From  師範代Shinya(新村真也)
 
前回の記事、「10年後になくなる仕事」では、今ある仕事のうち47%が、テクノロジーの発達によってなくなってしまう、という未来予測をお伝えしました。
 
そこで僕が気になったのが、「グーグル翻訳」というアプリです。
 
昔の翻訳ソフトは、「訳がめちゃくちゃで使い物にならない」、というイメージがありました。
 
でも最近、日曜の午前中にダウンタウンの松本人志さんが出ているニューステレビ番組で、このグーグル翻訳のカメラ機能が紹介されていました。
 
それを見た僕は、衝撃を受けました!!
 
なんてこった!!こんなに翻訳機能は発達しているのか!!
 
ものすごいスピードで精度を増している、このアプリが、将来、僕たち日本人から「英語学習」のチャンスを奪う存在になるのか?
 
10年後、英語を勉強している人が周りから、
 
「まだ英語なんて勉強してるの?もう、みんなグーグル翻訳で世界中の人たちとやりとりしてるのに。なんでそんな、効率悪いことしてるの?」
 
なんて言われる日が来るのでしょうか?
 
 
それを検証するためには、まずは今のグーグル翻訳アプリが、どれほどの実力になっているのか?
 
それを確かめずにはいられない!!
 
ということで、僕のiPhoneに、グーグルアプリを入れてみました。
 
そのレビュー動画はこちらです。
↓↓↓
 

 
 
 
もしあなたが今、動画が見れない状況だった場合に備えて、文章でもお伝えしますね。
↓↓↓
 

主な機能は3つ

グーグル翻訳アプリの主な機能は、
 
①カメラ
 
②音声
 
③文字
 
の3つです。
 
 
 

究極のカメラ翻訳

このカメラ翻訳機能のスゴいところは、そのスピードです。翻訳にかかる時間は、0コンマ何秒の世界です。
 
カメラに写った文字が、本当に一瞬で言語変換されます。
 
たとえば・・・
 
 

短い文字

・ティッシュの箱に、「Peace Wave」と書いてあります。
 
 
 
 
これを読み込ませると・・・
 
 
 
 
「平和波」!!そのままです!!ちゃんと訳されていますね!
 
僕がスゴいと思ったのは、ひらがなやカタカナではなく、ちゃんと漢字に変換されたことです。
 
これによって、すごく読みやすくなっています。
 
 
次は時計にあるロゴ、「CASIO」です。
 
 
これは、ちゃんとカタカナに変換されました。優秀です!!
 
 
 
 

まとまりのある文章はどうか?

続いて、僕のお気に入りの本。
 
リチャード・カールソン氏の名著、
 
「小さいことにくよくよするな!」です。
 
 
これは、英語のタイトルは、
 
Don’t sweat the small stuff
 
sweatは、「汗をかく」という動詞で、「ジタバタする」とか、「汗をかくほどに心が動揺する」、という意味にもなります。
 
ここを正確に訳すのは難しそうです。
 
Let’s give it a try!
 
 
 
 
・・・やはり、難しいみたいですね。
 
部分的には単語の翻訳ができているのですが、フレーズ全体としては意味が通じません。
 
 
 

最後に、本の中身にトライ!

長文が並んでいるので、これは難易度高めです。
 
 
そのまま訳しても、意味が通じません。文脈の流れと前後のつながりを元に判断しなければなりません。 
 
 
 
やはり、かなりおかしくなってしまいました・・・
 
まったく意味不明の文章です。
 
 
 

カメラ翻訳機能のまとめ

どうやらこのカメラ翻訳機能は、「長文を訳す」という目的には向いていないようです。
 
あくまで、「単語レベル」でのスピード翻訳用みたいです。
 
使い方としては、
 
 
・海外旅行で街中を歩きながら、並んでいる看板を翻訳しながら、店探しを楽しむ。
 
・駅で迷ったときに、サッとスマホを取り出して、表示をチェックする。
 
・レストランで、読めないメニューを翻訳しながら注文を選ぶ。
 
 
などのシチュエーションに役立つと思います。
 
いちいち文字を入力したり、声に出して読み上げる必要がない「スピード感」が、このカメラ翻訳機能の何よりのウリですね!
 
 
 

今日の検証結果

一応、今回のカメラ翻訳機能だけを見る限りでは、まだ英語学習が不要になることはなさそうです。
 
次回は、「音声入力」を試してみます。
 
 

—————————————

※「崖っぷち男の驚くべき英語学習法」はこちら

※「英単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

P.S.
※このブログに「読者登録」をしていただくと、最新記事をメールで受け取ることができるようになります。登録はこちらをクリック