエーションの例文を使って深く学んでいきます。
 
 
第1ステージの受講期間は、6か月+1週間です。
 
トータル120ユニットをトレーニングすることで、120パターンの文型をスキルとして身に付けることができます。
 
 
 
 

第2ステージ:熟語を習得!(初級~中級者向け)

熟語とは、「put on」「take off」「put off」などの「基本動詞+前置詞」の組み合わせで、特定の意味になるものです。

(put on = 着る、take off = 脱ぐ、put off = 延期する)

熟語は、「丸暗記」がしづらいので、苦手な人が多いジャンルです。

でも、熟語は日常会話やビジネスシーンで使われることがすごく多いです。

このコースの特徴でもある「イメージ英文法を使った解説」は、熟語や前置詞を覚える時こそ、最も大きな力を発揮します。

これまで身に付けた文型を使った例文で復習をしつつ、同時進行で熟語を習得するステージを作りました。

受講期間は、トータル3週間(15ユニット)です。

もちろん、熟語の数は細かいものを入れれば全部で1,000種類以上あるので、すべてを15ユニット分(約120本分の例文)に詰め込むことはできません。

でも、会話でよく使われる上位順で絞れば、約120本の例文でも会話に役立つ内容になると判断しました。

例文は、短めでシンプルな文型にまとめて、負荷が高すぎないように調整してありますので、これまでの文型を復習しながら、同時のに熟語を覚えることができます。

in, out, on, off, up, down, around, by, about, from, of, などの前置詞の基本イメージと、それらを組み合わせた熟語のイメージを詳しく解説していきます。

(今日はonだけを使った熟語集、明日はinだけを使た熟語集・・・というように、前置詞の種類ごとにまとめて進んでいきます)

ここで熟語をしっかり身に付けていただいた後に、次のステージとして長い文章を使った「コンビネーション英作文」トレーニングに移っていきます。

 
 

第3ステージ:長い文章に挑戦!(中級~上級者向け)

短文を使った作文からさらに一歩進んで、「洗練された会話」ができるようになるためのステージです。
 
 
第1&第2ステージで身につけた基本の5文型をベースに、「関係詞」や「接続詞」などでつないで1本の長い文章をしゃべれるレベルを目指します。
 
 
「去年私達が記念日に行ったあのオシャレなレストランは、残念なことに来月閉店しちゃうらしいよ。」
 
 
ぐらいの長さの文章をサッと作って口に出せるようになったら、カッコいいと思いませんか?
 
 
このタイプの英作文トレーニング法は、「コンビネーション英作文」と呼ばれています。
 
 
第3ステージでは、この「コンビネーション英作文」を使ったトレーニングをします。
 
 
この第3ステージの受講期間は、2ヶ月間です。
 
 
すでに基本文型を独学でクリアしている上級者向けに、ステージ3から途中参加するコースも将来的に作る予定です。
 
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 
 

14日間セミナーとの違い

 

巻物テキストが進化!

14日間セミナーでご提供した巻物スタイルのテキストを試した方々から、
 
「折り線がズレてしまい、キレイに巻けませんでした」
 
という声をいただきました。
 
 
「テキストをうまく巻けない」という状況も、「意志の力」を奪う小さな「摩擦」のひとつです。
 
そこで今回、摩擦を減らすために、巻物テキストを微調整して進化させました。
 
 
紙を巻くごとに「厚みと幅」が少しずつ増していくことを計算に入ながら、上に向かうごとに折り目の点線部分の幅をミリ単位で増やしていくことで、
 
 
「点線と実際の折り目のズレ」
 
 
をなくしました。
 
 
これにより、きっちり等分で折られたキレイな巻物を作れるようになりました。
 
 
また、最初に折り幅が決まったら、後は厚みの変化を気にせず、巻きながら折り込んでいくだけなので、巻物を作るのに必要な「意志の力」も削減されました。
 
 
 

音声データがなくなりました

「瞬間英作文トレーニング14日間セミナー」についていた「音声データ」は、定期コースではなくしました。
 
 
もともと、14日間セミナーはテスト的に色々な要素をテンコ盛りにした状態でリリースしました。
 
 
・いきなりテスト
 
・文型解説
 
・発音チェック
 
・イメージ英文法
 
・巻物タイプテキスト
 
・横開きタイプテキスト
 
・トレーニングチェックシート
 
・音声データ
 
 
などなど、考えつく限りの要素をすべて盛り込みました。
 
 
そして、受講が全ユニット分終わった人にアンケートをお送りして、答えていただき、定期コースの段階では不要なものを削る予定でした。
 
 
その結果、「定期コースを受講したい」と答えてくれた方のうち、9割の人から
 
 
「音声データを使わなかった」
 
 
という答えが返ってきました。
 
 
理由としては、
 
 
①動画でしっかり発音レクチャーをやってくれるので、後はテキストだけで十分練習することができた。
 
 
②自分の英作文スピードが上がるにつれて、音声データの間が空きすぎてしまう。自分の上達レベルに合わせたペースで進めるには、音声データは向かないと感じた。
 
 
③動画の「いきなりテスト」の部分をスマホに入れて、音声だけ聞きながらやると、付属の音声データより使いやすい。
 
 
という声がトップ3を占めていました。
 
 
なので、今回の定期コースでは、音声データは付けないことにしました。
 
 
もちろん、アンケートの中には音声データを使ってくれた方もいましたが、今回の定期コースは「音声データなしでも、他の要素に価値を感じてくれる方」にのみ、ご提供したいと考えています。
 
 
音声データがない分、動画セミナーの中で発音トレーニングを丁寧にレクチャーしています。
 
 
また、最初の動画「いきなりテスト」のパートをふだんのトレーニング用音声データとしても使えるように、進むテンポを今まで以上に速めて、サクサク進むようにしました。
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 
 

テキストは今まで通り2種類お届けします

テキストに関しては、14日間セミナーと同じように2種類用意します。
 
 
「巻物タイプがすごく使いやすい!」と絶賛の声をいただく一方で、「巻くのが面倒だったので、横開きを使っている」という声も多くありました。
 
 
比率的には、「巻物派」と「横開き派」では、ちょうど半々くらいです。
 
 
なので、テキストは引き続き2種類お届けします。
 
 
 

トレーニングチェック表も毎回お届けします

 
「今日のトレーニングメニュー」が書かれたトレーニングチェック表を、2週間に一度のペースでお届けします。
 
 
この表を使うことで、「今日はどのユニットをやるんだっけ?」と迷うことがなくなるので、「意志の力」を温存できます。
 
 
また、今日まで自分がやってきた内容を「見える化」できるので、モチベーションを保ちやすくなります。
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 
 

コース参加費について

瞬間英作文トレーニングの定期コースバージョンであるこの「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」の価格は、月額(28日分)で税抜き9,800円です。
 
 
28日分なので、1日あたり350円(税抜き)になります。
 
 
社員食堂のランチ代ぐらいの投資で、あなたの「英語を発信する力」を高めるチャンスです。
 
 
お支払いはクレジットカードのみ受け付けています。
 
 
クレジットカードは、前回と同じように「ペイパル」を使って決済します。
 
 
お申し込み画面の指示に従って進んでください。
 
 
お申し込みはこちらをクリックしてください。
 
↓↓↓
 
 
※ペイパルについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらをクリックしてください。
 
 
 

途中退会できるの?

定期コースを受ける上で、一番の心配事は、
 
 
「毎日きちんと続けられるだろうか?」
 
 
ということだと思います。このコースには、「続けやすい仕組み」が盛り込んであります。
 
 
とはいえ、受講期間中に生活環境が変わったり、やむを得ない事情で英語学習を一時的に続けられなくなることも、無いとは言い切れません。
 
 
そこで、このコースでは、1ヶ月(28日間)に一度のタイミングで途中退会できるようにしてあります。
 
 
やり方はカンタンで、ペイパルの定期支払いを自分でキャンセルするか、メールで退会の通知をしていただくだけでOKです。
 
 
28日ごとの月謝引き落としの前に退会手続きをすれば、翌月からの支払いは止まり、メールや動画も届かなくなります。
 
 
ペイパルはお客さん側が自分で定期支払いシステムの停止手続きができるので、安心&安全です。
 
 
また、退会に伴う手数料やキャンセル料などは一切かかりません。
 
 
(※ペイパルの引き落としは、1回目は最初の申し込み日、2回目以降は申込日から28日間隔になります。)
 
 
ジムなどでよくある「始めてから最初の3ヶ月は退会できません」みたいな縛りルールもありません。最初の1か月だけ続けてみて、合わないと思ったらすぐにキャンセルできます。
 
 
ただし、一度退会された場合、後からまた戻って前回の続きからやり始める、ということはできませんので、ご了承ください。
 
(※このコースを受講した方々の声はこちらをクリック
 
 
 

ここまでお伝えしたことをまとめます

・このコースは、「瞬間英作文トレーニング」を使って中学英文法の5文型が会話で口からポンポン出てくるようになるための定期コースです。
 
 
・基本文型を身に付ける第1ステージ、会話でよく使われる「熟語」を身に付ける第2ステージ、長い文章を作るトレーニングをする第3ステージの、トータル3ステージです。
 
 
・3ステージ分のトータル受講期間は、9ヶ月間です。
 
 
・毎朝7時に「今日の動画セミナー」をお届けします。
 
 
・セミナー動画、2種類のテキスト、トレーニングチェック表をお届けします。
 
 
・音声データはありません。
 
 
・コースの受講料は、月額9800円(税抜き)です。1ヶ月のサイクルは、28日間(4週間)です。
 
 
・いつでも途中退会することができます。退会費用は一切かかりません。
 
 
・オンライン会員の特典として、分からない部分をメールで質問することができます。回答は会員専用のQ&Aページで見ることができます。
 
 

今、あなたの前には2つの道があります。

1つ目の道は、「瞬間英作文トレーニング14日間セミナー」で学んだことをもとに、独学でトレーニングを積んでいくという道です。
 
 
14日間セミナーでは、ノウハウのすべてを余すところなくお伝えしたので、後は市販の瞬間英作文用のテキストと、イメージ英文法のテキストを両方使いながら勉強していけば、効果的な学習ができます。
 
 
2つ目の道は、この「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」に参加して、「摩擦」が少ない状態でトレーニングを続けることです。
 
 
動画セミナーを受ければ、「今日、何をどのくらいやろうか?」ということを自分で考える必要はありません。英単語の意味を自分で調べる必要もありません。
 
 
イメージ英文法を使って丸暗記に頼ることなく、文型や文法、英単語のイメージを学ぶことができます。
 
 
僕の知る限りでは、「瞬間英作文トレーニング」と「イメージ英文法」を組み合わせたセミナーは他にありません。
 
 
毎朝7時に送られてくるメール&動画は、毎日の学習リズムを作り出し、モチベーションの維持にも役立ちます。
 
 
 

あなたは、どちらを選びますか?

もちろん、どの道を選ぶのも、あなたの自由です。
 
でもこのページをここまで読んでいるあなたは、きっと、
 
 
「本気で英語を自由にしゃべれるになりたい!」
 
 
「流ちょうに英語を操れる、数少ない日本人のひとりになりたい!」
 
 
と思っているのではないでしょうか?
 
 
あなたはきっと、誰よりも勉強熱心で、意識の高い人だと思います。
 
 
世の中にあふれている「○○するだけで、○○ヶ月でペラペラ」などの怪しいフレーズに惑わされることなく、「しっかりと、確実に英語力を高めて、自分の人生の可能性を広げたい」と真剣に思っている、数少ないうちの1人なのだと思います。
 
 
そうでなければ、このページをここまで読んでいないはずです。
 
 
もし、自分で文法や英単語を調べる労力を減らして、摩擦の少ない状態で瞬間英作文トレーニングを続けたいなら・・・この「瞬間英作文トレーニング完全マスターコース」に、今すぐ参加してください。
 
 
お申し込みはこちらをクリックしてください。
 
↓↓↓
 

このコースを9ヶ月分終えた受講者の声

最後に、このコースを9ヶ月分終えた受講者の声をお聞きください。
 
 

外国からのお客様に挨拶したり、案内できるようになりました

子象さん

 

私は70歳の主婦です。

50年以上も前に習った英語をもう一度勉強するには文法の基礎から学ぶのが一番だと思いこの講座を申し込みました。

いきなりテストの時、

「どうしてそう表現するのだろう?」

「昔学んだことと違うみたいだけどどうやって理解したらいいのだろう?」

思ったことをすべて詳しく解説していただいてこれ以上質問がないくらいでした。

 中間頃に急な環境の変化があり、受講できなくて未読の講座がいっぱい溜まってしまい、もうついていけないかもしれないと思った時期がありました。

でも間に復習dayがあったのでそこも頑張れば何とかなると思い直しました。

先生のおかげで最後まで受講することができました。

余談ですが、私は家族で民宿とゲストハウスを営んでいます。

最近は外国からのお客様に挨拶したり、案内できるようになりました。

まだまだ「あの時こう言えばよかったのに」と後から思うことの多い日々ですがそれは次の機会に生かせるようメモして繰り返しています。

時間に余裕がある時は近くの名所を車で案内することもあります。

この講座を受けるまではそんなことは思ってもいなかったのですが勇気を出して声をかけてみると皆さん予想外のサービスにとても喜んで写真を撮ったりお買い物をしたりして、帰りには何度もお礼を言われます。

日本の「おもてなし」に少しは貢献できたかな。

同業の知人は「スマホで何語でも通訳してもらえるんだから苦労して英語を勉強する必要はない」といつも言います。

確かに、かなり複雑な文章も一瞬で翻訳してくれる強い味方であり、自分も利用するかもしれないとは思いますがそれは自分にとってはサブアイテムであってメインのライブステージを譲る気はありません。

自分の英語がなかなか伝わらなくて知っている単語を羅列してみたり、ボディランゲージや絵を描いてみたりあの手この手でやっと伝わった時の快感は病みつきになります。

一番のやみつきはもちろん自分の英語が通じた時です。

最後に今一度お礼を申し上げます。

Thank you I appreciate everything.

 

ベスト・キッドの練習のように、毎日 型のメニューを淡々とこなしているうち、無意識に鍛えられていました

池上 裕二さん

 

毎日のトレーニングがとても楽しく、9か月も経ったという感覚は無くて本当にあっという間でした。

真也先生の情熱のこもった授業を毎日受けることができて最高のセミナーでした!

最後の173回目の「いきなりテスト」は正座をして挑みました。

最後、U173の60回目の声出しを終えたときはすごく感慨深かったです!

U167あたりからはすごく文章が長くなりましたが、気持ちを引き締めてバッチリ食らいついていきました。

驚いたのが、さらに長くなったU171~をやった後は、さっきまで長く感じていたU167あたりの文が短く楽に感じました。

真也先生が言っていた高地トレーニングの効果は抜群だと思いました。

また、全173ユニットを終えてから、以前に挑戦した7日間の「ハイブリッド型瞬間英作文」を再度やってみました。

以前挑戦したときは惨敗状態で、文章がとても長く・難しく感じました。

その時は、こういった文章を本当に自分が言えるようになるのかなぁと不安でした。

しかし今、7日間のメニューをざっとやってみると、すごく簡単で全然長くない文章だったことに驚きです!

まるでベスト・キッドの練習のように、毎日 型のメニューを淡々とこなしているうち、無意識に鍛えられていました。
すごくうれしいです!

今後は教わった方法でサイクル回しを進めて行きます!

 

どこまでやれば良いか悩まずに済みました

うさぎさん

 

森沢先生の本と比べ、より実践的と思いました。
また、トレーニングメニューが設定されているので、どこまでやれば良いか悩まずに済みました。

 

時間は丁度よい

喝さん
 

発音はネティブがよい。

リエゾンなどの説明を文章と矢印で表示必要。

時間は丁度よい。

 

比較的平易な例文と手ごろなボリューム

ライダー さん

 

比較的平易な例文と手ごろなボリュームで続けるのに
適当なカリキュラムだったこと、

なによりこのコンテンツをコンスタントに
作られている事も分かったので、

そのShinya師範代の労を無駄にしないように
、というのも地味なモチベーションになっています。

この動画がすでにできているものをただ追うだけだったら
途中で挫折していたかも。

 

イメージ文法の説明も分かりやすく、暗記ではなく実感として理解できました

トッキーさん

 

1.これくらいの練習量(実技)をこなさないと英語が身につかないことを実感させてくれました。

2.各英文の発音、イントネーションについて、必要な部分を丁寧に解説してくれたので、自分でも気を付ける箇所が分かるようになりました。

3.イメージ文法の説明も分かりやすく、暗記ではなく実感として理解できました。

4.このコースの後の学習にどのような教材を使えばよいかを学習者のレベル、目的別に紹介されていたので、大変参考になりました。

5.このコースの最後のほうの例文に、日本国内で英語をマスターした日本人の先生から指導を受けるのがよい、とありました。まさにこのコースだと感じました。

 
 
以上、このコースを修了した受講生の方々の声でした。
 
 
では、動画セミナーの中でお会いしましょう!
 
 
See you soon!
 
 
From Shinya
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お申し込みはこちらをクリックしてください。
 
↓↓↓
 
PAGETOP