先月受けた、TOEIC結果の入った封筒が送られてきた。

おそるおそる、封筒をハサミで切る。

ドキドキしながらスコア表を取り出す。

点数を見ると・・・

「トータル得点変わってない!!ていうか、前回より5点落ちてる!!」

今回は、けっこう勉強したのにな・・・
ここしばらく、ずっと同じ点数を行ったり来たりしている。

なんだか最近、自分が成長してる感じがしない。
やる気がなくなってきた。

届いたスコアを、くしゃくしゃに丸める。
点数ほとんど変わっていないんだから、取っといてもしょうがないや。

「ポイっ!」

ゴミ箱に投げ捨てて、ため息をつく。

・・・なんて経験、あなたもありませんか?

 

TOEICスコア表の本当の価値

ほとんどの人がチェックするのは、

「トータル得点」のみです。

多少じっくり見たとしても、

「リスニングのトータル得点」

と、

「リーディングのトータル得点」

を見くらべて、

「おっ!リスニングが上がった!」

とか、

「やっぱリーディングが低いな・・・」

というくらいではないでしょうか?

 

でも、本当のTOEICスコア表の価値は、トータル点数にあるのではありません。

「ある場所」を見てチェックすることで、はじめて受験料 5,725円の元が取れたことになるのです。

 

投資したお金を時間を回収しよう!!

TOEICは、英語力を測る「ものさし」です。

本来、「合格」や、「不合格」で測るためのものではありません。

最近は、企業が

「管理職は600点以上が必須!」

「全社員、700点以上を目指せ!」

とか、「合格ライン」を決めています。
だから、どうしても僕たちも、大学受験のように、

「合格」or「不合格」

の2択で自分のスコアを見てしまいがちです。

でも、それじゃあ、もったいないです!!

たとえ点数が前とまったく変わっていなくても、あなたの英語力に大きな変化が現れている可能性があるのです。

たとえば・・・

今回、めっちゃ単語をガンバって増やしたけど、トータル点数は変わらなかったとします。

その理由は、

「リスニングの途中で気が散って集中できなかった」

とか、

「リーディング前半に集中しすぎて、後半で時間が足りなくなって、30問くらい余った状態で終わってしまった」

とか、いろんな理由が関係しているかもしれません。

でも、あなたの

「単語力」

そのものはちゃんと上がっているとしたら・・・

今回のトータル得点は同じでも、

「単語の意味問題」

の正解率が上がっていたら、あなたの

「本当の英語力」

は、上がっていることになりますよね。

ただ、それが

「今回のトータル点数には現れていない」

だけです。

その状態になっているあなたが、もし、次回のTOEICを受けたら・・・

あなたのトータル点数は、一気にハネ上がることになります!!

実際、僕は今までに、そういう人たちをたくさん見てきました。

「ここんとこ、ずっと点数が一定で、同じラインを行ったり来たりして、ちっとも上がらない!」

と感じている人が、僕のところにスコアを持ってきて、細かく分析したら・・・単語力やリスニング力がちゃんと上がっていることがわかった。

そして、モチベーションを取り戻して、そのまま学習を続けていたら、その次のTOEICで、

ドカン!!

と一気に点数がアップした!!

そんな実例を何度も見てきました。

 

自分の上達に気づかなければ・・・

でも、自分が上達していることに気づかずに、

「やっぱり、俺は何度やってもダメだ・・・」


とモチベーションが落ちて、途中でやめてしまう人もいます。

せっかく「急成長のしるし」が見え始めているというのに・・・

 

あなたの成長のしるしを見る方法

実は、その「成長のしるし」を見る仕組みが、TOEICにはあります。

それが、スコア表の下の方にある、

「横長の棒グラフ」

です。

一応、名前は

「アビリティーズメジャード」

と呼ばれています。

長くいので、ここでは「ゲージ」と呼びます。

ちなみに、僕は今まで何百人ものTOEIC受験者の悩み相談に乗ってきましたが、このゲージをしっかり見ている人はかなり少ないです。

見て意味が理解できる人は、もっと少ないです。

その結果を今後の自分の英語学習に役立てられる人となると、さらに少なくなります。

僕も、最初の頃はここにはまったく興味がありませんでした。

書いてある文字は小さいし、内容はわかりづらい。

一見、「パート別」の正解率か?と思いきや、グラフが左右で9本もある。
(新バージョンは増えて、10本)

でもTOEICの問題は、全部でパート7までしかありません。どうやらパート別の正解率ではなさそうです。

このゲージは、各パートの正解率を表しているわけではありません。

実は、かなり細かく、あなたの英語力を「あぶり出して」くれる便利なツールです。

 

TOEICは「健康診断」

TOEICは、健康診断に似ています。

トータル点数のよしあしは、健康診断で言えば、

再検査の必要が、『あり』か?『なし』か?

の判断にすぎません。

実際には、血圧や血糖値、心拍数などの、「項目ごとのデータ」の方が大事だったりします。

どこかの項目が「危険ゾーンギリギリ」だったら、たとえ今回は健康と診断だれても、次回はどうなるかわかりません。

逆も同じです。トータル診断は「不健康」でも、ひとつの項目だけが「危険ゾーン」で、ほかの項目が「優良ゾーン」だった場合、そこだけ直せば、次回は「超健康体」になれるかもしれませんよね。

健康診断のときには、お医者さんが各項目を見てアドバイスをくれますが、TOEICの結果は、誰もアドバイスをくれません。

(一応、同封されている紙にアドバイスが書いてありますが、難しい文字がビッシリで、読むには、かなりの意志の力を必要とします)

だから、あなた自身がTOEIC結果を分析できるようになる必要があります。

次回は、10本の各ゲージの分析方法をお伝えしますね。

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ