From  師範代Shinya(新村真也)

in とか on とか at などの「脇役」的なパーツ、前置詞。

 

これらの前置詞は、英語学習者にとって本当にやっかいな存在です。

 

英語でしゃべるとき、必ず迷うからです。

 

「あれ?この場合は、in the desk か?それとも on the desk か?いや、 at the desk か?」

 

という感じで、迷い始めると会話が止まってしまいます。

 

そして、使い方を間違えるとまったく違った意味に捉えられてしまいます。

 

日本語で覚えるには限界がある

もし、これらを日本語で覚えようと思ったら、どうなるでしょうか?

 

たとえば、「on」の意味を辞書を引いてみると、こんな「日本語訳」が出てきます。

 

1.~の上に

2.~につけて

3.~を得て

4.~の一員で

5.~に従事して

6.~の状態で

7.~中

8.~に加えて

9.~で

10.~に




という日本語訳がズラズラと続いて、トータル33個も出てきます。

 

「だからどうした?33個くらい気合いと根性で片っ端から暗記しなさい!」

 

というのが、従来の学校英語教育です。

 

でも、これらを丸暗記するのは、けっこうな苦行ですよね。

 

いくつの意味を覚えればいいの?

日常やビジネスでよく使う前置詞は約30種類です。

 

ひとつの前置詞に30~50個の日本語訳が当てはまるとして、少なく見積もっても、

 

30種類×30個=900個

 

前置詞をマスターするには、900個~1,000個もの日本語訳を丸暗記しなければなりません。

 

高校生のような若くて柔軟な脳みそと、勉強に専念する十分な時間があれば、丸暗記でも切り抜けられるかもしれません。

 

でも、僕ら大人にはそんな時間もエネルギーもありません。

 

もっと効率よく、無理なく学ぶ必要があるのです。

 

それを実現してくれるのが、「ネイティブ感覚のイメージ」を使った英単語学習法です。

 

ネイティブは丸暗記なんてしてない

ネイティブは前置詞の900個の意味を丸暗記して使っているわけではありません。

 

そうではなく、ひとつひとつの前置詞の持つ「イメージ」で捉えています。

 

そのイメージは、ひとつの前置詞につき、たった1つです。

 

そのたった1つのイメージが広がった結果として、30個も40個も意味が出てくるのです。

 

それらの細かい意味は、「枝葉」に過ぎません。枝葉の意味を片っ端から丸暗記するより、先に木の「幹」の部分を覚えてしまった方が、ずっとラクです。

 

つまり、30個の前置詞の「幹のイメージ」を30個覚えるだけで、900通りの使い方ができるようになるのです。

 

30個だけなら、覚えられる気がしませんか?

 

DUOエレメンツは「前置詞」に特化

前回の記事でご紹介した英単語帳、「DUOエレメンツ」がこれまでのDUOシリーズと決定的に違うのは、DUOエレメンツが「前置詞」に特化していることです。

↓↓↓

「DUOエレメンツ」

DUO elements [デュオ エレメンツ] 前置詞/副詞

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

DUOエレメンツの特徴を4つにまとめると、

 

①全部で29個の前置詞の「基本イメージ」が、わかりやすいイラストで載っています。

 

②その基本イメージを使った例文がイラスト付きで載っています。

 

③さらにその基本イメージが広がった応用編の使い方の例文が、イラスト付きで載っています。

 

④最後のページには、すべての使い方を組み込んだ例文がズラッと載っています。この例文を30回ずつ音読することで、「知識」を「技術」に変えていくことができます。

 

イメージの力を体感してみよう!

ちょっと試しにエクササイズをやってみましょう。

 

on the desk

on the airplane

on foot

 

この3つを日本語訳にすると、

 

on the desk

(机の「上に」)

 

on the airplane

(飛行機の「中に」)

 

on foot

(徒歩「で」)

 

という感じになります。

 

基本イメージを知らなければ、それぞれ個別に丸暗記するしかありません。

 

「~の上に」

 

「~の中に」

 

「~で」

 

みたいな感じです。

 

でも、「~の中で」を表す英単語には、「in」というのもあります。

 

日本語訳は同じですが、「in the airplane」とは言いません。

 

これでは、本当の意味で前置詞が使えるようになってはいませんよね?

 

「on」の基本イメージ

では、ネイティブはどんな基本イメージを「on」に対して持ってるのでしょう?

 

それは、「くっつき感」です。

onという英単語を目にしたとき、ネイティブの頭の中には、常に「くっついている感じ」が漂っています。

 

on the desk

(机にくっついた状態=上に乗っている)

 

on the airplane

(飛行機の座席に身体がくっついた状態=中にいる)

 

on foot

(自分の身体が足の上に乗ってくっついている状態=徒歩で)

 

という感じです。

 

とってもシンプルでカンタンに覚えられる気がしませんか?

 

ネイティブはこうやって前置詞を使いこなしているのです。

 

飛行機に「in」が使えない理由

ちなみに、飛行機に「in」が使えない理由は、「in」の基本イメージに原因があります。

 

「in」の基本イメージは、

 

「囲まれ感」

 

です。しかも、左右だけ、前後だけではなく、前後左右すべてを囲まれた感覚です。

だから、部屋にいるときには、

 

in the room

 

でOKです。

 

でも、飛行機の機体は長細くて前後のスペースが広いので、「in」の持つ「囲まれ感」はありません。

 

なので、座席や床に「くっついている感」が優先されて、「on」が使われるのです。

 

ちなみにこれは、飛行機以外でも長細い乗り物であればすべて同じです。

 

on the train

on the bus

on the ferry

 

などです。

 

「基本イメージ」で前置詞を覚えるメリット

いかがだったでしょうか?

 

割とカンタンだと思いませんか?

 

僕はこの基本イメージから入る方法で前置詞の意味をすべて覚えました。おかげで、時間もエネルギーも大幅に節約できました。

 

基本イメージをすべて覚えると言っても、前置詞なんてよく使うのは約30個程度です。

 

一度基本イメージを覚えてしまえば、あとは直感的に使いこなせるようになります。

 

この学習方法をDUOエレメンツを使って試してみれば、前置詞は思ったよりカンタンだということに気づくでしょう。

↓↓↓

「DUOエレメンツ」

DUO elements [デュオ エレメンツ] 前置詞/副詞

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

実は、この基本イメージがわかると、英語学習者の天敵と呼ばれる「熟語」もラクに攻略することができるようになります。

 

次回は、「熟語」の攻略法についてお伝えします。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!ライブ体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ