From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回の続き)
 
前回の記事では、ここ数年で新しく世界的に広まりつつある英単語「Vlog」の意味を紹介しました。
 
 
ひと言で表すと、「ビデオ版ブログ」です。
 
 
ブログ(Blog)は文字を書いてネット上に投稿するものですが、ブイログ(Vlog)は動画を撮影してネット上に投稿することです。
 
 
ユーチューバーのように、日常的に動画を投稿している人達のことを、「Vlogger(ブイロガー)」と呼びます。
 
 
「ユーチューバー」という言葉は、YouTube限定のイメージがあります。
 
 
でも、世界にはYouTube以外にもたくさんの動画配信サイトがあります。
 
 
海外ではYouTube限定で動画を出している人の方が少ないです。
 
 
そこで、海外では「YouTuber(ユーチューバー)」という言葉よりも中立的な言葉である「Vlogger(ブイロガー)」という言葉の方が浸透しています。
 
 
Vloggerの数は、毎年世界中ですごいペースで増え続けているそうです。
 
 

ソニーがVlogger向けのカメラを発売!

そして今年「世界のソニー」が、そんな世の中の流れに合わせて、新しく「Vlog専用カメラ」というジャンルを作りました。
 
 
正式名称は、「VLOGCAM ZV-1」です。CAMというのは、camera(カメラ)を短く発音したものです。
 
 

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

(↑クリックすると、アマゾン販売リンクに行けます)
 
 

ソニーのコマーシャル戦略

ソニーはこのVlogカメラ第一号をできるだけたくさん売るための販売プロモーションを、すごい手法でやってのけました。
 
 
発売日の1ヶ月前に、世界中の有名ユーチューバー&中堅ユーチューバーの人達に向けて、サンプル製品をバラまいたのです!
 
 
しかも「プレゼント」ではなく、「無料レンタル」という形で貸し出しました。
 
 
無料レンタルにした場合、商品をあげたり、紹介料を支払うなどの、モノやお金やりとりがありません。
 
 
モノやお金のやりとりがあった場合、YouTube動画ではそのことを知らせるテロップを入れなければなりません。
 
 
「この動画はプロモーションを含みます」
 
 
「この動画はソニーの提供でお送りします」
 
 
みたいな表記を入れるという決まりがあるのです。
 
 
それを見た視聴者は、「な~んだ、CMか!」となります。
 
 
もちろん、ユーチューバーの方も報酬を受け取っているため「良い所」しか褒めない傾向になりがちです。
 
 
そういうコマーシャル動画は再生回数が伸びづらいので、ユーチューバー側もオファーを受けることに慎重になります。
 
 

「無料レンタル」のパワー

でも今回ソニーは「無料レンタル」という手法を使いました。
 
 
その結果、このVlogカメラの紹介動画は「コマーシャル動画」のカテゴリーには入らなくなりました。
 
 
ユーチューバーの人達は、気兼ねなく自由に「良い点&悪い点」を正直に伝えることができます。
 
 
ユーチューバー目線で見ると、今回のソニーの無料レンタル企画は「レビュー動画を作るハードルが下がった」のです。
 
 

爆発的に認知度アップ!

ソニーから無料レンタルでVlogカメラを受け取ったユーチューバー達は、一斉に自分のチャンネルでこのカメラのレビュー動画を紹介し始めました。
 
 
海外には登録者100万人超えのガジェットレビュー系ユーチューバーがゴロゴロいます。
 
 
そんな人達が、世界中で一斉に動画を出し始めたのです!
 
 
しかも発売日の1ヶ月前から!
 
 
その結果、どうなったか?
 
 
僕が色んな国のユーチューバー達の動画を見た限りでは、大きく3つの効果が生まれました。
 
 
効果①商品の長所&欠点の両方が世界中にしっかり認知された。(信頼性)
 
 
効果②レビューした有名ユーチューバー自身がこのVlogカメラを1ヶ月間使う中で手放せなくなり、返却前に自腹で予約注文した。(中毒性)
 
 
効果③それを見た「駆け出しユーチューバー」の人達が、「○○さんが買う程なら、俺も!」と予約注文した。(影響力)
 
 
ソニーは、テレビCMを打つよりずっと安い予算で、ずっと効果的な宣伝をしたのです。しかも発売前に!!
 
 
・・・つづく。
 
 

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

(↑クリックすると、アマゾン販売リンクに行けます)
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓