From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
試合(英会話)の中で「話せる実感」を得るためには、2つのスキルが必要です。
 
 
相手が話している英語を「聞いて理解する力」と、自分が言いたいことをスムーズに英語に変換しながら「流ちょうに話す力」です。
 
 
相手が言っていることが理解できなければ、何て返せば良いのか分かりません。
 
 
相手が言っていることが分かっても、言葉が出てこなければ返せません。
 
 
「聞く力」と「話す力」、この2つが同時に機能した時に初めて、「話せたぞ!」という実感が持てます。
 
 
ここがポイントです。どちらか1つではないのです。両方が同時に機能した時にのみ、「話せる実感」が得られるのです。
 
 

「話せる実感」を左右する4つの条件

実は、「話せる実感」と「英語力の高さ」は必ずしもイコールではありません。たとえ英語力が同じでも、
 
 
・話の内容
 
・相手の話し方のクセ
 
・一緒にいる人(日本人)の英語力
 
 
などによって、「できた感」は大きく左右されます。その結果、
 
 
「昨日はすごく聞き取れたし話せたけど、今日はさっぱり聞き取れないし、自分が話すときも言葉が出てこない・・・」
 
 
「昨日は一緒にいる日本人の中で自分が一番話せてたけど、今日は周りの人たちにぜんぜんついて行けなかった・・・」
 
 
ということが起こります。
 
 
これは、今の実力に関係なく起こることです。初心者はもちろん、TOEIC900点を越える上級者にも起こります。
 
 
信じられないかも知れませんが、本当です。
 
 
僕の体験談をお話しします。
 
 

TOEIC950点以上&英検1級を取った後に味わった「話せる実感ほぼゼロ」

それは、僕が英検1級を取ってからしばらくした頃のことです。当時の僕は、目標を達成して自信に満ちていました。
 
 
TOEICも950点を超えていたので、「上位1%に入っている」という優越感もありました。
 
 
そんなタイミングで、当時勤めていた英会話スクールの講師研修に参加しました。
 
 
同じ会社の全国の先生たち(日本人&ネイティブ)を集めて行う、年に2回の研修です。
 
 
毎回、参加者は100名以上になる大規模な研修でした。
 
 
1テーブル6名ぐらいのグループに分かれてワークをするのですが、僕のテーブルは全体的に年齢層が若めでした。
 
 
①アメリカの大学を出たばかりの20代前半のネイティブ男性講師2名
 
 
②アメリカの大学卒の20代前半の日本人女性1名
 
 
③アメリカ在住歴の長い帰国子女の日本人女性講師1名
 
 
④40代ぐらいのアメリカ人ネイティブ男性講師1名
 
 
そして僕、という組み合わせです。
 
 
研修の内容自体はスムーズに進みましたが、昼休みになって、みんなでランチを食べに行こう!となった時に、それは起こりました。
 
 
④の中年アメリカ人男性は「俺はひとりで食べたい」と言ってどこかへ行ってしまいました。
 
 
その結果、僕が若いネイティブたち&若い日本人女性たちの中にたった1人放り込まれる形になりました。
 
 
年齢差は、おそらく10才以上ありそうです。
 
 
研修センターを出てからすぐに会話が始まり、レストランに着いてからも会話が続いていたのですが、僕には彼らの話す英語がまったく聞き取れないのです!!
 
 
彼らの会話を聞いていても、何のことを話しているのかまったく理解できないし、たまに話を振られても、まったく言葉が出てきませんでした。
 
 
「話せる実感」はほぼゼロです!!
 
 
僕の右横にいた、「大学を出たばかりのアメリカ人ネイティブ」は、やたらと僕に話を振ってきましたが、僕が話さない(話せない)ので、不満そうな表情で、
 
 
「シンヤはずいぶん静かなやつだな」
 
 
みたいなコメントをしました。
 
 
僕は心の中で、
 
 
「おまえらの話す英語が聞き取れんのじゃぃ!」
 
 
「何てコメントすればいいのか分からんのじゃぃ!」
 
 
と叫んでいましたが、こういう感覚は初めてではなかったので、表面的には冷静にやり過ごしました。
 
 
でも、心の中では葛藤が渦巻いていました。
 
 
「あ~、英検1級を取って自信がついたけど、またこういう目にあうとは・・・やっぱり、会話力と英語力はイコールじゃないんだな・・・でもやっぱ、ヘコむよなぁ・・・」
 
 
僕は、ほとんど話に参加していないにも関わらず、精神力を消耗して、ヘロヘロになりました。
 
 
昼休みなのに、エネルギー回復どころか、大幅に消耗してしまいました・・・
 
 

なぜ僕が、「話せる実感ゼロ」状態になったのか?

その理由は、さっきの3つの条件が大きく影響していました。
 
 
・話の内容
 
・相手の話し方のクセ
 
・一緒にいる人(日本人)の英語力
 
 
です。
 
 
今回の状況でこの3つが僕にどう作用したのか?を、次回の記事で詳しくお伝えしていきます。
 
 
・・・つづく。
 
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ