【英検準2級があれば、環境問題を英語で話せるようになる本:英単語 Issue①】

 

from 師範代Shinya

「英語で環境問題について話す」

この言葉を聞いた今この瞬間、あなたはどう感じましたか?

・使われる文法や単語がムズカしそう・・・

・そもそも、自分の意見が出てこない・・・

・自分にはあまり縁の無い世界のような気がする・・・

と感じたかもしれません。

あるいは、

・ネイティブと対等に渡り合える会話力、というイメージがあるから、憧れる。

・英検で今より上の級を狙うには、このレベルの英語力が必要な気がする。

・ニュース英語が聞き取れるようになりそうで、ワクワクする。

・日常会話とは違った、知的な会話を楽しめそう。

という風に感じたかもしれません。

あなたの今の英語レベルと、トピック興味や関心があるかどうかによって、印象は変わると思います。

「英語で環境問題を語る」と聞くと、おそらく多くの人が尻込みしてしまう人が多いと思います。

でも、そんなハードルを取り払う本が新しく出ました。

中学3年~高校1年程度の文法だけで書かれた、「英単語 Issue :環境編800」です。
↓↓↓


(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

英検準2級を持っていたら、いけちゃう!

中学3年~高校1年ということは、英検レベルで言うと準2級です。

もしあなたが英検準2級を持っているなら、この本を使うための文法力の下地は備わっていることになります。

すでにあなたは、環境問題を英語で話す準備ができているのです。

そう考えたら、思ったより身近に感じられませんか?

同じレベルの他のテキスト

もしあなたが英検を受けたことがなくてピンと来なければ、他のテキストと比べるのが良いと思います。

以前このブログやYouTube動画でご紹介した、「英語で日本を話すための音読レッスン」のテキストも、同じ英検準2級レベルです。
↓↓↓

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

また、速読速聴英単語シリーズの「Daily1500」も、同じく英検準2級レベルです。

↓↓↓

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

もしあなたがこれまでに、「Daily1500」や「英語で日本~」のテキストを音読で仕上げていたら、今回の新刊「英単語Issue」は、あなたの次の射程圏内に入っていることになります。

もちろん、環境問題を話すときに必要な英単語のレベルは英検準2級よりも上になるので、英文全体のパッと見のレベルは高く感じると思います。

でも、「構文も英単語も分からない英文」を読むのと、「構文は理解できて、英単語だけ新しく覚える必要のある英文」を読むのとでは、大きな差があります。

 

速読速聴英単語シリーズとの共通点

この本は、大人気の「速読速聴英単語シリーズ」の姉妹編として登場しました。

姉妹編なので、速読速聴英単語シリーズとは別ラインです。

とはいえ、共通点はあります。

まず、この本の監修は、同じ松本茂先生です。

そして、「文脈の中で英単語を覚える」というスタイルも同じです。

1つのまとまりのある文章の中に、ターゲット英単語がちりばめられていて、ストーリーの中で英単語を覚えられます。

よく受験生がやっている「英単語→日本語訳」という、機械的な覚え方とは違い、「文章での使われ方を通して、英単語のニュアンスをつかむ」ことができるのです。

文脈の中で英単語を覚えた場合、別の場所で同じ英単語を見たときに、

「あ~、この英単語の意味、なんだっけなぁ~」

という反応ではなく、

「あ!この英単語は、Daily1500の中の、天気予報の話の中で出てきたぞ!」

というように、ストーリーで思い出せるのです。

ストーリーで覚えるメリット

この、「ストーリーの中で英単語を覚える」というコンセプトは、人間が言葉を覚える上で一番自然にできます。

僕ら人間は、物語が大好きです。

子供の頃には、学校で紙芝居を見たり、親に絵本を読んでもらったり。

大人になったら、小説を読んだり、ドラマや映画を見たりして、楽しみます。

その結果、母国語の単語をストーリーの中で覚えていくのです。

たとえば、

・むか~し昔、あるところに、おじいさんと(1)○○が住んどった。

問い:○○に入る単語を下から選びなさい。

と聞かれたら、おそらく下の選択肢など見なくても「おばあさん!」と答えられるでしょう。

それは、子供の頃からストーリーの中で「おじいさん&おばあさん」がセットで脳内インストールされているからです。

また、ふだん日常生活で使わない単語でも、ストーリーで覚えられます。

・おばあさんが川で洗濯していると、大きな桃が○○○、○○○、と流れてきた。

問い:○○○に入る単語を下から選びなさい。

と聞いたら、おそらく下の選択肢など見なくても、

「どんぶらこ!」

と答えられるでしょう。(地域によっては、「どんぶりこ」とも言うらしいです)

「どんぶらこ」なんて単語は、日常生活で使う機会はほとんどありません。

でも、今でも即答できるほど、記憶に定着しています。

それは、ストーリーの中で覚えたからです。

もしこの単語を、

どんぶらこ=重みのある物が水に浮き沈みしながら流れる様子を表す擬音語。(※ウィキペディアより)

という感じで、「言葉の定義」だけで教えられたとしても、おそらくすぐ忘れてしまうでしょう。

でも、ストーリーの中で覚えたことで、たとえ日常で使わない単語でも、瞬間的に思い出すことができるのです。

これが、「文脈の中で単語を覚えるパワー」です。

この文脈パワーを応用して、難しい英単語も覚えちゃいましょう!というのが、速読速聴英単語シリーズのコンセプトなのです。

今回の新刊、英単語 Issueにも、そのコンセプトがバッチリ受け継がれています。

ただ、もちろん「姉妹編」として出すからには、違いもあります。

次回は、その違いについて深掘り解説していきます。

・・・つづく

 

「英単語 Issue :環境編800」はこちら
↓↓↓


(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

————————————–

 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください