スタートポイント

「いかがでしたか?」

ネイティブとの初めての英会話体験レッスンを終えた僕に、受付女性が聞いてきました。

僕:「あ、楽しかったです。緊張しましたが・・・」


「さっきのアンケート用紙ですが、ご住所と電話番号が抜けてたので、ご記入していただけますか?」」

僕:「あ、はい。」

(う~ん、電話番号か・・・適当にウソの番号書いといた方がいいのかな?後からしつこい勧誘の電話がかかってきたら、面倒だし・・・)と思いながら書きました。

「ちなみに、その番号、本物ですか?」

僕:「え??」

「けっこうウソの番号書く方がいまして。まあ、こっちからしつこく何度も連絡することはないんで、ウソの番号でもいいんですけどね(笑)」

僕:「なるほど!今、実はウソの番号書こうとしてました!」

「やっぱり!(笑)」

こんなざっくばらんなやりとりが続くうちに、僕はだんだん、次の英会話スクールを見学に行く必要性のなさを感じ始めていました。

 

どこも一緒?!

実は、僕はここへ来る前に、ネットでいくつかの大手英会話スクールを調べていました。

でも、時間がない中、いろんなスクールをハシゴして、時間の短い無料体験レッスンを受けまくっても、そんなに違わないんじゃないか?

きっと、どこも似たり寄ったりなんじゃないか?・・・そう感じ始めていました。

僕は仕事が週に1日しか休めないので、毎週行ったとしても、3~4つのスクールの中からひとつ決めるまでに、1ヶ月近くかかってしまいます。

それなら、今ビビっと来たここで決めてしまって、すぐ来週からでも通い始めた方がいいのではないか?

そんな風に思い始めました。

そして、僕はその日のうちに入学を決めて、契約書にサインしていました。

さっそく、次の週からのレッスンに参加することにしたのです。

 

結局、そのスクールのドアをもう一度開けて外へ出たときには、僕はその英会話スクールの生徒になっていました。

「あ~、きっと、半年後には、英語がペラペラになって、彼女もできて、イケてる自分になってるんだろうなぁ~」

・・・なんて、ウキウキしながら、クルマをとめた駐車場に向かって歩いていました。

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%97

その後、キビしい現実を思い知ることになるとは知らずに・・・

つづく。

英会話を始めるタイミングはいつがベスト?

「学生の頃から、もっとちゃんと英語をやってれば良かったなぁ。今から頑張っても、もう遅いですよねぇ・・・」

「英語しゃべれるようになったらいいなぁとは思いますけど、この年で始めても、たかが知れてますよねぇ・・・」


こんなセリフをよく聞きます。

興味はあるし、やってみたいとは思うけど、タイミングが遅すぎるのでは?と考えている状態です。

英会話に限らず、大人になってから何かを始めようとするときには、ほとんどの人たちがこの心理状態になります。

 

 

お年寄りの後悔

僕の大好きなベストセラー作家、本田健さんは、若い頃のこんなエピソードを本の中で紹介しています。

健さんは、お年寄りたちにインタビューして回り、

「人生で一番後悔していることは、何ですか?」

と聞いたそうです。

%e5%b9%b4%e5%af%84%e3%82%8a%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81

すると、お年寄りたちの答えには、ある共通点があることに気づきました。

「あのとき、なぜ自分の直感に従って、自分で会社を起こさなかったんだろう・・・」

「あのとき、なぜ思いを寄せていた女性に気持ちを伝えなかったんだろう・・・」

「あのとき、なぜ自分のやりたいことに一歩を踏み出さなかったんだろう・・・」


といった、「行動しなかった自分」に対する後悔が圧倒的に多かったそうです。

%e8%80%81%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%be%8c%e6%82%94

反対に、「あのとき、早まったことをすべきじゃなかった・・・」と後悔する人の数は意外なほど少なかったそうです。

 

今が一番若い

このセリフは、僕が18才の頃に通っていた極真空手の道場の先生がよく言っていました。

「道場に見学に来る人たちの中には、

『よく考えてから決めます・・・』

とか、

『もう年だからなぁ・・・』

とか言いながら、結局空手を始めない人が多い。
そういう人は、一度あきらめたと思ったら、来年もまた道場に見学に来る。そして、こんなことを言う。

『せめて去年から始めてれば、私も今頃はきっと・・・・』

人間は、過去には戻れない。だとすれば、自分の人生で一番若いのはいつか?それは今だよ。今が一番若いんだ。もし、今後の人生で、年齢のせいで新しいことに挑戦するかどうか迷ったら・・・今が一番ベストなタイミングだ!っ思いながら、色んなことを決断していってほしい。」

%e7%a9%ba%e6%89%8b

 

いつ英語を始めるべきか?

英語をやろうかなぁと迷っている人の中には、「もう、今の年齢で始めても遅いから・・・」と、無意識に「やらない理由」を探している人も多いです。

でも、そのセリフを言うだけで行動に移さなければ、空手道場の見学に来る人のように、来年の今頃、

「せめて去年から英語を始めていれば、私も今頃はきっと・・・」

と言っている確率が高いのです。

それを繰り返しながら年を取っていけば、本田健さんのインタビューしたお年寄りのように、「やらかなかったことを後悔する人」のひとりになってしまうかもしれません・・・

英語は空手と同じで、習得に時間がかかります。どうせ始めるなら、来年より今年、来月より今月、明日より今日始めた方が、「上達した自分に出会える日」も早くやってくるのです。

 

 

思い立った日が吉日

↑これは、僕の好きな言葉のひとつです。

国語辞典を引くと、こう書いてあります。

「何事かをしようという考えが起きたら、迷わず、その日を吉日としてすぐに実行するのがよい。暦を見て吉日を選ぶまでもなく、ただちに着手するがよい。」

僕は、この日に、他のスクールを見るまでもなく、ここにしよう!と決めました。ピン!ときたからです。
 %e3%81%b2%e3%82%89%e3%82%81%e3%81%8d%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a2

内側からわき起こってきた自分の直感を、信じることにしたのです。あの時の決断が、今の僕を作ってくれました。

もし、始めるのがあと1年遅かったら・・・僕は英語力を今ほど上げることはできず、仕事も今とはまったく違ったものになっていたはずです。

今こうして、ブログを書いていることもなかったでしょう・・・

僕の仕事についてのエピソードは、またこんど詳しくお話ししたいとと思います。

 

 

今日のあなたが、明日のあなたを作る

英語学習は、やろうと思えば今日からでもできます。必ずしも英会話スクールに通う必要はありません。スクールはあくまで、手段のひとつです。

本屋に行って、テキストを一冊買って開くだけでも、そこからあなたの英語学習は始まるのです。

今日のあなたは、過去の自分の行動の積み重ねでできています。

今日のあなたの行動は、未来の自分の一部を作ります。

今日から英語学習を始めること(あるいは久しぶりに再開すること)が、あなたの未来の人生にとってどんな意味があるか?

それは、だいぶ後になってみないとわかりません。

でも、数年後にあなたが自分の人生を振り返ったとき、

「あの日、英語を始めて良かったぁ!」

と、今日の自分に感謝している・・・そんな日がきっと来るでしょう。

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%92%e4%bf%a1%e3%81%98%e3%82%8b

人生の時間を戻すことはできません。僕らが一番若い時は、「今」なのです!

From Shinya  (英語の達人養成ジム 師範代)
こちらですアップ

自己紹介は、こちら