・おカタい文法用語が大キラい!!

・主語とか、副詞とか、そういう言葉を聞いただけで、身体がアレルギー反応を起こす。

・なんとか文法をやらずに、会話の実践練習だけで英会話をマスターしようと思っている。

という人は、すごく多いです。それは、詰め込み型の学校教育が残したツメ跡かもしれません。

でも、大人になってから学生の頃と同じ気分を味わう必要はありません。学生時代のように、

「紙の上の『文法問題テスト』で正解するために習う文法ルール」

ではなく、

「実際に会話で使うための実用英文法」

を学ぶのです。

大人になってから英語を学ぶ場合、「文法をまったく無視」して「実用レベルの英語」を習得することは、残念ながらできないと思います。少なくとも僕は、その方法を知りません。

これまで僕は、500人以上の英語学習者の方々と接してきましたが、社会人になってから英語を学び始めた方の中で、

「文法をまったく知らずに、海外経験だけで高い英語力を手に入れた人」

には、出会ったことがありません。

どんなに海外駐在経験が長くても、ふだんから英語を仕事で使っている人でも、文法知識がまったくゼロの人は、カタコトの「ブロークンイングリッシュ」から抜け出せずにいます。当然、TOEICなどの試験でも点数は伸びません。

必要だと分かっていても、取っつきにくいイメージがあるのが文法です。そこで、文法用語に対するトラウマがある方のために、このビデオを作りました。

このビデオでは、

・文法を身近な○○○にたとえて、分かりやすく覚える方法

・なぜ、文法知識ゼロでは英語で良いコミュニケーションが取れないのか?

・文法用語アレルギーを取り除く方法

などを解説しています。

12分後にあなたは、文法に対する見方が変わって、今までは「超イヤだ!」「超つまらない!」と感じていた「文法用語たち」に、ちょっぴり親近感が持てるようになるでしょう。

あまり身構えず、リラックスして、気軽にご覧ください。

↓↓↓


From  Shinya
(
英語の達人養成ジム 師範代)

自己紹介は、こちら
こちらですアップ
    
     
    
    
    
    
    
 

※ブログの「もくじ」は、こちら