英会話スクールで出会った仲間、「ケイタ」とコンビを組むようになって、しばらくした時のこと。

「そろそろ、英会話スクールの先生以外のネイティブとも話してみるか!」

というノリになりました。

実は以前から、僕らが通っていた英会話スクールの近くに、

「外人バー」

があるという噂を聞いていたのです。

「外人バー」という言葉が適切なのか?

一般的かどうか?

は置いておいて、意味は、

「外国人がたくさん集まるバー」

と言う意味です。

その話は以前から知っていたのですが、初めて聞いたときには、僕はロビーでネイティブの先生と10分間話すだけでも、いっぱいっぱいの状態でした。

なので、僕はとてもひとりでは行く勇気はありませんでした。

でも、ケイタとコンビを組んだ今なら・・・行けるかも?!という自信が出てきました。

そのバーは、英会話スクールから歩いて10分くらいのところにありました。

お酒を飲めない僕は、それまで「バー」と呼ばれる場所に行ったのは、ネイティブの先生と行ったビリヤード場が初めてでした。

今回、僕らが行こうとしている「外人バー」は、

「外国人が経営していて、バーテンもお客さんも外国人」

という噂を聞いていました。

ケイタも僕も、「バー」と呼ばれる場所の雰囲気に慣れていないし、しかも、言葉も通じない確率が高い・・・行くには、かなりの勇気がいります。

その時点では、「外人バー」という響きから、

「身体がデカくて腕に入れ墨の入った、ムキムキの男たちが、大声で話しながら酒をガブガブ飲んで大騒ぎしている」

姿をイメージしていました。

「かなり危険な場所なのでは?」

「男だけで行っても、安全とは限らないのでは?」

と思い、ここは、丸腰で乗り込むのは危険か?

と考え、ケイタとファミレスに集合して、ふたりで「作戦会議」を開きました。

いつものように英会話で助け合うのはもちろん、もし、

「ボッタクリ」

だった時に備えて、いざという時のための

「戦闘プラン」

「緊急脱出プラン」

も練りました。

「北斗の拳」のケンシロウとレイがふたりで、キバ一族のアジトに乗り込んでいった時のように、背中合わせで立って、死角をなくして戦うプランを練りました。

そして、

「まあ、男ふたりなら、囲まれても全力で戦えば、なんとか逃げきれるっしょ!」

という結論に達しました。

 

僕の「対ネイティブ用秘密兵器」

僕はこのとき、ネイティブとのコミュニケーション手段として、ある「秘密兵器」を用意していました。

それは、「マジック」です。

マジックは、子供の頃から大好きでした。
小学生の頃、よく弟とふたりで、

「ナポレオンズ」

のマジックレクチャー番組を見て、練習していました。

小学生~中学生の頃は、習ったマジックをたまにクラスメイトや先生に披露していました。

大人になってからは、マジックからはしばらく離れていましたが、英会話を始めてから、

「ネイティブと英会話するきっかけに使えるのでは?」

と気づきました。

マジックは、誰が見ても不思議さが伝わるので、文化の違いを越えるような気がしていました。

そこで、英会話スクールに通い始めてからしばらくして、マジックの練習もまた始めました。

弟は社会人になってもずっとマジックを続けていたので、僕よりも知識と経験値がありました。

そこで、弟から、

「カンタンにできてウケのいいマジック」

をいくつか教えてもらいました。

そして次の3つのステップで練習しました。

① マジックで使う日本語のセリフを紙に書き出し、それを英語に書き換える。

② できた英語のセリフの紙を、英会話スクールのネイティブの先生に見せて、文法や単語のミスをチェックしてもらう。

③ できたセリフを何度も声に出して丸暗記する。

覚えやすくするために、セリフは一文をできるだけシンプルに、短くしました。

そして、トータル10個以下のセリフにしました。

こんな感じです。

難しい文法や、凝った言い回しは使わないようにしたので、何度か声に出せば、覚えられました。

「マジック」という、

「コミュニケーションの秘密兵器」

を手に入れた僕は、ケイタと一緒に勇気をふり絞って、外人バーに向かいました・・・

・・・つづく

P.S.
「対ネイティブ用秘密兵器」を、動画で楽しく学べるセミナーを作りました。よかったら、あなたも試してみてください。きっとウケますよ!

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)
自己紹介は、こちら
こちらですアップ
    
     
    
    
    
    
    
 

※ブログの「もくじ」は、こちら