【英語の上達に必要な2つの要素】

from 師範代Shinya

英語の上達に必要な2つの要素、それは、

①自分の好みに合ったテキスト

②自分の目的に合った勉強法

です。

この2つは、両方揃って初めて効果を発揮します。

自分の好みに合った素晴らしいテキストを見付けても、その使い方が間違っていれば、欲しい効果を得られません。

たとえば、自分が会話で使えるようになりたい英単語やフレーズが満載のテキストを買っても、一度も声を出さずにただ黙読するだけでは、いざ!という時に英語が口から出てくることはありません。

英語が口から出てくるようになるためには、普段から英語を声に出す練習が必要だからです。

逆に、いくら声だしトレーニングをガンバろうとしても、素材のテキストの英文が「自分にとって興味が持てる内容」でないと、やる気が出ません。

「英語の上達=自分の好みに合ったテキスト+自分の目的に合った勉強法」

この2つを常に意識することが、大事なのです。

声出しトレーニングには、大きく3つの種類があります。

音読、シャドーイング、オーバーラッピングです。

それぞれに長所&短所があるので、どれか1つを使うよりも、3つを組み合わせるのが強力です。

一方で、この3つの声出し系トレーニングに共通する「落とし穴」があります。

声出し系トレーニングの落とし穴

それは、「お経の読み上げ状態」です。

まるでお経を読み上げるように、内容をあまり意識せずに、ただ音だけをなぞって機械的に声出しをしている状態です。

もちろん、本物のお坊さんであれば、お経の内容を100%理解して、気持ちを込めて音読しているでしょう。

でも、僕たち素人がお経を耳コピーして音読しても、それはただの「音マネ」になってしまいます。

英語も同じです。

ネイティブの音声を聞いて、マネして発音ができるようになっても、英文の内容を意識せずに表面的に声を出すだけでは、本当に自分の中に沈み込んでは来ません。

自分の中に沈み込んでいない英文は、いざという時に、口から出て来ないのです。

部分的に言い換えて、自分の言葉にすることもできません。

では、どうやったら「お経の読み上げ状態」になるのを防いで、音読した英文を身体の中に刷り込むことができるのでしょうか?

そのカギは、「英文をネイティブのイメージで理解すること」です。

ネイティブのイメージ

ネイティブのイメージで理解するというのは、どういうことでしょうか?

たとえば、よく使われる言葉に、some や any という言葉があります。

some と any を文法書で調べると、よくこんな解説を目にします。

↓↓↓

some =いくつかの

any = 疑問文&否定文で、some の代わりに使われる

といった感じです。

たしかにそうなのですが、「some = いくつかの」で訳せる時ばかりではありません。

また、any が肯定文の中で使われることもあります。

実はネイティブは、some と any をセットで覚えていません。

まったく別物として認識しているのです。

そして、some と any それぞれのイメージは、1つだけです。

some = ボンヤリ感

any = どれでもOK

という感覚です。

僕が行う実際のレッスンでは、音読用の教材の例文を見ながら、

「ここはこういう理由でボンヤリさせたいから、some を使っています。」

「ここはどれでもOK感を出したいから、anyを使っているんです。」

といったイメージをしっかり解説しながら、英文を深く読み解いていきます。

こういった「分析作業」が、お経音読になるのを防ぐのです。

分析内容は、英文の回りに直接メモする

分析内容は、できれば直接テキストにメモするのが良いです。

自分がこれから毎日読み上げる英文の周りに、自分だけが分かる短さで良いので、ネイティブのイメージをメモします。

イラストを書くのも良いでしょう。

そうすれば、音読する時に自分のメモが目に飛び込んできます。

飛び込んできたメモの内容を意識しながら音読をすることで、英文に込められた「本当のネイティブ感覚」が身体に刷り込まれていきます。

それが、「イメージ刷り込み式英語鍛錬」です。

そして先日、この「イメージ刷り込み式英語鍛錬」を使って、最高のテキストを仕上げるオンラインライブセミナーを開催しました。

・・・つづく

 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください