From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
・できるだけ短くてカンタンな例文を使って瞬間英作文トレーニングをしたい。
 
 
・でも、日常で使わないような表現やボキャブラリーの入っている例文はモチベーションが上がらない・・・
 
 
・いくら会話で使われている例文でも、若者が使うようなカジュアルな俗語は、自分の年齢では使いにくいし・・・
 
 
そんな悩みに応える瞬間英作文トレーニング用のテキストを、以前このブログ記事でご紹介しました。
 
 
それが、「コーパス口頭英作文」でした。
 
↓↓↓
 

 
コーパス口頭英作文 (CD BOOK)

 
(↑クリックするとAmazonの販売ページに行けます)
 

 

アメリカ人の日常会話データ

 
この本の特徴を一言で表すと、
 
 
「アメリカ人がふだん会話で使っている文型やボキャブラリーで作られた、瞬間英作文トレーニング用のテキスト」
 
 
です。
 
 
「コーパス」という言語データベースを使い、アメリカ人の会話データベースを抽出して、その中からさらに、
 
 
・会話で使われる優先順位の高い文型&ボキャブラリー
 
 
・カジュアル過ぎない表現
 
 
・話す人の年齢や場面を選ばずに使える表現
 
 
を厳選して、瞬間英作文トレーニングのテキストを作るという、画期的なアイデアの元に生まれた本でした。
 
この本は2人の先生の共著です。
 
 
・「会話に直結するテキスト作りのエキスパート」の浦島久先生
 
 
・コーパス会話データの分析&開発の専門家で、元NHKラジオ「基礎英語」講師の阿部一先生
 
 
の2人がタッグを組んで作った、渾身の一作でした。
 
 

前作は、紹介直後に廃版に・・・

 
ただ、初版が2007年の本だったので、僕がブログやYouTubeで紹介した直後に廃版になってしまいました。
 
 
アマゾンの在庫がなくなった後はプレミア価格がついて、元値の何倍もの値段になってしまいました。
 
 
せっかく良い本なのに・・・残念!!
 
 
と思っていたら、著者の浦島先生が出版社のDHCにかけ合って、改訂版が完成しました!
 
 
それが今回ご紹介する「話すための英作文1秒反射トレーニング」です。
 
 
タイトルも表紙の色も大きく改訂されて、キャッチーな雰囲気になりました。
 
 

タイトルがナイス!

 
前作のタイトルにあった「コーパス」というキーワードは、一部の英語学習者の間では有名です。
 
 
NHKの英語番組でも特集されているのを、何度か見たことがあります。
 
 
でも、まだ英会話を始めたばかりの方々にとっては、コーパスという単語は馴染みがないでしょう。
 
 
今回タイトルを大幅に変えたのは、良いアイデアだと思います。
 
 
もし、コーパスを知らないAさんと、知ってるBさんが会話したら、こんなやりとりが繰り広げられるでしょう。
 
↓↓↓
 
 
Aさん:「コーパスって何?」
 
 
Bさん:「実際にネイティブの間で使われている会話データだよ。」
 
 
Aさん:「その会話データは何のためにあるの?」
 
 
Bさん:「どんな英単語や英文が会話の中で使われているか?を知るためにあるんだよ。」
 
 
Aさん:「会話データを知ってどうするの?」
 
 
Bさん:「英語テキストを作る時に役立つよ。」
 
 
Aさん:「どんな風に役立つの?」
 
 
Bさん:「英語で話すために必要な単語や例文だけで作られた本が作れるよ。」
 
 
Aさん:「話すための英語の例文だけ?」
 
 
Bさん:「そう!話すための英作文が練習できるんだ。」
 
 
Aさん:「それって、めちゃくちゃ効率いいじゃん!」
 
 
Bさん:「でしょ?コーパスいいでしょ?」
 
 
というような会話の流れの中で行き着く、「コーパスって何?」という疑問に対するシンプルな答えが、「話すための英作文」です。
 
 
それが今回の改訂版のタイトルに入りました。
 
 
とても分かりやすくて良いと思います。
 
 
僕も自分の本を出版する時に、タイトル案を100本以上考えました。
 
 
タイトル決めは本当に難しくて、奥が深くて、面白いです。
 
 
今回のこの改訂版のタイトルを初めて見た時には、僕は「ブラボー!」と拍手してしまいました。
 
 

14年の時を経た会話データの変化

 
今回、僕が楽しみにしていたのは、前作と今作(改訂版)との収録英文の違いです。
 
 
人々の会話で使われる単語や言い回しは、時代と共に変化します。
 
 
一時的に流行って、その後は死語になっていくものもあれば、ずっと使われ続けるものもあります。
 
 
たとえば、昭和の時代によく使われていた「おニュー」「アベック」「ハナキン」などの言葉は、今ではほとんど使われていません。
 
 
一方で、同じ昭和時代に生まれた「オタク」という言葉は、今でも使われています。
 
 
さらに世界に広がって、外国でも「I’m オタ~ク~!」みたいに使われています。(ポジティブな意味です)
 
 
・時代の流れの中で淘汰される言葉
 
 
・時代を超えて使われ続ける言葉
 
 
コーパスの会話データを使うメリットは、この「時代の流れをデータで見れること」だと思います。
 
 
前作の初版が2007年なので、14年前です。
 
 
さすがに昭和と令和ほどの開きはありませんが、10年以上経てば、きっと話し言葉にも多少変化が出ているはずです。
 
 
前作を持っている僕にとっては、今回の改訂版との違いをじっくり見るのが楽しみです!
 
 
・・・つづく。
 
5月19日に発売された「話すための英作文1秒反射トレーニング」はこちら
↓↓↓
 

話すための英作文1秒反射トレーニング

(↑クリックするとアマゾンの販売ページに行けます)
 
※今回の新作テキスト「話すための英作文1秒反射トレーニング」を使った瞬間英作文セミナーをオンラインで開催します。(2021年6月13日(日)15:00~17:00)
 
詳しい情報&お申し込みはこちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓