【バーチャルな世界で英会話をする未来①】

from 師範代Shinya

最近、YouTubeで中田敦彦さんの動画を見ました。

「Web3.0とDAO」というタイトルの動画です。

英語学習の世界にも影響を与えそうな予感がしたので、シェアしますね。

中田さんの動画では、前後編合わせてトータル1時間以上かけて、お金やビジネスの仕組みが変わるところまで解説していました。

それを入れるとモーレツに長くなるので、英語学習に関係しそうな部分だけを抜粋します。

インターネットの世界では、これまでに大きな変化が2回起こっています。

1回目:Web 1.0 =パソコンの時代

2回目:Web 2.0 =スマホの時代

そして次に来るのが、

3回目:Web 3.0 =メタバースの時代

だそうです。

スマホの次に来るのが、「メタバース」というものらしいのです。

「メタ」という言葉は最近、何となく聞いたことがありました。

たとえば、Facebookの会社名が最近、「メタ」に改名されたり。

ニュースでその情報を聞いたときには、「メタって何?」とイマイチ分かっていませんでしたが、中田さんの動画を見て、何なのかが分かりました。

まずは、これまでの歴史を順番で見ていきましょう。

Web 1.0 =パソコンの時代

スマホが生まれる前のパソコンの時代は、インターネットにつながること自体が革命的でした。

この頃は、データは文字のやりとりがメインでした。

・Eメールで文字をやりとりする

・検索でWebサイトを閲覧する

・ブログを書いてウェブ上にアップする

など。

この頃は、まだパソコン上で動画を見たりするは、データが重すぎて実用的ではありませんでした。

写真でさえも、読み込むのに時間がかかっていた時代です。

ブログを書いて発信する作業も、まだごく一部の先進的な人達がやっている感じでした。

大多数の人達は、ネット上で「情報を見る側」だった時代です。

Web 2.0 =スマホの時代

スマホの時代になってからは、一気に世界が変わりました。

それまでWi-Fiのある場所でしか見れなかったインターネット情報が、いつでもどこでも、気軽に見れるようになったのです。

スマホ時代のデータのやりとりは、SNSがメインです。

SNSは、Facebook、インスタ、ツイッター、YouTube、LINE、ブログなどです。

文字だけではなく、写真や動画データも気軽に交換できるようになりました。

・LINEで家族や友達と、文字やスタンプのやりとり

・Facebookやインスタ、ツイッターなどを使って、文字だけでなく写真や動画で近況報告をアップ

・個人がYouTubeで自分の趣味や興味のある情報を発信する

などなど。

これにより、それまで情報発信を握っていたテレビや雑誌の影響力が薄れてきました。

地震や自然災害情報などは、テレビをつけるより先に、ツイッターでチェックする時代になりました。

その地域に住んでいる個人が、今の状況をリアルタイムでツイートしている内容を読んだ方が、より早く情報をゲットできるようになったのです。

また、若者のテレビ離れが進み、みんなスマホで動画を見る時代になりました。

テレビ局もその流れに対応して、今ではテレビ番組をスマホアプリで見れるようになっています。

昔はリビングで家族全員でテレビ番組を見ていましたが、今は個人が好きな動画をそれぞれ見るようになっています。

その結果、子供達の間で「見たいテレビ番組の奪い合い」が起きる光景も減りました。

英語学習にも変化が

さらに、この変化は英語学習の世界にも訪れました。

Web1.0までの時代は、英語学習者はテレビやラジオの前に座って、NHKの英語番組を見ながら、紙のテキストを開いて勉強するのが主流でした。

でも今は、スマホのアプリで勉強する人が増えています。

文字を書き込むのではなく、選択肢をタップするだけでボキャブラリーの練習ができたり。

ゲーム感覚で英単語を増やせるアプリがたくさん出ています。

また、スマホの録音機能を使って、自分の発音を録音して送信し、ネイティブの先生に添削してもらうアプリも出てきました。(以前ご紹介した「SpeakNow」のアプリ)

さらに、英会話もオンライン化が進み、今は外出先でスマホを使って英会話レッスンが受けられる時代になりました。

ふだんの勉強も、英会話レッスンも、全部スマホ1台で完結するようになったのです。

さらに、人によっては「英語を実際に使う場面もスマホで行う」という状況も出てきてます。

・Zoomで海外のクライアントとビジネスミーティング

・スカイプで海外の友達と楽しくおしゃべり

など、英会話もスマホやタブレット上で行われる時代になりました。

この変化は、とても大きいです。

Web1.0と2.0の間には、これだけ大きな変化の波があったのです。

そして今回、Web3.0=メタバースの時代がやって来ると言われています。

次回の記事では、メタバースのざっくり解説と、メタバースが英語学習界に与える変化の個人的な予想をお伝えします。

・・・つづく

 

—————————————

 
 
—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください