【黄金テンプレ44選:自分のことを英語で話す本⑤この本の使い方】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

前回に引き続き「黄金テンプレ三箇条」が詰まった本「自己紹介の英語:改訂版」の使い方を詳しく解説していきます。(今回が最終回です)

まず、この本はテンプレ集なので、1ページ目から順番にやっていく必要はありません。

もくじページを見ながら、自分が話したい内容を決めます。

44トピックあるので、一番気になるものを選びます。

次に、そのトピックの中で3パターンある例文の中から、自分の状況に一番近いものを選びます。

2つの例文を組み合わせたい場合は、2つを選んでもOKです。

たとえば、僕の場合を見てみましょう。

この本の「故郷」のトピックでは、次の3パターンの例文が用意されています。
↓↓↓

A:生まれてからずっと静岡に住んでいる人の話(静岡の解説)

B:東京在住で、北海道の小樽出身の人の話(小樽の解説)

C:今住んでいる場所は言わずに、地元である広島の三次市を解説する人の話

という感じです。

僕は生まれも育ちも静岡で、今は東京在住なので、AとBを組み合わせた例文が自分にピッタリ当てはまります。

その場合は、AとB、両方を音読します。

音声を使って音読

見開きページの右上のQRコードをスマホやタブレットで読み込んで、音声プレイ画面を開きます。

そして、

①音声を聞きながら発音チェック(音のつながり、個々の発音など)

↓↓↓

②ピリオドで音声を止めながら、リピーティング練習

↓↓↓

③モデル音声に自分の声をかぶせてオーバーラッピング

↓↓↓

④テキストを見ないで音声だけでシャドーイング

↓↓↓

⑤テキストを見ながら、自分の声だけで音読

という流れで、英文を口に落ち着けます。

(※この一連の流れのやり方を詳しく知りたい場合は、「一冊のテキストを音読で極める!動画セミナー(無料)」をご受講ください)

例文を暗記する方法

これが普通の音読用教材だったら、スムーズに口から言えるようになった時点で次のユニットに移ります。

でも、これは「自分のことを英語で話すためのテンプレ」です。

暗記してアレンジして、自分のモノにするまでやり込んで、初めて本番の英会話で口から出てくるのです。

では、どうやって暗記まで持っていけばいいのでしょうか?

次の手順をお伝えします。

⑥テキストなしの音声リピーティング

⑦テキストも音声もなしの暗唱

⑧オリジナル文章が暗記できたら、英単語を入れ替えて完全自分バージョンにしてから⑦の暗唱

という流れです。

⑥のテキストなしのリピーティングは、ピリオドやカンマの場所で音声を細かく止めて、テキストを見ないままリピーティングします。

⑦は、場合によってはスキップして、いきなり⑧に入っても良いかもしれません。

特に入れ替える英単語が多い場合は、先に入れ替えた文章を作ってから暗唱練習をした方が、効率が良くなります。

さっきの僕の「故郷」のトピックのケースでは、Aの静岡の話は、ほとんどそのまま使えます。

入れ替える場所は、「ずっと静岡に住んでいます」の場所だけです。

そこで、Bの例文の中で使われている「私は今、東京に住んでいますが、元々は小樽の出身です」の部分をAにドッキングさせて、「小樽」の部分を「静岡」に入れ替えます。

これで完成です!

ほとんどテンプレを使ったまま、自分のことを話せるようになりました!

短文テンプレで肉付け

上記の方法だけでも、30秒で自分の故郷を語れるようになります。

でも慣れてくると、だんだん「もっと情報を付け加えたいなぁ~」と思うようになります。

特に、本番の英会話レッスンで使ってみて、相手の先生から色々質問されて答えられなかった情報を、後から付け加えれば、より強力な英文になっていきます。

たとえば僕の先ほどの例では、

Aの例文の中での静岡の紹介は、海の話をメインに、東京からのアクセスの良さで締めくくっています。

でも、僕の地元は海だけではなく山に囲まれています。

海は主に夏に行きますが、山は1年中行けるので、思い出は山の方が多いです。

そこで、次の肉付けページを見ると、こんな例文があります。

My town is surrounded by mountains.

(私の町は山々に囲まれています)

これはそのまま使えそうですね!

さらに、「東京と静岡の違いは何?」とよく聞かれることがあります。

そこで探してみると、こんな例文があります。

↓↓↓

The pace of life is fast.

(生活のペースは速いです)

fast の部分の入れ替えように、いくつか候補が並んでいます。

hectic = あわただしい

slow = ゆっくりした

relaxed = のんびりした

easygoing = のんきな

かゆいところに手が届く構成ですね!

これは使えます!

東京は fast か hectic なイメージです。

静岡は slow か relaxed なイメージです。

この2文を組み合わせれば、いけそうです。

The pace of life in Shizuoka is relaxed, but it’s hectic in Tokyo.

これで、静岡と東京の対比が出来上がりました。

他にも、その土地の人たちの雰囲気や、気候など、色んな要素のパーツが用意されています。

ほとんど辞書いらずで自分のオリジナル英文が作れる!

今の例を見ていただいた通り、このテキストは本当にかゆいところに手が届きます。

必要なボキャブラリーはすべて、先回りして用意してくれています。

だから辞書を引く必要がありません。

サクサクと自分のオリジナル文章を作ることができます。

しかも、すべて中学英語の範囲内で言えるのです。

この本は、英語で自分のことを話すことへのハードルを下げてくれます。

もしあなたが、自分のことを英語で話すのが苦手だと感じていたら、ぜひこの本のテンプレを活用してみてください。

僕ら日本人にとっては、一番分かりやすい自己紹介テンプレ集だと思います。

(完)(→この記事のシリーズを1話目から読む

↓↓↓

自己紹介の英語:改訂版


(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください