【英語学習をより快適に!アップル製品の新機能②】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)

前回の記事では、僕が英語学習でよく使うアップル製品の機能を3つお伝えしました。

まず、僕が英語学習でよく使う連携機能トップ3は、これです。

↓↓↓

①コピー内容の自動共有

②ネット記事の自動共有

③エアードロップ(無線でデータを送る機能)

詳しくは前回の記事で書きましたが、この3つを駆使することで、英語学習で一番面倒な「英単語や文法を調べるためにスペルを打ち込む」という作業が、一気に減ります。

またGoogle記事などの場合は、スペルミスをしても予測して「この英単語じゃない?」というのを元に検索してくれますが、電子辞書の場合は1カ所でもスペルミスすると、検索結果が出て来ないことが多いです。

でもコピペ機能を使えば、そんな失敗はなくなります。

・MacBookのキーボードでGoogleで適当にスペルを打ち込む。

↓↓↓

・Googleが予測して出してくれた候補をクリック

↓↓↓

・ネット辞書記事を読んで納得の答えが得られたら、そこでOK。まだ足りないと思ったら、スペルをコピペ

↓↓↓

・iPadの電子辞書アプリを開いて、ペーストして検索

という流れで使えば、すごい効率化できます。

ちなみに、僕が使っている物書堂の辞書アプリ「ジーニアス英和・和英辞典」には、スペルミスをしても、予測候補を出してくれる機能があります。

この予測がめちゃくちゃ優秀なので、このアプリを使っている時には、スペルミスは問題になりません。

それでも、僕はあまりiPad単体で調べ物をすることはありません。なぜなら、キーボードがないからです。

キーボード派

僕は文字を打ち込むときには、キーボードを使いたい派です。

iPhoneやiPadのように、画面をタッチして文字を入力するのが、何年たっても苦手です。

これは性格的なものなのか?世代的なものなのか?分かりません。

(僕はケータイを使い始めてからの10年以上、ガラケーを使っていた世代です)

とにかく僕はキーボードの物理ボタンがないと、しっくり来ないのです。

iPhoneで長文を書こうとすると、変な部分の筋肉を使ってしまい、背中が痛くなったことが何度もあります。

メールの返信は、よほどの短文でない限りは、パソコンのキーボードで打っています。

そんな環境なので、日本人の多くが使っているLINEアプリは、あまり使っていません。

一応パソコン版のLINEアプリも存在しているのですが、開発に全然力を入れていないのが伝わってきて、全体的にすごく使いづらいです。

今の時代は、キーボード派にはツラくなってきました。

iPadの専用キーボード

僕がiPadを初めて買った時には、アップル純正のiPad専用キーボードも一緒に買いました。

でも、最近iPadを買い換えたことで、それまで使っていた専用キーボードが使えなくなってしまいました。

サイズが違うので、合わないのです。

今回の買い換えで新しい専用キーボードを買うことも一瞬考えましたが、値段が高いのがネックです。(3万5,000円ぐらいします)

せっかく本体を安いモデルにしたのに、キーボードを足したら総額10万円を超えてしまいます。

なので、iPadのキーボード運用は諦めました。

アップルが神アップデートを発表!

そんな矢先に、僕にとって最高の神アップデートが、アップルからやってきました。

それが、「ユニバーサルコントロール機能」です。

これは、iPad、iPhone、Macパソコンの3つを完全につなげて融合させる機能です。

この新機能が、最近の僕の英語学習をより快適にしてくれました!

ユニバーサルコントロールとは何か?

ユニバーサルコントロールでできることはたくさんあるので、全部書いていたら大変なことになります。

ここでは僕の用途で便利になった部分だけをお伝えします。

僕にとっての最大のメリットは、「MacBookの快適なキーボードで、iPhoneやiPadのタイピングができるようになった」ことです。

つまり、MacBookのキーボードが、iPadやiPhoneの専用キーボードとして機能するのです!!

 

これほど嬉しいことはありません!!

人によっては、「そんなの、たいしたことないじゃん!」と思われるかもしれません。

「市販の安いBluetoothキーボードを買えば同じじゃないの?」

と思われるかもしれません。

でも、今回のユニバーサルコントロールは、まったく違う感覚なのです。

次回は、この新しい機能を、僕がどう自分の英語学習に役立てているか?をお伝えします。

 

・・・つづく

 

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください