【世界中で流行中の「クラブハウス」初挑戦の体験談①】

From  師範代Shinya(新村真也)
 
今、「クラブハウス」というスマホアプリ(現在はiPhoneのみ)が世界中で話題になっています。
 
 
僕がフォローしている海外ユーチューバーの方々も、こぞってクラブハウスについて話しています。
 
 
クラブハウスって何?をひと言で表すと、
 
 
「個人でラジオ番組を作って、自由に話すことを楽しめるアプリ」
 
 
という感じです。
 
 
ラジオ番組と同じように、MCとゲストがいて、音声だけで会話している様子を、他のリスナーが聞きます。
 
 
ラジオ番組と同じようにリアルタイムで流れるので、その時間に一度きりしか聞けません。(録音禁止というルールまであります)
 
 
ラジオのチャンネルを変えながら聞くのと同じように、リスナーは、自由に色んな番組を出入りできます。
 
 

リスナーも参加できる

ラジオ番組では、よくMCの人がリスナーの1人に電話をかけて、リアルタイムでお悩み相談のようなやりとりすることがあります。
 
 
クラブハウスでも、同じことができます。
 
 
リスナーの人達は聞いている最中に手をあげることができます。
 
 
手をあげた人をMCの人が選んで承認ボタンを押せば、承認されたリスナーは声で参加することができます。
 
 
という感じで、基本的な流れはラジオ番組とよく似ています。
 
 

新旧メディアの合体

古くから歴史のあるメディアの「ラジオ」を、最新の「スマホ」を使って個人が番組を作る。
 
 
「新旧をドッキングしたメディア」が、クラブハウスなのです。
 
 
この「みんなが馴染みのあるラジオ番組を、みんなが持っているスマホで手軽に作れる」という発想が世界中でウケているのでは?と僕は思っています。
 
 
(※この記事を書いている今現在は、クラブハウスのアプリはiPhoneでしかダウンロードできません。アンドロイドでは使えないのが残念です。)
 
 
 

ラジオ番組との違い

逆に、ラジオ番組とは違うポイントもあります。
 
 
スマホならではの機能を活かして、楽しいイベントがクラブハウスで作れます。
 
 
僕が感じた最大の違いは、「リスナーの名前と顔アイコン(写真)が表示される」ということです。
 
 
今何人の人たちが聞いているのか?
 
どんな人が聞いているのか?
 
 
を、全員が知ることができます。ここがポイントです。MCだけではなく、リスナー側の人達も「今誰が聞いているのか?」をチェックできるのです。
 
 
知り合いや友達と一緒に聞いていると、お互いの顔アイコンと名前がリスナー欄に表示されるので、「話してはいないけど、一体感を感じる」ことができます。
 
 
この辺りは、画面があるスマホならではの機能です。
 
 
またクラブハウスでは、番組の公開範囲をMC(主催者)の人が自分で決めることができます。
 
 
誰でも聞けるようにしたり、知り合いだけにしか聞けないように設定できるのです。
 
 
この機能をうまく使えば、「オンライン飲み会の音声だけバージョン」をすることができます。
 
 
少人数で開催して、MCがリスナー全員を「スピーカーとして承認」すれば、みんなでリアルタイムで話せる場を作れるのです。
 
 

音声だけだと気がラク

今はオンライン会議システムのZoomを使って、友達同士でお互いの家から参加して飲み会をする「Zoom飲み会」が人気です。
 
 
でも、Zoomの場合だとカメラがあるので、背景や自分の見た目を気にしなければなりません。
 
 
部屋が散らかっていたら片付けて、女性だったらメイクして、男性でも服装をそれなりに整えて画面の前に立つ。これはけっこう面倒です。
 
 
でも、クラブハウスは音声だけのやりとりなので、すごくラクに参加できます。
 
 
風呂上がりのパジャマ姿で、フトンの中から参加することもできるのです。
 
 
もし聞くだけなら、お風呂に入りながらでも参加できます。
 
 
もちろんZoomでもカメラをオフにして参加することができますが、もし間違ってカメラ機能ONのボタンに触ってしまったら、見えてしまいます。
 
 
その点、クラブハウスはカメラ機能はついていないので、気楽に使えます。
 
 
この手軽さが、世界中でクラブハウスが流行している理由のような気がします。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください