From  師範代Shinya(新村真也)
 
(今日の記事は、英語学習と関係ありませんので、ご了承ください)
 
 
僕が中学生の頃、クラス内にすごく仲の良い友達が2人いました。
 
 
僕らはいつも3人で一緒にいて、放課後も一緒に帰っていました。
 
 
2人の下の名前はT君とK君で、TKコンビでした。
 
 
そこに僕のSが加わって、STKのトリオが誕生しました。
 
 

放課後の自由

僕らSTKトリオには、共通点が1つありました。
 
 
それは、「放課後の時間が自由だった」ということです。
 
 
中学校の頃、クラスメイトのほとんどは、学校が終わると部活に塾に大忙しの毎日でした。
 
 
でも僕ら3人は、放課後の時間は自由でした。
 
 
僕ら3人は勉強が嫌いで、僕らの親も無理やり勉強させようとはしないタイプでした。
 
 
そして、部活もやっていませんでした。
 
 
正確には、必ずどこかの部活には所属しなければならないルールがあったので、僕は「帰宅部」と呼ばれる、「1ヶ月に1日くらいしか活動しない部活」に入っていました。
 
 
T君はバスケ部、K君はテニス部でしたが、2人とも気合いを入れてひたすらサボり続けることで、徐々にフェードアウトして幽霊部員になっていきました。
 
 
中学2年になる頃には、僕ら3人は学校が終わるとソッコーで校舎を飛び出していました。
 
 
僕らは学校にいる時間が好きではありませんでしたが、放課後の時間は大好きでした。
 
 
 

いつもの日課

僕ら3人は学校が終わると、真っ先にK君の家に行きました。
 
 
K君の家で、3人でファミコンをやって遊びました。
 
 
平日の放課後は、僕らはK君の家に入り浸ってファミコンをやっていました。
 
 
夕方4時頃にお邪魔して、7時前くらいの夕飯の時間になると、解散するのが、平日の日課でした。
 
 
週末になると、こんどはT君の家にある「PCエンジン」というテレビゲームをやりに行きました。
 
 
僕の親は子供におもちゃを買い与えるタイプではなく、僕の家にはテレビゲームはありませんでした。
 
 
そこで僕は、平日夕方はK君の家、週末は昼間からT君の家に行っていました。
 
 
 

ゲーム好きトリオ

僕らの3人のフリータイムは、「ゲーム漬け」の毎日でした。
 
 
今でも、当時やっていたファミコンのゲームのBGMは脳裏に焼き付いていて、たまにラジオやテレビを通して聞こえると、懐かしさがこみ上げてきて、テンションが上がります!
 
 
今でこそ、ゲームが子供の脳に良い影響を与えることが科学的に証明されたり、ゲームで培ったスキルを使って大金持ちになるIT起業家が世界中で活躍するようになりましたが、当時は、「ゲームばっかりやってるヤツはダメ人間だ」みたいなレッテルを貼られることもありました。
 
 
でも、僕らはゲームを通じて笑ったり怒ったり、泣いたりして、仲を深めていきました。
 
 

ホラ吹きT君

僕ら3人の中で、T君はちょっと変わったキャラの持ち主でした。
 
 
T君は、「口が達者」でした。しかも、「ビッグマウス」を叩くことで有名でした。
 
 
T君はいつもクラスメイトの前でデカいことを言うので、「ホラ吹き」と呼ばれることもありました。
 
 
僕らSTKトリオで遊んでいる時も、T君はよく、
 
 
「俺は誰にも負けない!」
 
 
「俺ほどゲームのうまいヤツはいない!」
 
 
と言っていました。
 
 
でも僕とK君は、別にT君がデカい口を叩いても気になりませんでした。
 
 
なぜなら、僕は家にTVゲームがない素人だったので、ゲームに詳しいT君から攻略法を教わるのが楽しくて仕方ありませんでした。
 
 
そしてK君は物静かなキャラで、自我が強いタイプではないので、T君の強気なセリフをさらっと笑顔で流していました。
 
 
僕ら3人の人間関係は、そんなバランスでうまくいっていました。
 
 
でも、あるとき、僕ら3人の関係を揺るがすような「事件」が起こりました!!
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ