【久しぶりに新宿御苑に行って気付いた、外国人の多さ】

from 師範代Shinya

先日、久しぶりに新宿御苑に行きました。

もう3年ぶりぐらいです。

コロナ禍になって以来、まったく外出する機会がありませんでした。

でも最近、日本もだんだんと外出するムードが出てきたので、久々に行ってみることにしたのです。

新宿御苑は、都心のど真ん中にある、とても広くてキレイな公園みたいなところです。

僕は初めてここに来たときに、あまりの広さと行き届いた手入れに、驚きました。

入場料が500円かかるのですが、十分に元が取れる体験ができます。

とにかく広くて、自然がたくさんあって、気持ちいいからです。

また、施設内にはミュージアムのような建物がいくつかあります。

また、数は少なめですがカフェや飲食店もあるので、

僕は入ったことがありませんが、敷地を歩き回って、ミュージアムも全部回ろうと思ったら、おそらく丸一日がかりになるでしょう。

来場者数も多いですが、それ以上に敷地が広いので、密な感じにはなりません。

以前来た時はコロナ禍になる前の平日でしたが、その時は外国人比率の高さに驚きました。

僕が見た限りでは、バックパックを背負った観光客っぽい外国人が、来場者の半数近くを占めていたように見えました。

おそらく、入場料の安さと、施設内での体験できることが、外国人観光客にとっては魅力的なんだと思います。

その後、コロナ禍になってからは、東京にいる外国人観光客の数が激減しました。

そして最近は、日本も外国人観光客を積極的に受け入れ始めました。

おそらく、世界的に見ても日本は外国人観光客の受け入れがかなり遅い対応だったと思います。

僕が毎日受けているオンライン英会話の先生たちは、世界中に住んでいるので、各国の観光客への対応がリアルタイムで分かります。

どの国の先生に聞いても、かなり早い段階で外国人観光客の受け入れをしていました。

僕が話した先生たちの中で一番早かった国は、イギリスでした。

日本がまだガッツリ規制をかけてた頃に、ヨーロッパの国々は外国人観光客受け入れOKにしていました。

その後、アジアの国々もどんどん解禁になり、日本だけがまだ規制をかけている状態が続いていました。

そしてついに、受け入れが始まったのです。

今の新宿御苑

そして今回、新宿御苑に行く時には、僕は外国人観光客の比率に注目していました。

外国人の多さを測るバロメーターになる場所だと思ったからです。

すでに入り口の段階で、外国人がたくさんいました。

さらに中に入ると、予想していた以上にたくさんの外国人観光客がいました。

もちろん、コロナ禍前の水準ではありません。

でも、全体の来場者の4分の1ぐらいは外国人観光客のように見えました。

もちろん、東京に住んでいる外国人もいると思います。

見分け方としては「荷物の多さ」です。

たいてい、旅行者は大きなバックパックを背負っています。

僕が見た限りでは、外国人客全体の8割ぐらいがバックパックを背負っていました。

だいぶ増えてきているようです。

マスク着用率

ちなみに、僕がもう1つ注目していたのは、マスクの着用率でした。

日本人は政府が「この場合はマスクしなくてもいいですよ」と言う状況でも、あまりマスクを外しません。

一方で、アメリカやイギリスなどの欧米諸国では、かなり早い段階でマスクをしなくなったそうです。

政府が「マスクを着用しなさい」と言っても、みんなあまり言うことを聞かなかったそうです。

自由と個人主義の国では、マスクの着用を強制するのは難しいようです。

たとえルールを作っても、みんな従いません。

その結果、政府も「もう、いいや」となって、早い段階でマスク着用のルールを撤廃した・・・と、オンライン英会話の先生たちから聞きました。

個人主義の欧米文化らしいリアクションですね。

そんな彼らが、日本に来た時にはどうなるのか?

日本にいる時にも、自由と個人主義を主張して、マスクをしないで街を歩くのか?

そこも注目ポイントでした。

僕が直接見た調査の結果・・・

外国人観光客のマスク着用率は、僕の予想以上に多かったです。

僕が行ったのは平日だったので、休日に比べると人は少なめでした。

十分な距離が保てているのに、マスクを着用する外国人観光客の数は多かったのです。

僕の感覚では、全体の9割ぐらいの人たちがマスクをしていました。

これは正直、予想外でした。

もしかして、入国の時にマスクのルールを厳しく言われているのかも知れません。

また、「文化の違う国に来ている」という意識から、日本のルールに従おうとしているのかもしれません。

僕が今回見たのはあくまで新宿御苑の範囲内でしたが、外国人観光客は全体的にしっかりマナーを守っている印象でした。

(もちろん、場所や時間帯によって人々の行動は変わるとは思いますが)

ニュースやネット記事などで見かける情報は、情報を大げさに表現されていることが多い気がします。

マスコミはたくさんの人に見られてナンボの世界なので、どうしてもそうなってしまうんだと思います。

でも、やはり自分の目で見ることが大事だと、今回改めて思いました。

オンライン英会話をしていることで、リアルタイムで世界から本当の情報を取れることは、予想外のメリットです。

もしあなたも東京に来ることがあったら、新宿御苑を覗いてみてください。

きっと、インターナショナルな気分を味わえるはずです。

 

p.s.年末にオンラインで英語の自習会を開催します。ぜひ一年の英語学習の締めくくりに活用してください。↓↓↓

 
 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください