From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
前回の記事では、ネイティブ発音の6つのレベル、
 
 
①初心者向けのゆっくりナレーション
 
②初心者向けのゆっくりアドリブ
 
③中上級者向けのノーマルナレーション
 
④中上級者向けのノーマルアドリブ
 
⑤ネイティブ向けの早口&いい加減ナレーション
 
⑥ネイティブ向けの早口&いい加減アドリブ
 
 
のうち、①~④までを解説しました。④までは、たとえスピードが速かったとしても、あくまで「英語が第2言語の人向けの発音」です。
 
 
今回は、いよいよ「ネイティブ英語のカベ」として立ちはだかる⑤&⑥の発音をお伝えします。
 
 
 

⑤ネイティブ向けの早口&いい加減ナレーション

これは、「ネイティブがネイティブ向けに発信するニュースやプレゼン」などでよく耳にする発音です。
 
 
ネイティブが発音するときには、「世界の人々(ノンネイティブ)に向けて話す時の発音」と、「同じネイティブたちに向けて話す時の発音」は、明らかに違います。
 
 
本人は無意識かもしれませんが、明らかに違います。
 
 
僕ら日本人も、「日本語が上手な外国人」と話す時には、無意識レベルでいつもよりハッキリ発音しているはずです。
 
 
友達や会社の同僚、家族などを相手に日本人同士で話すときの発音は、いい加減になりがちです。
 
 
それは、プロのナレーターでも同じです。
 
 
「このニュースはノンネイティブの英語学習者用に話しているんだ」
 
 
と思うと、無意識にハッキリ発音するようになります。
 
「このニュースはネイティブ向けに話しているんだ」
 
 
と思うと、無意識に発音がいい加減になります。
 
 
この違いを感じるには、「CNNニュース・リスニング(朝日出版社)」がオススメです。
 
↓↓↓
 

[音声&電子書籍版付き]CNNニュース・リスニング 2019[秋冬]

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
このテキストの付属CDには、「ナチュラル音声」と「ゆっくり音声」が入っています。
 
 
「ナチュラル音声」は、このレベル⑤の発音です。
 
 
プロのニュースナレーターなのに、かなり早口でいい加減な発音で話していることに驚くでしょう。
 
 
「ゆっくり音声」は、名前の割にはかなり速いスピードです。
 
 
前回の記事でお伝えした、レベル③の発音になります。
 
このテキストの音声は、レベル③と⑤の発音の違いを実感するのには最適です。
 
 
 

⑥ネイティブ向けの早口&いい加減アドリブ

最後のボスはいよいよ、レベル⑥です。これは、「ネイティブ同士がアドリブで話す」領域です。
 
 
滑舌は良くないし、台本が決まっているわけではないので、言い間違いや言い直しをよくします。文法ミスもよくあります。
 
 
日本語で例をあげると、
 
 
「昨日、ローソン・・・じゃなかったファミマに行ったんだけどね。あ、セブンだったかな?まあ、いいや。そこでね、たまたまバッタリ偶然、シンヤに会ったわけよ!もう何年ぶりって感じ!」
 
 
この文章を、日本語を勉強中の外国人が聞いたら、文脈についていくのがかなり大変だと感じるでしょう。
 
 
日本語の単語を熱心に勉強している人なら、(「たまたま」「偶然」「バッッタリ」って、全部同じ意味じゃなかったけ?3個つなげて使うとどういう意味になるんだろう?違いは何だろう?)などと考え込んでしまうでしょう。
 
 
これが、ネイティブのアドリブの会話です。
 
 
また、ネイティブ同士では辞書に載っていないようなスラング=俗語(例:マジで?ヤバい!など)も連発します。
 
 
それに、たとえこちらが知っている英単語やフレーズでも、相手は最後までしっかり発音しないので、すごく推測しないと聞き取れません。
 
 
日本語に例えると、
 
 
「ありがとうございます」→「あざーす」
 
 
「すみません」→「さーせん」
 
 
みたいな感じです。
 
 
こうなると、もうお手上げ状態です。
 
 
このレベル⑥は、最も難易度が高いです。英語上級者にとって、「ネイティブ英語のカベ」として立ちはだかります。
 
 
そして、映画を字幕なしで聞き取るというのは、このレベル⑥に挑戦するということなのです。
 
 
もちろん、見る映画のジャンルにもよりますが、多くの映画のセリフは、会話の「リアリティー」を出すために、さっきの
 
 
「昨日、ローソン・・・じゃなかったファミマに行ったんだけどね。あ、セブンだったかな?まあ、いいや。そこでね、たまたまバッタリ偶然、シンヤに会ったわけよ!もう何年ぶりって感じ!」
 
 
みたいな文章で作ることが多いです。役者さんたちはこのセリフを言う時、発音をいい加減にします。
 
 
TOEIC900点を超えても、映画を字幕なしで見れないのは当然なのです。
 
 
このレベル⑥を制するには、レベル⑥向けのトレーニングをするしかありません。
 
 
そして僕は最近、ついにこのレベル⑥の領域に踏み込んでみることにしました。
 
 
・・・つづく。
 
※出版記念セミナー情報&お申込みはこちらをクリック
 
 
 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ