今日は、英語学習とは少し離れたお話をします。

ここ数年、僕は、「お金とは何か?」

というテーマの本を読むことが多いのですが、

2年前にそれを象徴する出来事がありました。

ある平日の朝のこと。

その日、僕は財布と携帯を忘れて家を出てしまい、
駅の駐車場に着いてから気づきました。

 電車の定期も財布に入っていたので、

 「もうダメだ!切符を買うお金もないし、職場に連絡もできない!出勤できない!ピーンチ!」

となったのです。

どうしていいか分からず、駐車場の管理人のおじさんに事情を話したら、知り合いじゃないのに電車代500円を貸してくれました。

何とか遅刻せずに職場に辿り着いたら、昼休みに同僚が昼ごはんをオゴってくれた上に、帰りの電車代として千円札を僕に渡し、

「返さなくていいよ。あげる。」

と言われたのです!!

朝、僕は文無しで家を飛び出し、出勤すらできないと思っていたのに、

帰ってきた時には860円がポケットの中に入っていました。

(↑この小銭は、その日に帰ってから撮影した現物です)

この残された小銭が、今までとは違って見える気がします。

「お金とは、信用を形にしたものに過ぎない」

というフレーズを実感する一日でした。

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ