From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
僕の書いた本「やり直し英語革命」のレビューの続きです。
 
 
 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
前回の記事では、ガジェットの世界の速いスピードの変化を、コンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)の例でお伝えしました。
 
 
「ポケットに入るカメラ」としての地位を築いてきたコンデジの座は、今、スマホに取って代わられようとしています。
 
 
スマホのカメラのクオリティーが急速に上がってきたことで、コンデジを持ち歩く意味が薄れてしまったのです。
 
 
 

パソコンの座も脅かされている?!

さらに最近は、パソコンを持たない人も増えてきています。
 
 
スマホやタブレットの処理能力が上がるにつれて、パソコンでなければできないことが減ってきています。
 
 
ちょっと前には、「卒論をスマホで書いて提出する大学生が増えている」ということがニュースなどで話題になりました。
 
 
僕は先日、外出先での空き時間に仕事をするためにカフェに入ったら、びっくりする光景が目に飛び込んできました。
 
 
場所柄なのか、中にいたのは20代前半~半ばぐらいの若い人たちが多かったのですが、8割ぐらいの人たちが、1人で机の上で黙々と作業をしていました。
 
 
てっきりノートパソコンで作業をしているのかと思いきや、よく見ると全員タブレットで作業をしていました。
 
 
ダラダラとネットサーフィンをしている雰囲気ではなく、バリバリ作業をしている感じでしたが、使う道具はタブレットなのです。
 
 
店内を見回してみましたが、ノートパソコンを使って作業をしているのは、僕ひとりだけでした。
 
 
「こりゃ、ノートパソコンが姿を消す日が来るかもなぁ・・・」
 
 
そんな風に思いました。
 
 
 

英語学習アプリ

スマホやタブレットが進出しているジャンルは、もちろん英語学習も入ります。
 
 
単語帳アプリや、発音アプリ、辞書アプリなど、色んなタイプの英語学習アプリが出ています。
 
 
英語学習3種の神器である、
 
 
①電子辞書
 
②MP3プレーヤー
 
③小型スピーカー
 
 
の機能はすべて、スマホやタブレットで代用できます。
 
これらはすべて、アプリで代用できるのでしょうか?
 
 

電子辞書アプリ

電子辞書に入っているような専門の英語辞書は、今やスマホアプリにも揃っています。
 
 
ネットにつなぐタイプではなく、本体の中にデータとして入れられるので、オフラインでいつでもどこでも使えます。
 
 
アプリの価格は1冊5,000円前後で、辞書一冊あたりのコストは電子辞書に比べると高めです。
 
 
でも、ふだん使う辞書の種類はそんなに種類は多くないので、自分がよく使うトップ3の辞書アプリを買って入れておけば、十分足ります。
 
 
 

音楽プレーヤーアプリ

スマホやタブレット用の音楽プレーヤーのアプリは、スピードコントロールやAB区間リピートといった、英語学習者にとって必須の機能を100%備えているものもあります。
 
 
しかも、無料だったり、有料でも数百円レベルです。
 
 
ウォークマンなどのMP3プレーヤーに比べると、かなりコスパが良いです。
 
 
 

小型スピーカー

スマホやタブレットのスピーカーの音質は、年々進化しています。
 
 
小型スピーカーとほぼ同じ音量と音質で聞けるようになりつつあります。
 
 
そうなると、よほどの爆音で聞くことがない限り、スマホのスピーカーだけでこと足りてしまうでしょう。
 
 
英語学習3種の神器は、今後完全にスマホに代用されて、なくなってしまうのでしょうか?
 
 
次回は僕の予想をお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
 
※出版記念セミナー情報&お申込みはこちらをクリック
 
 
 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ