From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

 

僕のトロント滞在最終日がいよいよやって来ました。

 

僕は、今までお世話になったジェフにお礼をするために、ジェフの仕事を手伝わせてもらうことにしました。

ジェフの仕事は、Tシャツのデザイナーです。

 

ちょうど今年、独立したばかりで、新規事業としてこれをスタートさせたそうです。

 

似顔絵Tシャツ

ジェフは、ちょっと変わったデザインのTシャツを作っていました。

どんなデザインかというと、無地のTシャツの真ん中に、人の似顔絵が「ドーン!」と描かれるのです。

 

似顔絵は、ジェフ本人が描きます。

 

その似顔絵のモデルは、芸能人ではありません。

 

一般人です。

 

Tシャツを買う人は、まず、ジェフに「この人の顔を描いて欲しい」という顔写真を渡します。

 

それは、自分自身の顔写真でもいいし、友達の顔写真でもOKです。

 

ジェフはその顔写真を元に、リアルな似顔絵を描きます。

 

そして、それをTシャツにプリントアウトして渡すのです。

 

つながりの輪

受け取った人は、それを自分で着たり、人にプレゼントします。

 

すると、不思議なことが起こります。

 

たとえば、僕が仲の良い友達のAさんの似顔絵のTシャツを着て街を歩いていたとします。

 

すると、Aさんの友達で僕の知らないBさんが、僕のTシャツを見て、気づきます。

 

「あれ?あれはAさんの顔じゃないか?」

 

Tシャツには、本人の名前を入れることができるので、確認することができます。

 

顔が似ていて、なおかつ名前も一緒。

 

これは間違いない!あの人は、Aさんの友達では?と思い、Bさんは僕に話しかけます。

 

Bさん:「もしかして、それはAさんですか?○○在住の。」

 

僕:「そうですよ!もしかして、あなたもAさんのお友達ですか?」

 

Bさん:「そうなんです!Aさんとは、大学の頃から知り合いでして・・・」

 

僕:「そうなんですか!僕は、最近始めたダンススクールでAさんと知り合ったんですよ!」

 

という感じで、会話が進んでいきます。

 

すると、Aさんを直接通さずに、僕とBさんが知り合いになれます。

 

そうやって、だんだんと「人の輪」が広がっていきます。

 

もし、ジェフの作った似顔絵Tシャツを着ている人たちが街にあふれたら・・・

 

それは人と人とをつなげるツールになるかもしれません。

 

人間関係の輪の法則

よく、こんなことが言われます。

 

「もし、ある人と知り合いになりたかったら、街にいる人に声をかけて、その先にいる人を6人たどれば、最終的にはその人に行き着く」

 

そして、この法則は地球上の誰とでもつながれるパワーがあるそうです。

 

以前これをダウンタウンの松本さんが実験しているTV番組がありました。(たしか、ダウンタウンDXだったような気がします)

 

ジェフは、この法則を使って、「似顔絵Tシャツで世界中の人たちをつなげるプロジェクト」を立ち上げたのです。

 

ユニークな視点ですよね。

 

ジェフの職場

僕とジェフは、ジェフの家からクルマで20分くらいのところにある作業場に向かいました。

 

作業場に着くと、そこにはカラフルなTシャツが何百枚も入った段ボールが、山積みになっていました。

 

ジェフは、その段ボールを開けて、まとめてドカッと出しました。

 

どれも工場から出荷されたばかりのようで、かなりしわくちゃです。

 

ジェフ:「これを、一枚一枚、プレスしてシワを伸ばしていくのが第一ステップなんだ。」

 

そう言って、Tシャツを2枚取ると、作業場にある大きくて平らなプレス機の上に広げて置きました。

 

そして、上からフタをかぶせて押しつけました。

 

フタから水蒸気がシューッと上がって、熱気が僕らの顔にも当たりました。

 

3秒くらいたってから、ジェフがプレス機のフタを上げると・・・

 

おぉ!スゴい!!Tシャツのシワが見事に取れています!

 

ジェフ:「これをやってシワを伸ばしたら、こんどはキレイにたたんでいくんだ。」

 

そう言って、ジェフはTシャツをたたみました。

 

日本での職業経験

僕は、この7年間、ジーンズショップで働いてきました。商品整理でTシャツをたたむ作業は、これまで何千回もやってきています。

 

作業台を使わずに、空中で素早く、そしてキレイにたたむことができる自信があります。

 

まさか、日本での職業経験が、こんなタイミングで役立つときが来るとは、思いもしませんでした!

 

僕が作業台を使わずにTシャツを素早く畳んで見せると、ジェフは「Wow!」と言って驚きました。

 

これまでの会社の同僚の間では、Tシャツたたみは「できて当たり前」の技術でしたが、業界の外側の人が見たら、これは職人芸のひとつかもしれません。

 

僕は、プレス機でガンガンTシャツのシワを伸ばしながら、どんどん畳んでいきました。

 

僕は単純作業は好きな方ではありませんが、「ジェフに恩返しできるチャンス!」と思うと、うれしくて一心不乱にTシャツをさばいていきました。

 

・・・つづく。

 

P.S.

この時の写真が出てきたので、今回の記事のトップ画にしました。当時のジェフ&僕の写真です。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ