From  師範代Shinya(新村真也)

(最近行ってきたカリブ海クールズ10日間の旅での体験談のシェアの続きです。)

 

(→前回のつづき)

前回の記事では、僕が乗った飛行機の座席の表示に、

 

Fasten seat belt while seated.

(乗っている間はシートベルトを締めてください)

 

という文章があったことをお伝えしました。

 

これは、本来は、

 

Fasten your seat belt while you are seated.

 

というのが「正しい文法」です。

 

でも、英語圏の国の飛行機(アメリカン航空)でこの表現が使われているということは、「実際に日常で使われる表現」だということです。

 

TOEICテストの問題

僕が8年前にTOEICクラスを教え始めたとき、実はこの「while(~の間)」がよく問題に出ていました。

 

同じ意味を持つ「during(~の間)」との違いを問う問題がよく出たのです。

 

似てるけど違う

while と duging は、意味はまったく同じですが、使い方が違います。

 

さっきの例文で言うと、

 

He was sleeping while he was watching the movie.

 

He was sleeping during the movie.

 

という感じです。

 

意味はどちらも同じです。

 

「彼ったら、映画を見ている間、ずっと寝てたのよ!」

 

という意味です。

 

whileの後ろには文章を置きます。

 

duringの後ろには名詞を置きます。

 

duringを使った方が文章が短くなります。

 

なので、実際のネイティブの会話では、この内容を言うときには、duringの方がよく使われます。

 

TOEICの穴埋め問題では、

 

He was sleeping (   ) the movie.

 

という例文を見せてから、

 

さあ!この( )には、while と during、どっちが入るでしょう?

 

という問題がよく出たのです。

 

その違いを見極めるカギは、

 

「後ろに文章があるか?それとも名詞があるか?」

 

でした。

 

(この場合の正解はduringですね)

 

whileの新しい使い方

ところが、2年くらい前からこの定番タイプの問題に変化が起きました。

 

こんな例文が出てくるようになったのです!

 

He was sleeping (   ) watching the movie.

 

あれ??

 

後ろに文章が来ているわけでもない。

 

かといって、名詞が来ているわけでもない。

 

どっちだ?

 

分からーん!!

 

という感じで、受験者を混乱させる問題です。

 

迷った受験者の中で「文法ルールの知識」がある人は、こんな結論に達します。

 

「たしか、動詞をingにすると、動名詞とかいう名前になって、名詞扱いができるって学校で習ったぞ。

 

よし!ということは、このwatchingは名詞扱いすればいいから、正解はduringだ!」

 

みたいな感じです。

 

でも、実はこの問題、正解は「while」です。

 

duringの後ろには、純粋な名詞しか置けません。

 

なので、duringの後ろに動名詞を持ってくることはできません。

 

この文章の正体

実は、この文章は、

 

He was sleeping (   ) [he was] watching the movie.

 

がフルの長さです。

 

本来は、[ ]の中の he was が必要なのですが、文章の流れから明らかな時には、抜いてもOK!という新しいルールが生まれました。

 

これは、単に「面倒だから」という理由だと思います。

ネイティブの人たちがそういう言い方をするようになって、それがある程度の人数に広がって「一般的」と呼べる段階になったら、それが「文法ルールのスタンダード」になります。

 

 

時代の流れに合わせたテスト

そして、TOEICテストは、そういった

 

「時代の流れの中でスタンダードになった文法」

 

を敏感にキャッチして、問題文の中に織り交ぜてくるのです。

 

今回、僕が飛行機の中で見かけた、

 

Fasten seat belt while seated.

 

という一文は、まさにこの時代の流れを表していると言えます。

 

そして、僕が2年くらい前からTOEIC対策クラスで受講者の方々に伝えて続けてきた文法項目に「実戦の場」で出会えたことで、改めて、

 

「TOEICテストは実戦的な英語テストだ」

 

という確信を深めました。

 

・・・つづく。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ