From  師範代Shinya(新村真也)

(※最近行ってきたカリブ海クールズ10日間の旅での体験談のシェアの続きです。)

(→前回のつづき)

僕と妻が行ってきた西カリブ海クルーズ10日間の旅では、次の8つのステップを通りました。

↓↓↓

①成田を出発

②アメリカのダラス空港で乗り換えてマイアミへ

③マイアミ空港付近のホテルに1泊

④マイアミ港からクルーズに乗船(5泊)

⑤メキシコの港で下船

⑥メキシコの現地ホテルに2泊

⑦メキシコの空港からダラス空港へ

⑧ダラスから成田行きの飛行機へ乗り換え

 

これだけのステップがあると、各ポイントで必ずと言っていい程、トラブルが起こります。

 

もしこれが、

 

①成田から直行便でクールズ乗船

②ずっと船上だけで過ごす

③下船してから直行便で成田へ

 

というシンプルなステップだったら、もしかしてトラブルは少ないかもしれません。

 

でも僕らには「飛行機乗り換え」という大きなミッションがありました。

 

これまで僕が海外旅行体験者の方々から聞いた話では、ほとんどの人が飛行機乗り換えでトラブルに遭遇しています。

 

「乗り継ぎ便を逃して足止めを食らった」

 

「予定していた便が遅れて、乗り換えに失敗した」

 

などなど。

 

そして、今回の僕らのケースも例外ではありませんでした・・・

 

ダラスで乗り換え

最初に成田を出発して、まずはアメリカのダラス国際空港に到着しました。

 

ここは出入りしている便がものすごく多いらしく、とにかく面積が広いです!

 

飛行機に乗るためのゲートが何十個もあって、各ゲートに移動するに徒歩では行けないくらいの広さがあります。

 

なので、各ゲートのエリア間の移動は、空港内を走るモノレールに乗っていきます。

 

幸い、僕らがダラスで乗り換える「マイアミ行きの飛行機」の便は、成田からの便の到着ゲートと同じエリア内にあるので、徒歩で移動できる「はず」でした。

 

ところが・・・

 

話が違う!

まず、空港に着いてから同じ「Cゲート」の中で乗り継ぎが完結すると聞いていましたが、到着したCゲートのエリアには、次のマイアミ行きの便が見当たりませんでした。

 

電光掲示板で確認すると、なんと「Aゲート」のエリアに変更になったようです。

 

そこで僕らは、モノレールに10分くらい乗って移動し、Aゲートに到着しました。

 

時計を見ると、まだ搭乗開始まで1時間くらいあります。

 

そこで僕は、ゲート前の通路を散歩することにしました。

 

成田からここダラスまで、約11時間のフライトをエコノミー席で過ごしてきた僕は、とにかく身体を伸ばして思い切り動かしたい気分でした。

 

また変更!

20~30分くらい歩いて身体がほぐれてきた僕は、妻がベンチで待っているAゲートに向かいました。

 

ゲートに着くと、他の乗客は誰もいなくなっています。

そして、妻がカウンターの人と話していました。

 

「ん?何かあったのかな?」

 

僕の存在に気づくと、妻が血相を変えて走ってきました。

 

妻:「またゲートが変わったんだって!こんどはDゲートに!!」

 

僕:「えーー!!マジ??あの電光掲示板が間違ってたってこと??」

 

妻:「あのときはその予定だったけど、また変わったらしい!」

 

僕:「マジかぁ-!!」

 

妻:「どうなることかと思った!私たち、やっぱり離れちゃダメだよ!今、館内放送で呼び出してもらおうかと思ってたんだから!」

 

僕:「え?その交渉をしてたの?英語で?」

 

(ちなみに、妻はほとんど英語がしゃべれません。ただ、学生の頃に中学英語はしっかり勉強したようで、基礎文法の知識はしっかりしています。)

 

妻:「My husband is lost.って言ったら、係の人に笑われた。でも、たぶん伝わったっぽい。」

 

僕:「そうか(笑)ニュアンスは置いといて、たしかに、言いたいことは伝わるよ。」

 

ちなみに、

 

My husband is lost.

 

の意味は、

 

「私の夫が迷子になっています。」

 

になります。

 

英語圏では主に子供に対して使われるので、これを聞いたネイティブの人の頭の中には、おそらく

 

「道が分からなくなって泣いている子供」

 

の姿が思い浮かぶはずです(笑)

 

それでも、とりあえず「夫がそばにいない」という今の状況は伝わります。

 

自分の知っている中学英単語と中学英文法を駆使して、しっかりと今の状況を的確に伝えている妻に関心しました。

 

またもやトラブル?!

とりあえずダッシュしながらまたモノレールに飛び乗って、急いでDゲートに向かいました。

 

なんとか時間通りに間に合った!と胸をなで下ろしましたが、搭乗口はまだ開いていないようです。

 

あれ?おかしいな・・・

 

人はたくさんいるのですが、みんな混乱している様子です。

 

とりあえず搭乗ゲートの前にたくさん人が並んでいますが、状況がよく分かりません。

 

電光掲示板には、僕らが乗る予定の10:25の便が表示されています。

 

今の時刻は10:05です。

 

あと20分で出発する計算です。

 

そして、掲示板には

 

「少なくとも20分前には搭乗をお済ませください」

 

と英語で書いてあります。

 

でも、搭乗口が開いているのかどうかも、ここからでは分かりません。

 

そもそも、この行列は何待ちなのか?

 

そこで僕は、カウンターにいる係員の人に聞きに行きました。

 

いいかげんな掲示板

僕:「10:25の便に乗りたいんですが、どこで待てば良いですか?」

 

係員:「ここでアナウンスがあるまで待っていてください。」

 

僕:「もう出発20分前ですけど、どうなっていますか?」

 

係員:「あの掲示板は間違っています。飛行機は遅れているんで、出発時刻はズレます。」

 

僕:「え?そうなんですか?いつ出発予定なんですか?」

 

係員:「分かりません。とりあえず今はアナウンスを待っていてください。」

 

そう言うと、係員の人はデスクを離れてどこかへ行ってしまいました。

 

う~ん・・・遅れてるなら、電光掲示板にそう表示して欲しいもんだ。

 

と思いながら、ベンチで待ちました。

 

その後、アナウンスが何度か流れましたが、フライトの予約を変更する人の名前を呼び出したりしていて、肝心な出発時間の情報が聞こえません。

 

係員のアナウンスはめっちゃ早口なのと、途中でマイクが切れたりして最後まで聞き取れないので、待っている間はかなりの集中力を要しました。

 

結局、10:25発の予定だったフライトは、11:00発に変更になりましたが、無事乗ることができました。

 

焦って移動したり、よく分からない状況で待たされたりで、僕と妻は、この時点でかなり意思の力を消耗して、グッタリしていました。

 

そして、無事乗り継いだ飛行機の4時間のフライトでは、また驚く経験をすることになりました・・・

 

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ