【初めての英検:大人は何級から受ければいいの?①】

from 師範代Shinya

「大人になってから初めて英検を受ける場合、何級から受ければいいんでしょうか?」

そんなご質問をいただくことがあります。

英検とTOEICの最大の違いは、受験級が分かれていることです。

TOEICは初心者から上級者まで、全員が同じ空間で同じテスト問題を解きます。

そのため、選択肢は「次回のTOEICに申し込むか?見送るか?」の2択になります。

ただし、本番テスト当日は、初心者~中級者にとっては苦しい時間になることが多いです。

分からない問題の方が数が多いので、自分が今回良くできたのか?できなかったのか?のジャッジがしづらいからです。

スコア表をもらっても、「ほとんど分からなかったけど、500点台取れたのかぁ・・・」と実感がわかないことが多いです。

レベルごとに分かれるメリット

一方、英検はレベルごとに級が分かれています。

初心者でも、初心者レベルの中で出題される問題を解くことで、「できた感」を味わいやすくなります。

そのため、モチベーションが保ちやすいのです。

だからこそ、僕は初心者ほどTOEICではなく、英検の受験をオススメしています。

自分に合う級が分からない

ただ、その一方で、受験級の選択肢が多いからこそ、「どの級から受けるべきか?」という疑問が浮かんできます。

英検のレベルを易しい順に並べると、こんなに細かく分かれています。

5級→4級→3級→準2級→2級→準1級→1級

7段階にも分かれていると、どこから受けるべきか?迷いますよね。

もちろん、人によって今の立ち位置は違うので、

「自分の英語レベルに合わせて」

というのが答えになるのですが、それでも各級の基準や選び方のコツが分からないと、迷ってしまうと思います。

今回の記事では、「自分が英検何級から申し込めばいいのか?」迷った時の決め方を、詳しく解説していきます。

オススメの2パターン

まず、英検の受験級の選び方には、オススメが2パターンあります。

①合格体験優先パターン

②手ごたえ優先パターン

です。

どちらが良いか?は、性格によります。

僕の個人的なオススメは、「①合格体験優先パターン」です。

これは、その名の通り、「本番テストで合格体験をすること」を最優先で級を選ぶ戦略です。

そのため、今の自分のレベルに関係なく、一番カンタンな級である5級から受け始めます。

もしカンタン過ぎるから少し手応えが欲しいと感じる場合は、4級とのダブル受験もオススメです。

英検は、1日に2つの級を同時に受けることもできるのです。

大人が5級&4級を受けるメリット&デメリット

大人が5級&4級から受け始めるメリットとデメリットは、こんな感じです。

↓↓↓

メリット

・「できた感覚」を味わうことで、自信がつく。

・本番テストで合格する時の感覚=本番中にどのぐらいのスピードやリズムで問題を解き進めればいいのか?を、身体で覚えられる。

・合格証が届いた時の喜びを、今すぐ手軽に味わえる。

・階段を1段ずつ登っていく楽しさを味わえる。

デメリット

・他の受験者が、小学生の子供ばかり・・・という状況になるので、大人の自分がこの場にいるのが恥ずかしい、と感じる人もいる。

・上のレベルの級に比べて、受かった時の感動は薄め。

というのが、この戦略のメリット&デメリットです。

ただ、僕が今までこのパターン①をオススメして実際に5級から受け始めた方々は、「やってみたら、割とメリットの方が大きかった」という声が多いです。

たとえば、

「受験した日は、私の周りは小学生ばかりでなんか恥ずかしかったけど、いざ合格証が届いたら、やっぱり嬉しいものですね!」

「5級から始めて、階段を1つずつ上がっていく実感が面白くなってきました!準2級を受けた時には、これまでの5級からの合格証を机に並べて、『ついに自分はここまで来たんだ!』と嬉しくなりました。」

「そんなに受験勉強しなくても5級と4級は受かったけど、3級の過去問を解いてみたらけっこう難しくて、ちゃんと勉強しなきゃ!とモチベーションが上がりました。」

という声です。

「最初は抵抗があったけど、やってみたら、案外良かった!」

という感想が一番多いです。

これが、僕がパターン①をオススメする理由です。

・・・つづく

 

p.s.すでに英検の受検する級が決まっている場合は、対策講座もあります。あなたの受検勉強に必要そうかどうかをぜひチェックしてみて下さい↓↓↓

 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください