From  師範代Shinya(新村真也)
 
音読トレーニングで得られる効果は、大きく2つあります。
 
 
①自分の英語力の受信力の上限を引き延ばす(ボキャブラリー&文法)
 
 
②自分が英語で話すときのストック仕込み
 
 
僕が初心者レベルから音読トレーニングを続ける中で、レベルが上がるにつれて感じた悩みがあります。
 
 
それは、
 
 
「自分の英語レベルが上がってテキストのレベルを上げるほど、②の効果が薄れていく」
 
 
ということです。
 
 
中級レベルから上のテキストになると、だんだん文章の内容が難しくなってきます。話題も堅めになってきます。
 
 
すると、音読用の英文が「自分が会話の中で使うイメージ」がわきづらくなってくるのです。
 
 
たとえば以前、中上級者向けの音読教材で大人気になったテキストで、「アメリカ大統領の演説を音読しよう」というコンセプトの本がありました。(今でも人気だと思います)
 
 
大統領の演説はプロのスピーチライターが書いているので、よく練られた良質な英文です。
 
 
フォーマルながらも一般の人にも響くように分かりやすく話されているので、僕ら日本人にも理解しやすいというメリットがあります。
 
 
大統領の演説を音読すること自体は良いことだと思います。
 
 
ただ、「仕込んだストックを自分がいつ、どこで使うのか?」と言われたら、なかなか思いつきません。
 
 
「大統領になり切って音読しよう!」と言われても、まったくイメージがわかないという人も多いでしょう。(僕もそうです)
 
 
どうせなら覚えたフレーズを丸ごと、明日にでも外国人を相手に使える英文を音読したい!と思う人は多いはずです。
 
 

映画のセリフは?

そこでよく言われるのが、「映画のセリフを音読しよう!」というものです。
 
 
ただ、これも僕は試したことがありますが、映画のセリフをそのまま自分の会話の中で使うのは、けっこうハードルが高いです。
 
 
まず、映画のセリフはストーリーになっているので、自分が映画のシーンとまったく同じような場面にいない限り、使うのが難しいです。
 
 
また、映画のセリフは外国人同士の会話のシーンが多いため、「日本人として外国人を相手に話すトピックではない」ことが多いのです。
 
 
以上の2点から、映画のセリフを覚えても意外に会話で使いづらい、という経験をしました。
 
 
自分が音読で刷り込んだフレーズをそのまま使う場面を生き生きと想定できた方が、トレーニングにも身が入ります。
 
 
では、僕ら「日本に住んでいる日本人」が外国人を相手に英語を使うシーンは、どんな場面でしょうか?
 
 
 

日本にいる日本人が英語を使う場面

話す相手は、
 
 
・旅行や出張で一時的に日本に来ている外国人
 
 
・日本に住んでいる外国人
 
 
のどちらかになる場合がほとんどです。
 
 
そして、話すトピックはほとんどの場合、「日本について」ではないでしょうか?
 
 
・日本の文化
 
・日本の食事
 
・日本の娯楽
 
・日本の伝統
 
・日本人特有の考え方
 
 
などが話題になることが多いです。
 
 
日本に関するトピックなら、相手が誰であろうと使えます。
 
 
・日本の英会話スクールの先生
 
・海外からスカイプで話すオンライン英会話の先生
 
・日本に来ている旅行者
 
・日本に住んでいる外国人
 
 
などを相手に話すなら、まずは日本のことを英語で詳しく話せるようになった方が実戦的です。
 
 

「日本を語ることだけ」に特化した音読教材

 
そこで僕が今回見つけたのが、「日本を語ることだけに特化した音読教材」です。
 
 
「音読JAPAN」
  ↓↓↓
 

音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
※注:この本の付属CDは「音声データ収納用」なので、普通のCDプレーヤーでは再生できません。ご注意ください。
(ソニーの語学学習用のCDプレーヤー:ZS-E80なら再生できます)
 
 
この本に収録されている英文は「中級レベル」です。
 
 
ここがミソです!
 
 
日本を話題にした音読教材は他にもありますが、そのほとんどが初心者レベルです。
 
 
初心者レベルの場合は英文も短めで、ガッツリ語れる内容ではない場合が多いです。
 
 
その点、この音読JAPANの英文レベルは「英検準2級~2級」になっています。
 
 
中級レベルの学習者にとって、ちょうど良い難易度の英文で書かれています。
 
 
文章量も多く、ネイティブのナレーターがふつうのスピードで読み上げて1分半~2分ぐらいの長さです。
 
 
日本について1トピックにつき2~3分間、英語で語れるようになったら、スゴいと思いませんか?
 
 
自分が外国人を相手に使うシーンが生き生きとイメージできるので、音読にも身が入ります。
 
 
次回は、このテキストの英文をガッツリレビューしていきます。
 
 
・・・つづく。
 
 
P.S.
※注:この本の付属CDは音声データ収納用なので、普通のCDプレーヤーでは再生できません。ご注意ください。
(ソニーの語学学習用のCDプレーヤー:ZS-E80なら再生できます)
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓