From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
(※今日の記事は、英語学習とは直接関係ありません)
 
 
小学生の頃に「エアーガンを手にする」という夢が崩れ去った僕は、また、「カネキャップ」を使ったおもちゃの銃をパンパン撃つ日々に戻っていきました。
 
 
その後、安めの価格の組み立て式のプラモデルの小学生向けのエアーガンを買いましたが、あまり満足できませんでした。
 
 
たしかにBB弾は飛ぶのですが、威力が足りないのです。
 
見た目もプラスチックっぽさ全開で、安っぽさが漂っています。
 
 
その後はドラマ「あぶない刑事」シリーズの放送が終わり、日本の「エアーガンブーム」も、静かに幕を下ろしました。
 
 

少年の夢が復活!!

それから30年以上たった今、僕がYouTubeを見ていたら、ホーム画面に出てくる「オススメ動画」の中に、エアーガンのレビュー動画が出てきました。
 
 
なぜ??YouTube会社はどうやって、僕が昔エアーガンに興味があったことを知ったのだろう??
 
 
たまたまだろうか?
 
 
僕はたまらなくなり、クリックしてみました。
 
 
すると、懐かしい形のエアーガンの映像が次々と出てきました。
 
 
これは感動です!!
 
 
エアーガンの世界は懐かしさでいっぱいでした!僕は、エアーガンの動画の世界にどんどん引き込まれていきました。
 
 
僕の中で、少年時代の夢と情熱が復活し始めているのを、確かに感じました。
 
 

驚きの進化!

エアーガンのレビュー動画を見ていて気付いたことがあります。それは、
 
 
「変わらない部分と変わっている部分」
 
 
の違いです。変わらない部分は、
 
 
・銃のパーツ類の呼び名(専門用語)
 
・銃の見た目(形や色など)
 
 
です。逆に変わった部分は、
 
 
・性能
 
・コスパ
 
です。
 
 
エアーガンは、昔はとても高価なおもちゃでした。特に対象年齢18才以上用の強力なタイプのエアーガンは、1万円以上するのがふつうでした。
 
 
でも、今は違います。
 
 
僕が30年ぐらいこの世界から離れている間に、エアーガン界は技術の進歩が進んでいました。そして、
 
 
「昔より性能の良いエアーガンが、昔よりずっと安い価格で手に入る」
 
 
ようになっていたのです!!
 
 
そこで僕は、動画のレビューで最も高い評価を得ている「エアーコッキングガバメント」というモデルを買ってみることにしました。
 
 

わずか3,000円で驚異の性能!

僕が今回買ったのは、「東京マルイ」というメーカーが作っている「エアーコッキングガン」です。アマゾンでわずか3,000円です。
 
 
 
エアーコッキングガンは、バネで圧縮した空気の圧力を使ってBB弾を飛ばすタイプの仕組みです。
 
 
「cock」という英単語は、銃などの「撃鉄(ハンマー)」を意味します。
 
 
「cock」を動詞として使うと、「撃鉄を引く」という意味になります。
 
 
空気を圧縮するバネは、自分の手の力で引きます。なので、強力なものほど、より強い腕の力が必要です。
 
 
「18才以上用モデル」は、バネの力も強いため、おそらく小学生の力では引けません。そういう意味でも、18才以上用なのかもしれません。
 
 
こうして大人になった今、バネを引いてみると、けっこうカンタンに引けて驚きました。
 
 
小学生の頃には、10才以上用モデルのバネでさえも、やっとのことで引いていたというのに・・・
 
 
銃本体も、なんだか全体的に小さく感じます。
 
 
握るとしっくり来ます。
 
 
もし今、スーツを着てこのエアーコンキングガンを撃つ姿を鏡に映したら、完全にあの頃の「あぶない刑事」の雰囲気です。(イケメン度は舘ひろしさん&柴田恭兵さんの足下にも及びませんが・・・)
 
 
「ホップアップシステム」と呼ばれるテクノロジーで、BB弾に回転を与えながら打ち出されます。
 
 
そのせいで、BB弾がさらに遠くまで飛ぶようになっています。正確なデータはありませんが、おそらく50メートル以上は飛ぶと思います。
 
 
僕は久々に進化したエアーガンを手にとってみて、感動しました!
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ