【英語学習をより快適に!アップル製品の新機能③】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)

前回の記事では、アップル製品に新しく加わった「ユニバーサルコントロール」という機能をお伝えしました。

ユニバーサルコントロールは、MacBookとiPad(もしくはiPhone)を持っている人にとっては、英語学習をめちゃくちゃ快適にしてくれます。

 

僕にとっての最大のメリットは、

「MacBookの快適なキーボードで、iPhoneやiPadのタイピングができるようになったこと」

です。

つまり、MacBookのキーボードが、iPadやiPhoneの専用キーボードとして機能するのです!!

 

「市販の安いBluetoothキーボードを買えば同じじゃないの?」

と思われるかもしれません。

僕は、それも以前試したことがあります。

小さくて持ち運びできる無線キーボードを、iPadやiPhoneにつないで使っていました。

でも、結局定着しませんでした。

なぜなら、使い勝手が悪かったからです。

キーボードで文字を打つこと自体はできるのですが、それ以外はすべてタッチスクリーンで行わなければなりません。

でも、今回のユニバーサルコントロールは、まったく違う感覚なのです。

何が違うのか?

市販の無線キーボードとの一番大きな違いは、

「MacBookのキーボードとトラックパッド、マウスなどでできる操作のすべてが、iPad上でもできちゃう」

ということです。

極端に言うとiPadが、「タッチスクリーンでも操作できるMacBookに早変わり」するような感覚です。

しかも、面倒な操作は一切なしで、直感的に操作できます。

MacBookを開いてiPadの画面をオンにしたら、自動で連携します。

MacBookの画面上で、カーソルが一番端に来たら、そのまま移動し続ける操作をすると、自動でカーソルがiPadの方に移ります。

iPadのアプリ上で、普通にタイピングができるのです!

しかも、MacBookにマウスをつないでいる場合、それもiPad上で使えます。

特にマウスの設定を変えたりすることなく、ただMacBookの画面の端からさらに横に移動させるジェスチャーをするだけで、自動でカーソルがボヨン!とiPadに移るのです!

MacBookの快適なキーボードとマウスやトラックパッドが、iPadやiPhone上で使えてしまうのは、めちゃくちゃ便利です。

しかも、この新機能を利用するのは無料です。

英単語や文法などの調べものが超快適に!

おかげで、僕は思う存分、キーボードを駆使してiPad上で調べ物ができるようになりました。

iPadに入れた辞書アプリも、英語テキストのPDFデータへの書き込みも、自由自在です。

短い書き込みはタッチペンで手書きの方が早いですが、長文の書き込みをしたい場合は、タイピングした方が早くて、しかも後から見やすいです。

さらに、英単語の意味を調べたら、それをコピペしてPDF上に貼り付ければ、タイピングすら必要ありません。

毎日iPadを英語学習に使っていると、これがかなりの時間短縮になります。

 

写真などのデータもドラッグ&ドロップで移せちゃう!

それだけではありません!

写真などのデータも、MacBookとiPadの間をドラッグ&ドロップで移せるのです。

たとえば僕は、新しい英単語を覚えるときには、写真イメージを使うことがあります。

特に日本ではあまり馴染みのないアイテムの場合などは、文字でごちゃごちゃ説明文を書くより、写真データをテキストの空欄に貼った方がラクです。

たとえば、driveway という英単語を調べた場合、辞書で引くと「私有道路」になります。

でも、私有道路ではイマイチピンと来ません。

さらに詳しく調べると、「道路から自宅の車庫までの私道」と書いてあったりします。

でも、それでも僕は最初、ピンと来ませんでした。

そこで、Googleで写真検索してみました。

そしたら、こういう写真が出てきました。

↓↓↓

あぁ!なるほど!これなら映画とかで見たことあるぞ!

とピンと来ました。

日本でこんなdrivewayがある家に住んでいる人は、ほとんど見たことがありません。

このように、英単語の意味は文字で書くより、写真を貼り付ければ済むことがあります。

そんな時に、今回のユニバーサルコントロール機能を使えば・・・

①iPad上の英語テキストの中で知らない英単語を発見!

↓↓↓

②MacBook上でキーボードを使って素早く快適に検索。写真を表示。

↓↓↓

③MacBook上の写真データをそのままドラッグすると、写真データがiPad上に移動する。

↓↓↓

④iPad上にドロップすれば、写真の貼り付け完了!

という手順です。

めちゃくちゃ便利です!

iPadとMacBookが手放せない!

僕はこの程度の機能しか使っていませんが、もっと色々やろうと思えば、さらに便利に快適になるでしょう。

まだこの機能を使い始めたばかりで、新しい発見はこれからあるのかもしれません。

でもとりあえず現時点では、

「1年半前にMacBookを買っておいて良かったぁ~!」

と感じています。

正直、最初の1年間はWindowsとの違いに戸惑いすぎて、MacBookを使うのを諦めようと思ったこともありました。

でも今は、iPadの専用キーボードとしても、拡張ディスプレイとしても、英語学習に大活躍しています。

最近は、iPadとMacBookをセットで使う機会が一気に増えました。

これからまた新しい発見があったら、報告しますね。

(完)(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください