【英語の勉強が役立つ日は、ある日突然やって来る】

from 師範代Shinya

何のために英語の勉強をしているのか?明確な目的がない状態で続けていることに、後ろめたさを感じている人が、実はけっこう多いです。

仕事でバリバリ英語を使う環境にいる人には関係ない話ですが、そういう人は英語学習者全体の20~30%ぐらいだと思います。

僕の感覚では、70%以上の人は「楽しみで英語学習をしている」状況です。僕自身も、以前はその1人でした。

楽しみで勉強している時に、周りの人達から、

「英語なんて勉強しても、いつどこで使うの?」

と聞かれた時に、答えられないもどかしさを感じることがあると思います。

でも、「英語が必要になる場面」というのは、意外なタイミングで突然やって来ることがあります。

今回は、僕の最近のエピソードをシェアします。

仕事用のオンライン教材

僕がここ最近買った中で、一番満足している教材があります。

それは、ここ半年間、受講し続けているアメリカのオンライン教材です。
教材の内容は、英語教育ではありません。

テーマは、

「YouTubeチャンネルの伸ばし方」

です。

といっても、再生回数でお金を稼ぐ、いわゆる「ユーチューバー」ではなく、自分のビジネスを持っている起業家が、自社サービスを宣伝するための手段としてYouTubeを活用する方法です。

エンタメ系動画のように、過激なことをやって注目を集めるのではなく、役立つ情報を発信して信頼を得るのが目的です。

僕にとってYouTubeチャンネルの運営は、大事な仕事の一部です。

「YouTube動画を通じて師範代Shinyaの存在を知った」という方は、すごく多いからです。

この教材は、もともと僕が音読素材として使っていたアメリカのYouTubeチャンネル「Think Media」のショーンさんが作ったものです。

ショーンさんの話す英語は、僕の理想です。

僕が好きな北米発音で、とても滑舌が良く、しゃべり方も勢いがあってカッコいいので、いつも自分の英語発音のお手本にしています。(ついでにショーンさんは見た目もカッコいいです)

ガジェット系ユーチューバーで最も成功した中の1人

ショーンさんのYouTubeチャンネルのメインテーマは、僕が好きな「ガジェットレビュー」です。

カメラ、マイク、照明機材、タブレット、パソコンなど、僕が日常的に使っているガジェットのレビューを分かりやすくしてくれます。

ガジェットレビュー動画は正直マニアックなジャンルなので、エンタメ動画のように、たくさんの登録者数や再生回数を得るのは難しいです。

でも、ショーンさんのチャンネルは登録者200万人、人気動画は230万回再生を越える人気です。

おそらくガジェット系のYouTubeチャンネルとしては、世界でもトップクラスの数字だと思います。

そんなショーンさんが、「起業家のためのYouTube動画の作り方&チャンネルの伸ばし方」の教材を出したのです。

教材の形は、オンライン配信されるレクチャー動画がメインで、1回20分~60分ぐらいの長さの動画が、テーマ別に何十本も配信されます

僕はさっそくリスニングの練習も兼ねて、買ってみました。

音読が役立った!

ショーンさんの教材の動画には、日本語字幕はありません。

英語字幕すら出てきません。

つまり、完全に耳だけに頼る必要があります。(専門性の高い教材には、字幕が一切ないのが普通です)

でも、僕はこれまでに間にショーンさんのYouTube動画で音読を半年間、続けてきました。

ショーンさんの発音と話し方に慣れています。

おかげで、今回買った教材の動画のリスニング理解度は、90%以上でした。

音読やってて良かったぁ~!と思いました。

ショーンさんは滑舌は良いですが、基本は早口です。

音のつながりがスゴくて、長いフレーズをまるで1単語のように一息に言い切ってしまうことがあります。

僕はこの教材を妻のサヤと一緒に見ているのですが、サヤはよく「この一瞬で、これだけの内容をしゃべってるの?早口過ぎない?ぜんぜんそう聞こえない!」と驚くことがあります。

そんなショーンさんの話し方の特徴を、僕は受講前から半年間かけて分析していました。

YouTube動画には自動字幕機能があるので、ある程度は助けになります。

自動字幕機能でも読み取れなくて変な英文になっている部分は、オンライン英会話レッスンの時に先生に直接聞かせて、正確なセリフ文を教えてもらっていました。

僕はそうやって、コツコツとショーンさんの早口英語に慣れていったのです。

今勉強していることが役立つ日は、突然やって来る

あの半年間の音読トレーニングは、この教材を理解するためにあったのではないか?

と思えるほど、僕は今回の教材を高い精度でリスニングできました。

もし、あの半年間の音読期間がなくて、教材を買った後からショーンさんの発音に慣れようと思ったら、もっと理解に苦労していたに違いありません。

ショーンさんのYouTube動画を音読していた時には、もちろんこんな日がやって来るなんて、想像していませんでした。

英語力が必要になる日は、突然やって来ます。

そして、必要になってから焦って勉強し始めても、遅いのです。

僕たちが今、勉強している英語がいつ役立つかなんて、誰にも分かりません。

もしかしたら半年後、急に必要になるかもしれません。

英語は、自分の学びや活動の可能性を広げるツールです。

英語力を磨いておいて、損はありません。

次回の記事では、僕がショーンさんの教材から学んだ貴重な教えをシェアします。

 

・・・つづく

 

—————————————

 
 
—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください