From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

トロントのマジックショップで行われた、日本VSカナダのマジシャン同士の非公式対決。

 

最後に登場したのは、ショップの店長でした。

 

店長自身も、プロマジシャンとして定期的にステージに立っているようで、間違いなく凄腕に違いありません。

 

もちろん、店長の目的は自分のスキルを見せつけることではなく、「店の商品を売ること」です。

 

なので、トランプではなく、店の商品を使ったマジックを見せてくれました。

 

店長の演技

店長は、僕が日本で手に入りにくそうなネタを選定してくれました。

 

カナダのマジシャンが開発した最新のネタを中心に、5つくらい連続で見せてくれました。

 

そこで、僕はさっきまでのトム&アンディーの演技と、店長の演技の違いに気づきました。

 

トム&アンディーのマジック演技は、あくまで「自分たちのスキルを僕に見せる」のが目的でした。

 

なので、ふつうのトランプ一組を使って、いくつも離れ業をやってのけました。

 

「これをできるようになるまでには、3年もかかったんだ!」

 

というようなセリフが何度か飛び出しました。

 

対して、店長の演技は、

 

「不思議だけど、誰でもカンタンにすぐできる」

 

ものだけをチョイスしていました。

 

店長の口ぶりも、僕の目線です。

 

「このネタは、まだカナダでリリースされたばかりだから、日本では売られてないよ。これを持って帰ったら、日本で一番最初にこのネタを演じるマジシャンになれるよ。」

 

「これは、不思議だけどカンタンにできるよ。たぶんシンヤなら1日でマスターできる。」

 

などなど・・・

 

そんなこと言われたら、欲しくなっちゃう!

 

というネタを厳選して持ってきて演じてくれました。

 

(う~ん、これが店長の違いか!やっぱり商売人だな!)

 

と思いました。

 

乱入戦!

店長のオススメ商品の演技が終わると、すかさずトムとアンディ-が加わってきました。

 

アンディー:「店長!あれはいいの?ほら!例のあれだよ!あれはカナダでリリースされたばかりでしょ?」

 

店長:「あ!そうだったね!すっかり忘れてたよ。」

 

アンディー:「よし!じゃあ、俺がシンヤに見せてあげるね。」

 

そう言うと、アンディーは僕に新ネタを見せてきました。

 

ものすごい不思議です!!

 

これは分からない!それに、いつでも誰にでも受けそうだ!

 

アンディー:「これは、あの棚にある○○っていう商品だよ。たったの30ドル!」

 

僕:「あ!これか!店長、これ買います!」

 

店長:「はい、ありがとう!」

 

すると、トムが参戦してきました。

 

トム:「俺もオススメあるぜ!ちょっと見てごらんよ。」

 

そう言って、今度はトムが新ネタを見せてくれました。

ものすごい不思議です!!

 

これも分からない!これも、いつでも誰にでも受けそうだ!

 

トム:「これは、あの棚にある○○っていう商品だよ。たったの25ドル!」

 

僕:「あ!これか!店長、これ買います!」

 

店長:「はい、ありがとう!」

 

トム&アンディーはこの店のお客さんですが、間違いなく売り上げに貢献していました(笑)

 

こんなやりとりが続いた後、結局、僕は新ネタを6つ買いました。

 

店長のオススメ×3個

アンディーのオススメ×2個

トムのオススメ×1個

 

という感じです。

 

近づく最後の日

マジックショップを後にした僕は、ジェフの家に帰るバスに乗りました。

 

いよいよ、明日がトロント滞在の最終日です!

 

悔いの残らない日にしよう!という決意を胸に、バスに揺られていました。

 

・・・つづく。

 

P.S. 良い買い物

ちなみに、このトロントのマジックショップで買った新ネタは、帰国後に僕の「テッパンネタ」になりました。

 

今でもマジックショーのオープニングで演じているものもあります。

 

とても不思議なので、めちゃくちゃウケます。

 

僕がこの時にトロントのマジックショップで買ったネタが、日本のネットショップで売られ始めたのは、それから2年後くらいです。

 

それまでの2年間は、僕はこのネタをマジシャン仲間に見せる度に、「こんなのあるんだ!知らなかった!」というリアクションをゲットすることができました。

 

「これは、カナダで買ったんだ!」というと、みんな「へぇ~!日本ではまだ手に入らないんだね。いいなぁ~!」という感じで、鼻高々でした。

 

今でも、このネタを演じる度に、トム&アンディーと店長の顔が脳裏に浮かびます。

 

きっと、あの3人は今でも、日本から遠く離れた地トロントで、マジシャンとして活躍しているに違いありません。

 

あの時には連絡先を交換しませんでしたが、あの頃の思い出と共に、彼らとの「つながり」を感じます。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ