%e6%ad%8c%e3%81%86%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0From  Shinya (新村真也)

僕は英語の発音のコツのほとんどを、洋楽で学びました。

英語の歌を歌いながら自然に身につけた「3つのこと」が、英会話を始めたときに、驚くほど役立ちました!

今日は、その体験のシェアをしたいと思います。

 

英語の歌で自然に身につく3つのスキル

① ネイティブっぽい発音になる

英語の歌をそれっぽく歌うには、「耳コピー」をする必要があります。

たとえば、歌詞カードの中に、

Level

という単語があったとします。

これを日本語発音すると、

「レベル」

です。

英語発音すると、

「レヴォー」

です。

歌詞の中で「レヴォー」と言っている部分を、「レベル」と日本語発音すると、歌のリズムについていけません。

音もまったく違って聞こえるので、自分で違いに気づきます。

英語の歌は、「音」に忠実に歌わなければ、リズムがバラバラになり、それっぽく聞こえません。なので、耳コピーしながら歌ううちに、自然に、

Level = 「レヴォー」

と発音できるようになります。

 

② ネイティブのようなスムーズな音のつながりが身につく

英語は、ネイティブがふつうのスピードで話すと、単語どうしで音のつながります。

たとえば、歌詞カードの中に、

Check it out!

というフレーズがあったとします。

ひとつずつ発音すると、

「チェック・イット・アウト」

です。

でもネイティブは、

Check it の部分を、

「チェッケッ!」

と発音し、

it out の部分を、

「イラゥ!」

と発音します。

(これは、北米エリアの人たちの発音の場合)

全部合わせると、

「チェッケラゥ!」

に聞こえます。

歌の中で、「チェッケラゥ!」と言っている部分を、

「チェック・イット・アウト」

と教科書のような発音をしていては、テンポが遅くなり、間に合いません。

英語の歌を耳コピーしながら歌うことで、強制的に、「音をつなげて発音する」力が伸びていきます。

 

③ 英語独特のリズム感

日本語の発音は、すべての単語がずーっと同じ調子で発音されるので、平らなイメージです。

書くと、こんな感じです。↓

—————

英語の発音は、波のように上下があります。
強く発音する場所と、弱い場所がハッキリしています。

こんな感じです。↓

歌には、リズムがあります。

「英語特有のリズム」に慣れるには、英語の歌はピッタリです!

歌のメロディーに乗って歌うと、この「リズム感」を自然に養うことができます。

 

英語の歌では身につかないこと

ここまで、英語の歌を練習することの「いいポイント」を書いてきました。

でも、英語の歌では「学べないこと」「身につかないこと」もあります。

それは、「話すこと」です。

英語の歌がうたえるようになっても、ネイティブとの「会話」ができるようにはなりません。

歌の種類にもよりますが、ふつうは歌詞の中で使われているフレーズは、大げさでカラフルなので、日常生活で使ったら、変な会話になります。

「僕の目は、いつでも君に釘付けさ!」

「僕のすべてを君に捧げるよ!」

なんて、日常会話で使ったら・・・

どうなるでしょう?

 

とはいえ、英語の歌は、「発音」や「音のつながり」の力を養うには、最高の練習ツールです。

曲のスピードや長さにもよりますが、だいたい、ひとつの曲を毎日30分くらい練習したら、1週間後には、1曲歌えるようになります。

そして、もし英語の持ち歌がひとつでも増えたら、ネイティブとカラオケに行くチャンスです!!

きっと、あなたにとって新しい世界が開けるでしょう!

From  Shinya (新村真也)
 
(
英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

P.S.
もし、あなたがネイティブとの「会話」ですぐに使えるツールが欲しいなら、この「対ネイティブ用秘密兵器」をチェックしてみてください。