【英会話レッスンで上手に質問できるようになる方法:DMM英会話のレッスン10,000分受けて気付いたこと③】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

英会話の相手と仲良くなるための3つのポイントは、

①自分のことをオープンに話す

②相手の話を興味をもって聞く

③同じ相手と話す頻度を増やす

です。

前回の記事では、①を深掘り解説しました。

今回は、②と③で僕が意識していることをお伝えします。

②相手の話を興味をもって聞く

僕は初対面の先生と話すときには、必ず自己紹介タイムを設けるようにしています。

DMM英会話では、レッスンの予約画面に

1.自己紹介から始めたい

2.自己紹介なしですぐレッスンに入って欲しい

という2択が出てきます。

そこで僕は、初対面の先生のレッスンでは必ず1.を選ぶようにしています。

逆に、初対面の先生相手に自己紹介抜きでいきなり英会話を始めるのは難しい気がします。

でも選択肢にあるということは、自己紹介なしでいきなりレッスンに入りたい人も一定数いるんだと思います。

自己紹介は、先生から

1.の選択肢を選んで予約すると、レッスンの最初に必ず先生から「自己紹介から始める形でいいですか?」という確認が来ます。

その後に聞かれる確率が高いのが、

「どちらが先に自己紹介しましょうか?」

という質問です。

そこで僕は、必ず先生に先に自己紹介してもらうようにお願いしています。

「After you! Go ahead!」

と言えばOKです。

そして、先生の自己紹介にできるだけ興味を持って聞くようにしています。

・この人は、今までにどんな人生を送ってきたんだろう?

・どんな理由で、今の国に移住してきたんだろう?(DMMのネイティブの先生は、発展途上国に移住している人が多い)

・たくさんある職業の中で、なぜ英語を教える道を選んだんだろう?

・世界中に数あるオンライン英会話スクールの中で、なぜ日本人を教えることを選んだんだろう?そして、なぜ他の業者ではなくDMMを選んだんだろう?

・この先の人生プランは、どう考えているんだろう?

そんな風に思いながら、先生の話を聞くようにしています。

ここまで聞いて、もしかしてあなたは今、

「私にはリスニング力がないから、先生の自己紹介が分からないだろうな・・・」

と思われたかもしれません。

でも、僕も毎回すべてを一発で聞き取れるとは限りません。

聞き取れない部分は出てきます。

それは英単語やフレーズだけの問題ではなく、先生のネット回線やパソコンの音声環境なども影響します。

でも、相手の話に興味を持って聞いていると、聞き取れなかった時に

「ちょっと待って!今の部分、ちゃんと聞きたいから、もう一度言って!」

という気分になります。

そして自然に、「Sorry?」とか、「Could you say that again?」という言葉が出てきます。

僕は以前は、相手の会話を止めることができませんでした。

分からない部分があっても、相手を止められずに笑顔でごまかしてしまうクセがありました。

でも、それは「自分のリスニング力」に目が向いているからだと気付きました。

「自分のリスニング力が低いと思われたくない」

「相手が話してるのに止めるのは気が引ける=自分の印象が悪くなるのでは?」

という感覚です。

相手ではなく、自分に意識が向いている状態です。

自分ではなく相手に意識を向ける

でも、相手に興味を持って話を聞くようになると、

「ここを曖昧な状態にして、先へ進んでなるものか!」

という気分になりました。

そして、相手の話を止めることが苦ではなくなったのです。

もちろん、相手によってはマシンガントークで止まらないこともあります。

毎回100%止められているわけではありませんが、以前に比べると止めることがずっとラクになりました。

それに、実際に止めてみると分かりますが、こちらが興味を持って話を聞いていることは、ちゃんと伝わります。

おそらく先生にとっても、「分かってなさそうなのに笑顔でごまかす相手」よりも、「ガツガツ止められても自分を理解しようと食いついて来る相手」の方が、親近感を抱きやすいと思います。

質問の質が変わる

そうやって相手の自己紹介に全集中するようになると、相手への質問も変わってきます。

相手の先生がしゃべった内容だけでは足りないので、色々と深掘り質問をすることになります。

その結果、先生への質疑応答だけで25分間が終わってしまうこともよくあります。

それでも、盛り上がればOKです。

 

僕の自己紹介は、また次回のレッスンでガッツリすればいいのです。

お互いの自己紹介だけで2レッスンかけて話すと、けっこう仲良くなれます。

お互いのことが分かれば、次回からのフリートークの内容も質が高くなってきます。

「英会話の純度」が上がっていくのです。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

※30日間で英会話に自信がつく動画セミナーはこちらをクリック

     ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

————————————–

 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください