英語は、「学歴、年齢、経験」を問わず、いつからでも身につけられる。そして、その可能性はすべての人にある。

瞬間英作文トレーニング定期コース専用Q&Aページ

  • HOME »
  • 瞬間英作文トレーニング定期コース専用Q&Aページ

ユニットの番号をクリックすると、その場所にジャンプします。

↓↓↓

U 5

U 7 & 8

U 9 & 10

U 12 & 13

U 16

U37

U38

U 41

U 47

U 90

U 104

※発音に関する質問

※学習の進め方に関する質問

 

U5

Q: by と next to のイメージの違いを教えてください。

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

U7&8

Q:There is 構文が実際に会話で使われる頻度はどのぐらいでしょうか?

 

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

U9&10

Q:所有格のパターンをカテゴリー分け一覧で教えてください。

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

U12&13

Q:例文「She wasn’t angry at me.」の時に、at とwithのイメージについて説明がありました。

それについてはなんとなく理解できたのですが、at とtoの使い分けがわかりません。

例文「Was she nice to you?」とか、「Were they polite to you?」の場合はtoが使われています。
 
今までの癖で、angryの時もなんとなく to が使いたくなるのですが、どのように使い分けられているのでしょうか。
 

 

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

U16

Q:What time is the concert? の答えは、It’s at 6:00. で「at」がありますが、What time is it? の答えは、 It’s 10:30. で、at がありません。なぜでしょうか?

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

U37

Q:U37でmeetとseeの使い分けを説明してくださいました。

とてもよくわかりました。

そこで、以前のユニットにも出ていたのですが、違いが分かりにくいものがあるので教えてください。

eatとhave wake upとget up

この二組です。特に「起きる」については、中学の頃 wake upで覚えてしまったせいか、ついそちらを使ってしまいます。

よろしくお願いいたします。

 

U38

Q:U38の文法解説で、
 
How long did it take ?
 
の答えに It takes 10 minutes.とありました。
 
私はついでに答え方も覚えたかったので、答えの部分も入れて練習しています。
 
そこで口に出していてふと思ったのですが、質問は過去形なのに答えは現在形ですよね。
これはこういうものなのですか?
 

 

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

U41

Q:The climate in Vancouver is milder than that of Toronto.

この後半にある that of Toronto についてなのですが、日本語を考えながら文の構成を考えると、どうしても The climate in Vancouver を意識してthat  in Toronto としてしまいます。
 
例文を見直して that of Toronto になっているのを見ると、前置詞の意味としては分かるのですが、丸暗記ではなく、日本語から英文を考えるようにして文をつくると、つい in を使ってしまうのですが、 in では誤りでしょうか。
 
 
 
 
Q:Engagement rings are far more expensive than wedding rings.

 
こちらが複数形で表現されているのはなぜでしょうか。
 
Engagement ring is far more expensive than wedding ring.
 
とならないのは、どのようなニュアンスがあるのでしょうか。
これらの指輪は一般的な人にとっては一度(一個)だけだという気がします。
 
 

 

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

U47

Q:2番でfill in 3番でfill out でin と out と使い分けられています。

ここでは日本語訳の「すべて埋めて」のところでoutが使われるのだと思うのですが
辞書を見ると、2番にもoutを使用しても良いのではないかと思うのですが
使い分けのポイントは何になりますでしょうか。

また、ここではwriteは使えないのでしょうか。

 

Q:youを抜かした一般動詞から始まる命令文は、命令ではなくお願いに近いという説明がありました。
目上の人に対しても使用してよろしいのでしょうか。

今までの命令文への感覚のせいか、少し抵抗があります。

 

 

 

U90

Q:文法の動画で、①②の excited at the news の前置詞についての解説がありましたが、
  U80には、They must be excited about the news!という文もあります。

     結局はatとaboutどちらでもOKということでしょうか?

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

U 104

Q:初めて話題に出す時には毎回、There is 構文を使う必要がありますか?
 

 

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

※発音に関する質問

Q:「N」の音が文章の中でつながった時に、発音しづらいので、コツを教えてください。

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

 

 

※学習の進め方に関する質問

Q:最初の頃にやった例文を忘れても、どんどん先へ進むべきでしょうか?

※ページの先頭に戻るには、ここをクリック

PAGETOP