From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

 

モントリオールに来る前に、僕がバンクーバーのホストファミリーやトロントのジェフたちから言われていたことがありました。それは、

 

「モントリオールに行ったら、絶対にプーチンを食べた方がいいよ!」

 

ということでした。

 

モントリオールの観光地の情報がまったくなかった僕ですが、「プーチンを食べる」というミッションだけは頭に叩き込まれていました。

 

プーチンって何?

プーチンというのは、

 

「フライドポテトにたっぷりのチーズとグレイビーソース(肉汁)をかけた食べ物」

 

です。

 

聞いただけでカロリーが高そうな気がしますね。

 

僕は、フライドポテトが大好きです。

 

チーズも大好きです。

 

肉は苦手ですが、ハンバーグやソーセージは大好きです。なので、肉汁もおそらく大丈夫だと思います。

 

海外の食べ物の中には、口に合わないものもありましたが、プーチンは、僕にとっても好物になりそうな予感がします。

 

そこで僕は、ここモントリオールでさっそくプーチンを食べてみることにしました。

 

ご当地グルメ

プーチンは、モントリオールのご当地グルメのようで、色んな所で屋台を見かけました。

 

僕は、ショッピングセンターのような大きな建物の中のフードコートにあるプーチン屋さんを見つけ、さっそく注文してみました。

 

思った通り、店員さんは、フランス語で話しかけてきました。

 

もう、恐れることはありません。

 

僕は堂々と、

 

「I don’t speak French!」

 

と宣言しました。

 

そして、人差し指を立てながら、

 

「1プーチン、プリーズ!」

 

と大きな声で言いました。

 

店員さんは、強いフランス語なまりの英語で、

 

「サイズはどれにしますか?MとLがありますが。」

 

みたいなことを聞いてきました。

 

前日のバスツアーでフランス語なまりの英語を話すガイドさんのトークを半日聞き続けたおかげで、だいぶリスニング力がアップしているのを実感します。

 

サイズがあるのか・・・

 

ここが日本だったら、間違いなく大盛りを頼むところだけど、ここは海外サイズだろうし、まあ、とりあえず一番小さいヤツにしとくか!

 

そう思い、Mサイズを注文しました。

 

メガ盛り!!

注文したプーチンを目の前に出された僕は、ビックリしました!

 

これがMサイズ??

 

そこには、大きな紙皿にテンコ盛りになったフライドポテトがありました。チーズも、これでもか!というくらい、かたまりのやつがゴロゴロ乗っかっています。

どう見ても、日本のXLサイズです!!

 

もし、Lサイズを頼んでいたら、どうなっていたのやら・・・

 

僕は、このプーチンをサイドメニューとして食べるつもりでしたが、このボリュームを見る限りでは、これだけでお腹いっぱいになりそうな予感がします。

 

激ウマ!!

僕は、フードコートの中でひとりで座りやすいカウンターを見つけると、さっそくプーチンをほおばりました。

 

口の中に、チーズとグレイビーソースの味がいっぱいに広がりました。

 

味は全体的に濃いめです。

 

うまい!!

 

これは予想以上のうまさです!

 

フライドポテトも、カリカリに揚げられていて、口当たりは最高です!!

 

僕は、バクバク食べていきました。

 

しばらくすると、30代くらいのスーツを着た白人女性が、僕とまったく同じサイズのプーチンを持って、僕の隣のカウンター席に座りました。

 

どうやら仕事の昼休みのようです。

 

デカ過ぎ!

プーチンの残りが半分くらいになったあたりから、だんだんお腹が苦しくなってきました。

 

ポテトが予想以上にボリュームがあり、また、チーズもものすごい量が惜しみなく盛られているので、お腹にたまってくるのです!

 

最初はおいしく感じていたポテトも、時間と共に冷めてきて、チーズの味にも飽きてきてしまいました。

 

ふと隣を見ると、さっきの白人女性のプーチンも半分くらいに減っています。

 

その女性は雑誌を見ながら、変わらぬペースでプーチンをパクパク食べています。

 

負けてられん!!

 

日本では「やせの大食い」と言われることが多かった僕が、ここへ来て女性に負けるわけにはいきません!

 

僕は、またペースを上げてプーチンを食べ始めました。

 

ギブアップ!

ところが、全体の8割くらい進んだところで、僕のお腹は限界を迎えました。

 

あまりにボリュームがあり過ぎて、ウプッてきました。もう一本も食べたくありません・・・

 

ふと隣を見ると、さっきの白人女性が最後の一本を口に運ぶところでした。

 

なにぃーーーー!!

 

女性はあっさりと最後の一本を平らげると、涼しい顔をして紙皿をゴミ箱に捨てて去って行きました。

 

最初に見たときは、

 

「これがMサイズ?間違いじゃないの?」

 

と思いましたが、今はこれが欧米サイズではMで、女性でもちょうどいい量なのだと分かりました。

 

僕は素直にギブアップして、残ったプーチンごとゴミ箱に捨てて帰りました。

 

・・・つづく。

 

後日談:日本でプーチンに再会

僕がカナダから帰ってきてから何年かたった頃、日本のマクドナルドの社長がカナダ人女性に変わりました。

そして、そのタイミングでマックが出してきた新商品が、「プーチン」に似ていました!

 

商品名は、プーチンとは言っていませんでしたが、フライドポテトに味の濃いチーズがかかっているのを見て、僕はモントリオールで隣り合った、「プーチンをモリモリ食べていた白人女性」を思い出しました。

 

もちろん、日本のマックのプーチンはちょうどいいサイズでした。

 

グレイビーソースもかかっていないし、チーズも塊で乗っかっているわけではなく、溶けたヤツがかかっているだけだったので、軽めでサイドメニューにちょうどいい感じでした。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ