【1才の娘の「リピーティング機能」が発動しました】

from 師範代Shinya

最近、1才の娘のリピーティング機能が、急に発動しました。

親が言ったセリフを、半自動的にリピーティングするようになったのです。

僕とサヤが話していると、部分的に単語を拾ってリピートしてきます。

サヤ:「よし!じゃあ次は・・・」

娘:「ヨシュ!」

僕:「え?今、よしって言った?」

みたいな感じです。

単語だけではなく、笑い声もマネしてきます。

サヤ:「○○だよ。(←面白いこと)」

僕:「クククッ!」

娘:「クククッ!」

僕:「え?今、マネされた?」

さらに、悲鳴までマネされます。

サヤ:「○○の書類の税務署への提出期限、明日までだよ。」

僕:「キャー!忘れてた!」

娘:「キャー!」

サヤ:「え?今、一緒になって悲鳴上げた?」

という感じです。

しかも、なぜか変な部分ばかり拾ってマネされます。

僕らが意図的に言わせようとして、わざと発音した単語は、なかなかリピートしてくれません。

自然に口から出たセリフを、部分的に拾ってリピートしてくるのです。

しかも、カンタンなものだけかと思いきや、けっこう音節が多い単語まで拾ってきます。

先日は、「バナナ」という言葉を拾って、「バニャニャ~」と発音してきて、驚きました。

もう一度言わせようとして、僕が「バナナ」を連発してみましたが、ニコニコするだけで、リピートは無しでした。

ほぼ無意識ゾーン

娘の表情を見ていると、特に意識してリピートしている感じがありません。

手元でおもちゃをいじって集中している時にも、突然リピートしてきます。

しかも、僕らが言葉を発し終わってから、娘がリピートし始めるまでの時間が、すごく短いのです。

1秒も間がありません。

あと少し早くなったら、ほぼシャドーイングに近いぐらいになりそうです。

つまり娘の脳内では、

①僕とサヤのセリフを聞く

↓↓↓

②よし!親をビックリさせるためにリピートしてやろう!どの単語なら言いやすいかな?・・・これにしよう!

↓↓↓

③バニャニャ!

と言っているのではないのです。

②のステップはなく、何も考えずに一瞬で「バニャニャ!」と声に出していると思われます。

昔流行ったリピーティングおもちゃ

僕は娘見ていて、昔流行ったおもちゃを思い出しました。

カワイイぬいぐるみなどの人形で、電池で動きます。

人が話しながら通りかかると自動的に声を2~3秒間録音して、すぐにリピート再生してくるのです。

再生中は、小刻みにモゾモゾ動きます。

さらに、リピートする音声のピッチが高めに設定されているので、「自分の声の録音聞いている」という感覚ではなく、本当にそのぬいぐるみがマネして言っているように聞こえるのです。

その様子がかわいくて、面白くて、初めてこのおもちゃを見た時には爆笑したのを覚えています。

そして今、娘がこのおもちゃのようにリピートし始めたのです。

赤ちゃんの言語習得メカニズム

娘は最近、急に脳内スイッチがONになってリピートし始めた感じです。
それまでも、僕とサヤがムリヤリ言わせようとしたことがありました。

僕:「パパ!」

娘:「・・・・」

僕:「パパ!!」

娘「・・・・」

僕:(ダメか・・・)

娘:「パ~パ・・・」

僕:「おっ!!今、言ったか??」

みたいな感じです。

でも、今の娘は、その時とはまったく違うモードに突入した感じがします。

ほぼ自動的に、僕ら大人の話す言葉をキャッチして、部分的にリピートしてきます。

僕らが娘の耳の「射程圏内」に入ると、娘のスイッチがONになって、リピートしてきます。

まるで、例のぬいぐるみのオモチャのようです。

リピートしている時の娘は、表情をまったく変えずに、手元の作業を止めてもいないので、本人の意志とは無関係のように見えるのです。

つまり、本人にとっては「別のことをしながらも、自動的に発音練習をしている」ということになります。

僕ら大人に置き換えると、「台所で皿洗いをしながら、すでに何度か回している英文をシャドーイングする」のと似ているかもしれません。

しかも、僕らが英語をシャドーイングするのに比べて、娘の脳の負担は少ないように見えます。

娘は「この単語って意味は何だ?」とか考えていないので、単純に耳から入ってきた音をそのまま出している感じです。

・先に発音できるようになる → 後から意味を知る

この順番が、おそらく最も自然に言語を習得できる形なんだと思います

僕の音読動画セミナーでも、この順番に沿って、先に発音練習→後から意味取り、という流れで進めています。

リピートのしやすさに、日本語と英語の違いはあるのか?

そこで僕は、リピーティングマシンのぬいぐるみと化した娘を実験台にして、色々と試してみることにしました。

現時点では娘は日本語をリピートし始めたばかりです。

今はまだ、「日本語の舌」が出来上がっていません。

このまっさらな状態で、日本語と英語、どちらがリピートしやすいのか?

どちらの方が、「大人の完璧な発音」に近づけて言えるのか?

それを試してみたくなりました。

僕は娘に対して、英語のスパルタ教育をするつもりはまったくありません。

でも、個人的な興味で、「赤ちゃんにとっての発音のしやすさの違い」を知りたいと思っています。

僕ら日本人の大人が英語を発音しづらいのは、舌が日本語に慣れてしまっているからだと言われています。

でも、僕は今でも「英語の方が舌や口周りの筋肉を複雑に使うから、日本語より発音が難しいのでは?」という気がしています。

今の「リピートぬいぐるみ状態」の娘に、日本語と英語の両方を発音させれば、どちらの方が言いやすいか?が分かると思いました。

次回の記事では、現時点での実験結果をお伝えします。

 

・・・つづく

 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。

    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください