From  師範代Shinya(新村真也)
 
僕の書いた本、「やり直し英語革命」が、今週発売されます。
 
 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
本屋さんの発売日が明日10月9日で、アマゾンの発売日があさって10日です。
 
 
もしあなたがアマゾンで予約してくれている場合は、11日にお手元に届くと思います。
 
 
そこで、今回から数回にわたって、「やり直し英語革命」のレビューを書いていきます。
 
 
今までたくさんの英語テキストのレビューを書いてきましたが、「自分の本のレビュー」は初めてです。
 
 
今回の記事では、著者ならではの視点で、「作った側しか知らないウラ情報」を交えてお伝えしていきます。
 
 
また、本がお手元に届くまで(10月11日)の記事では、できるだけネタバレしないようにしながら、
 
 
「やり直し英語革命の本を読む前にこの記事を読むと、本が読みやすくなり、もっと楽しめる」
 
 
ような内容でお伝えしていきます。
 
 

この本のコンセプト

この本のコンセプトは、以前の記事でもお伝えしたとおり、
 
 
「あなたの本棚に眠る英語テキストの活用法」
 
 
です。
 
 
市販のテキストをどうやって使いこなすか?
 
 
をお伝えしています。
 
 
具体的なテキスト名と、その使い方までステップバイステップで書きました。
 
 
とはいえ、冒頭からいきなりテキストの紹介&使い方から入ると、かなり気合いの入った骨太な本になってしまい、初心者の人や、僕のことを知らない人に手にとってもらえなくなる危険があります。
 
 
ネット上のブログやYouTube動画では、「悩んでいるキーワードを検索した結果、記事や動画にたどり付く」というケースが多いので、読んでもらえる確率が高いです。
 
 
でも、本の場合は違います。
 
 
本は、本屋さんでブラブラしている時に、
 
 
「たまたまタイトルが目に飛び込んできて、手に取ってパラパラながめたら良さそうだから買ってみた」
 
 
というケースが多いのです。
 
 
出版社が本を作るときには、そういう点を意識しています。
 
 
なので、今回の「やり直し英語革命」も、出版社の視点で「師範代Shinyaを知らない人向け」に書きました。
 
僕のことを知らない人に、僕のメッセージを聞き続けてもらい、最終的には行動してもらう(書いてある英語学習法を試してもらう)には、どうしたらいいだろうか?
 
 
それを考え続けた結果、「ゴールデン・サークル」という手法を使うことにしました。
 
 
 

「アップル信者」を世界中に生み出した「ゴールデン・サークル」のメソッド

「ゴールデン・サークル」というのは、TEDという英語のプレゼン動画で世界的に有名になりました。
 
 
「サイモン・シネック」という名前のマーケティングコンサルタントの方が解説している心理メソッドです。
  ↓↓↓
 
 
サイモンさんは、動画の中で、「なぜ、アップルがこれほどの世界的な成功を収めたのか?」という理由を解説しています。
 
 
アップルは、1つのコンピューター会社に過ぎません。
 
ライバルは世界中にたくさんいます。世界中にあふれているコンピューター会社の中で、なぜアップルだけが他社から抜きんでているのか?
 
 
その理由は、「ゴールデン・サークル」にある、とサイモンさんは分析しています。
 
 
ゴールデン・サークルは、メッセージを伝える順番のことを指します。
 
 
①Why?(なぜ?)
 
↓↓↓
 
②How? (どうやって?)
 
↓↓↓
 
③What? (何を?)
 
 
この順番でメッセージを伝えることで、人は行動したくなる(アップル製品を使いたくなる)のです。
 
 
アップル(創業者スティーブ・ジョブズ氏)は、この伝え方がすごく上手でした。
 
 
ゴールデンサークルを使ってプレゼンを繰り返した結果、これほど多くの「アップル信者」を世界中に生み出した、というのがサイモンさんの分析です。
 
 
 

ゴールデン・サークルを使うとどうなるか?

多くの人(会社)は、プレゼンをするときに、つい逆の順番で伝えてしまいます。そして、大事な Why?を抜かしてしまいます。
 
 
①What? (何を?)
 
↓↓↓
 
②How? (どうやって?)
 
 
この順番で伝えられると、あまり心に響きません。
 
 
たとえばアップル製品をこの「ふつうの順番」で伝えると、こうなります。
 
  ↓↓↓
①What?
 
我が社はこのたび、すばらしい新型のコンピューターを開発しました。それがこれです!
 
 
②How?
 
美しいデザインでカンタンに使えて、持ち運びも便利です。
 
 
良かったら、1台いかがですか?
これを聞いても、「ふ~ん、でも俺は今使っているパソコンでいいや」となる人が多いのではないでしょうか。
 
 
実は多くのプレゼンや広告のメッセージは、この流れです。だからうんざりしてしまうのです。
 
 
アップルはこの順番を逆にして、最初にWhy?を付け加えています。こんな感じです。
 
    ↓↓↓
①Why?
 
私達がしていることはすべて、「世界を変える」という信念で行っています。
 
私達は、「みんな一緒の考え方」ではなく、「ひとりひとり違う考え方」にこそ、価値があると信じています。
 
これからの時代は、「クリエイティブな人たち」が、世界を変えるのです。
 
 
②How?
 
クリエイティブな人には「自分の考え方やアイデアを素早く形にする道具」が必要です。
 
その道具は、「世界を変える人」にふさわしいように、美しくデザインされて、使いやすく、毎日持ち歩きたくなるものでなくてはなりません。
 
 
③What?
 
その結果、こんなコンピューターが出来上がりました。
世界を変える人に使って欲しい一台です。
 
あなたも一度、使ってみませんか?
 
いかがでしょうか?最初のメッセージとはだいぶ違って聞こえませんか?
 
 
どっちが心が動くか?と聞かれたら、おそらくゴールデン・サークルの方ではないでしょうか?
 
 
このメッセージの伝え方によって、アップル(創業者のジョブズ氏)は、世界中の起業家やクリエイター達の心をわしづかみにしました。
 
 
「自分も世界を変える一員になりたい!」と思っている人は、みんなが使っているWindowsのパソコンを手放して、多少値段が高くてもアップルのコンピューターを使うという決断をしたのです。
 
 
むしろ値段が高い方が、「他との違い」を際立たせることができます。
 
 
日本でも「スタバでアップルのパソコンを開くと、ドヤ顔できる」という現象が起こりました。
 
 
さらに、アップルで働いている従業員も、自分たちの仕事に誇りを持って取り組めるようになりました。
 
 
(ちなみに僕は、まだアップルのコンピューターには手を出していませんが、このプレゼンに心が動かされました。)
 
 
ゴールデン・サークルの威力を知った僕は、自分の本にもこれを取り入れてみよう!と思いました。
 
 
・・・つづく。
 
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ