【僕の最近の英語自主トレメニュー③ネイティブの先生をフル活用】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)

 

前回の記事では、僕が今自分のトレーニングに使っている英語の原書「The five Love Languages」の中に、聖書の引用や詩のような表現がたまに登場して、そこでつまずいてしまう・・・ということをお伝えしました。

聖書の原文をそのまま引用した英文の場合は、Google検索で引っかかることが多いです。

でも、聖書をベースにもじった表現や、オリジナルで書かれた詩のような表現は、そのままGoogleで検索してもヒットしません。

そんな時には、僕はまず、次のプロセスを踏みます。

↓↓↓

①とりあえず、そのまま音読をしてみる。

②音読を何度か繰り返す中で、急に構文が透けて見えたり、「あ!そういうことか!」と理解できることがある。

③それでもダメな場合は、ネイティブの先生に聞く。

という流れです。

②のステップで自分で分かっても、念のためネイティブの先生に確認することがあります。

ネイティブの先生は一発で分かることが多い

ネイティブの先生たちの多くは、聖書を読んだことがある人が多いです。

中には、僕の質問文を見て、聖書のどこから引用しているのか一発で分かる人もいます。

僕は驚いて、

「なんで一発で分かるの?聖書を暗記しているの?」

と聞くと、

「子供の頃から親や教会の牧師さんに聖書のストーリーを聞かされてたからね。」

と答える先生も多いです。

特に本に引用されたりもじられるような例文は、聖書の中でもみんな覚えてる有名な一節が多いそうです。

日本人にとっての「昔話」

ネイティブにとっての聖書のストーリーは、日本人にとっての「昔話」みたいなものなのかもしれません。

僕ら日本人は、

「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・」

という表現を聞くと、すぐに桃太郎を思い浮かべます。

でも、日本語を勉強しているネイティブが、

「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・」

という表現を聞いたら、きっとうろたえるでしょう。

「川で洗濯??どういうこと?」

と思うかも知れません。

しかも、昔話と分かっていたら、まだ「昔は洗濯機がなかったから、水のある場所の川で洗濯をしたのかな?」と予想がつきます。

でも、もし現代に書かれた日本語テキストの中に、引用やもじる形で、「川で洗濯~」という表現が出てきたら・・・

外国人の日本語学習者はすごい混乱するでしょう。

英語の文法や単語は、キリスト教とつながっている

英語の文法や単語は、キリスト教とつながっていることが多いです。

ネイティブが驚いた時に使う、「Oh, my god!」 という表現は、直訳すれば「おぉ!神よ!」です。

ここで言う「神」とは、キリストです。

キリスト教の文化は日本語に組み込まれていないので、僕ら日本人は驚いた時に「おぉ!神よ!」とは言いません。

一方で日本語には、「困った時の神頼み」といった表現はあります。

日本文化では、ピンチの時に頼る存在が神様なのかもしれません。

また、日本では全国の神社に色んな種類の神様がいる、多神教です。

このあたりの宗教文化の違いを知らないと、英語の本質はつかめないのです。

ネイティブの先生の価値

ネイティブの先生たちは聖書だけではなく、詩のような表現でもちゃんと理解できます。

日常会話の文法とは違うような表現が使われていても、一発で理解できるのです。

また、

・この表現が一般的かどうか?

・僕の今後の人生で会話相手から聞いたり、自分が使ったりする確率はどのぐらいありそうか?

・総合的に考えて、第2言語として覚える価値がある表現か?

などを質問しても、すぐに答えてもらえます。

これらの答えがすべて「NO」だった場合は、僕はその表現は捨てて、音読する時に飛ばすようにしています。

僕は最近、ネイティブの先生の価値を改めて見直しています。

自分でググッても調べようのないような疑問でも、ネイティブの先生に聞けばすぐ解決するのです。

もちろん、先生によっては文法的な解説が得意な人と苦手な人がいます。
僕はすでに文法解説が得意で先生を5人見付けてお気に入りに入れているので、この方法がいつでも使えます。

今の僕の音読用テキストを精読するためには、ネイティブの先生の存在は欠かせません。

 

・・・つづく
 
 
 
 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓