【何年勉強を続けても、英語が話せるようにならない人の3つの特徴⑥】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

前回の記事では、3つ目の特徴として、

③あれこれ手を出しすぎている

というポイントを深掘り解説しました。

世の中には、本当にたくさんの英語学習メソッドがあります。

全部試そうと思ったら、一生かかっても足りないぐらいかもしれません。
でも、「自分の性格や興味に合うメソッド」はそんなに多くないと思います。

さらに加えて、「自分の目的にも合うメソッド」という感じで絞り込んでいけば、メソッドの数はかなり絞られていきます。

僕は、世の中にある英語学習法で「効果がまったく無いもの」はないと思っています。

どんな形であれ、英語に触れてさえいれば、必ず伸びていきます。

でも、それが自分の性格に合わなければ続けられないし、自分の目的に合わなければ効果が感じられません。

目的と手段を合わせる

たとえば、「英語を話せるようになりたい」と思ってる場合は、やはり英語を声に出すトレーニングと、英語を聞くトレーニングの両方をやることが、目標に直結します。

でも、1日の中で一度も英語を声に出さずに、

・テキストの英文を書き写す

という勉強法だけを続けていた場合、英語を話すスキルには直結しません。

でも、「直結しない=効果がない」というわけではありません。

英語力そのものは上がっています。

英文を書き写すことで、文法力や、英語のスペルを正確に綴れる「手書きスキル」を上げる効果があります。

そのスキルは、「いざ!手書きで英語の手紙を書くぞ!」と思った時に、役立つでしょう。英検の作文問題でも力を発揮します。

でも、もしあなたが「英語が話せるようになりたい」と思ってる場合は、できるだけその目的に直結しやすい声だし系のトレーニング(音読や瞬間英作文トレーニングなど)をする必要があるのです。

メニューは3つまでに絞る

まったく効果のない勉強法はありません。

ただ、1つのメソッドから効果が得られるまでには、それなりに時間がかかります。

効果が得られないまま、次々と別の勉強法に手を出していくと、情報ばかりがふくらんでいって、頭でっかちになってしまいます。

上達のコツは、やることをシンプルにすることです。

そのためには、英語学習メニューを最大3つまでに絞ることを意識してみてください。

たとえば、もしあなたが1日の勉強時間を1時間に設定している場合、3つのメニューであれば、1メニューあたり20分使うことができます。

でも、もし5メニューにした場合は、1メニューあたり12分になってしまいます。

7メニューでは8分半です。

僕の経験上、1メニューあたり10分を切ると、学習効果を感じられる確率が落ちる傾向があります。

できれば、1メニューにつき20分以上は欲しいところです。

そのためには、1日の学習メニューを絞ることです。

迷う時期&試行錯誤する時期はあっていい

最後にお伝えしたいことは、

「迷う時期はあっていい。試行錯誤する時期はあっていい。」

ということです。

最初から、まったく迷わずゴールにたどりつける人はいません。

色々試してみて、自分に合うメソッドを模索する時期は必要です。

ただ、そこに期限を設定する必要はあります。

期限を設定せずに、「万年ジプシー」になって何年もさまよい続けてしまうと、「ガンバっている割には伸びない・・・」という気分になります。

「伸びていない」のではなく、伸びを「感じていない」だけ

これまで6回に渡って、「何年勉強を続けても伸びない人」の特徴を3つお伝えしました。

①考えないで勉強している

②英語を聞く機会が少ない

③あれこれ手を出しすぎている

です。

でも、もしこの3つに当てはまったとしても、実は「まったく伸びていない」のではありません。

「伸びを感じられていない」だけなのです。

どんな形であれ、英語に触れてさえいれば、必ず英語力は伸びています。

でも、それが自分の中で感じられなければ、伸びていないのと同じなのです。

だからこそ、英語を話せるようになりたければ、話すことに直結する練習をする必要があります。

でも、その前にやっていた、一見ムダだと思えた練習も、後になってから生きてくることがけっこうあります。

しかも、予想しないタイミングで。

だから、これまでの時間と労力は決してムダではありません。

「これまでやってきたことは、必ず身になっている。今はそれが見えないだけだ。」

そう思いながら、自分の目標と手段を微調整し続けてみてください。

英語学習はあきらめずに続けていれば、必ず報われる日が来ます。

(完)(→この記事のシリーズを1話目から読む

 
 
p.s.僕自身が「英語が話せるようにならない人」を脱出した方法は、今すぐこちらをクリック↓↓↓
 
 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください