From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
※職場の先輩のFさんと一緒に「男2人でお台場ツアー」に出かけた時の話の続きです。
 
 
僕らはハイスピードでお台場エリアを周りながら、Fさんの「オススメデートスポット」を片っ端からメモっていきました。
 
 
Fさんはさすがに慣れているだけあってよく研究していて、彼女の性格や疲れ具合などによって違うコースを選べるように提案してくれました。
 
 
おかげで、Aプラン、Bプラン、Cプランの3つのバリエーションが出来上がりました。
 
 
素晴らしい!!
 
 
僕1人では絶対に作れないプランです。
 
 
それに、事前に「東京ウォーカー」などの雑誌で調べても、おそらくこんなにリアルに実感できなかったでしょう。
 
 
現場に行って、実際に目の前で体感しながらデートコースを練るという、Fさんの「オン・ザ・ジョブ・トレーニング」は、僕に自信をつけさせてくれました。
 
 
一通り「作戦ツアー」が終わったら、最後にFさんが言いました。
 
 
Fさん:「さて、じゃあ、帰る前に俺が前回あきらめたお店でおみやげを買っていこう。」
 
 
僕:「はい!行きましょう!」
 
 
Fさん:「ちなみに、今から行く店はおにーちゃんがデートする時にも入れるといいよ。あと、最初に誘う時にも使えるよ。
 
お台場にできた、今話題の新しいお店に行こう!
 
って言えば、きっと誘いやすいはず。」
 
 
僕:「そんなに話題になってるんですか!」
 
 
Fさん:「まあ、正確に言うとまだ話題になる前って感じかな。そのうちみんな騒ぎ出すと思うけど、まだ知らない人は多いよ。」
 
 
僕:「へぇ~!気になります!何てお店なんですか?」
 
 
Fさん:「それはね・・・シナボンだ!!」
 
 

シナボン

僕:「シナボン??何ですか?それは?」
 
 
Fさん:「おにーちゃん、シナモンの入ってるお菓子とか食べたことある?」
 
 
僕:「う~ん、あんまないです。シナモンの味自体がちょっと苦手かも。」
 
 
Fさん:「そうそう!男はシナモン苦手な人多いんだよね。でも、女子にはウケるんだよ!シナモンが!」
 
 
僕:「そうなんですか?!」
 
 
Fさん:「今から行くシナボンは、シナモンロールの専門店なんだよ。アメリカのシアトルで誕生して、今回は日本初上陸なんだって!」
 
 
僕:「アメリカから日本初上陸ですか!それは何だかスゴそうですね!それにしても、シナモンロールの専門店なんてあるんですね。」
 
 
Fさん:「ね!これは気になるでしょ?まだそこまで話題になってないけど、これからきっと来るよ!みんなシナボン、シナボン、騒ぎ出すよ!」
 
 
僕:「マジっすか!!そんなに話題になりますか?」
 
 
Fさん:「俺の予想では来るね!東京だけじゃなくて、全国の人達がシナボンを知る日が来るよ。女子に話したら、
 
キャッ!あのシナボン食べたんですか?私も食べたーい!こんど連れてって!
 
なんて言われる日が来るよ!」
 
 
僕:「スゴいですね!!じゃあ、俺たちはそのシナボンの超先取りができるってことですね!」
 
 
Fさん:「そうそう!だから今日からおにーちゃんは、女子に会う度に『シナボンって知ってる?俺食べたんだけど、すごくおいしいよ!』って言えるようになるよ。そしたら、話題先取り男になってモテモテだね!」
 
 
僕:「おぉ~これはスゴい!!世間で騒がれる前に食べて、あらかじめ周りに言いふらしておけば、いざブームが来たときに女子達から一目置かれるってことですね。」
 
 
Fさん:「そうそう!特に今回おにーちゃんが狙ってるMさんを連れてくれば、きっと感謝されるはず!」
 
 
僕:「おぉ~!!完璧な作戦ですね!これは!!」
 
 
Fさん:「でしょ?」
 
 

シナボン到着

そんな話をしているうちに、僕らはシナボンのお店に到着しました。
 
 
お店はそんなに大きなサイズではありませんでしたが、確かにたくさんの人が並んでいました。ほとんど女子たちです。
 
 
僕:「こ、これがシナボン!!」
 
 
ここに来るまでにすっかり教育されていた僕の目には、シナボンのお店がキラキラ輝いて見えました。
 
 
僕とFさんは列に並んで、順番が来るのをソワソワしながら待ちました。
 
 
Fさんも前回逃したシナボンを食べられるとあって、嬉しそうでした。
 
 
Fさん:「よし!お互い一個ずつ買って、店の前のフードコートのエリアで食べよう。俺は彼女におみやげで持ち帰り用にもう1個買うよ。おにーちゃんはMさんに会うのはもう少し先でしょ?」
 
 
僕:「はい、そうですね。まだ先です。」
 
 
Fさん:「そしたら、今日は自分の分だけ買って食べて、感想を伝えられるようにするのがミッションだ!」
 
 
僕:「分かりました!」
 
 
僕らは2人でワクワクしながら、自分たちの順番が来るのを待ちました。
 
 
このシナボンを食べる体験が、僕を「時流に乗ったイケてるモテ男」に変えてくれるかもしれません!
 
 
シナボンが自分の人生のゲームチェンジャーになるかも!
 
 
そんな期待に胸をふくらませていました。
 
 
・・・つづく。
 
※ブログ記事のジャンル別もくじは、こちらをクリック
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓