From  師範代Shinya(新村真也)
 
英語の勉強法は、ネットや本屋さんで調べると、数限りなく出てきます。
 
 
そのすべてをやろうとしたら、時間がいくらあっても足りません。
 
 
あまりたくさんのメニューをこなそうとすると、やることだけが増えて混乱してしまい、肝心の結果がついて来ないことがあります。
 
 
でも、僕たち英語学習者が本当に欲しいのは「結果」です。
 
 
欲しい結果は、「TOEICの点数アップ」だったり、「英語を自由にしゃべれる力」ですよね。
 
 
その結果を手に入れるためには、実は必要な手段(やり方)はそんなに多いバリエーションは必要はありません。
 
 
むしろ、少ない種類の学習法を深くしていった方が、効率よく結果を手に入れることができます。
 
 
僕ら日本人が英語を第二言語として「使えるレベル」まで高めようと思った時に、絶対に必要になってくるトレーニング方法は、「音読系トレーニング」です。
 
 
 

声に出してナンボ

 英語はスポーツと同じで、身体を使うジャンルです。
 
 
「お勉強」ではありません。
 
 
もちろん、ルールを覚えるためにある程度の座学は必要ですが、それはあくまで準備に過ぎません。
 
 
英語は、「同じ英文を繰り返し声に出す」ことで、初めて「技術」として身体に沈み込んできます。
 
 
一度身体に沈み込んだ「技術」は、時間が経っても抜けません。
 
 
文字通り、「一生使えるスキル」になります。
 
 
 
#どんな力が欲しいのか?
 
僕がTOEIC300点レベルから975点レベルまで来れたのも、音読(声出し)トレーニングのおかげです。
 
もちろん、TOEICの点数を上げることだけに特化するならば、「問題集を解きまくる」という方法もあります。
 
 
もしあなたが、
 
 
「TOEICの点数だけアップできれば、それでいい。実際の英語力は関係ない」
 
 
というのでしたら、ここから先を読むのは時間のムダになってしまうかもしれません。
 
 
でも、もしそうでないなら、この先を読み進めてください。
 
 
 

会話で使えるレベル

 僕はどうせTOEIC高得点を取るなら、「会話で使えるレベル」まで英語力を高めたいと思っていました。
 
 
TOEICの点数は高いけど、しゃべりの方はサッパリ・・・なんて状態になったら、カッコ悪いなと感じていたからです。
 
 
なので、これまでずっと「音読系のトレーニング」を積み重ねてきました。
 
 
 

音読系トレーニング3種類

 英語を声に出して読み上げる音読系トレーニングは、ネットや本屋さんで調べると色んなバリエーションがあります。
 
 
でも、本当に必要なものは決して多くはありません。
 
 
バリエーションは、大きく分けて3種類しかありません。
 
 
①オーバーラッピング&シャドーイング
 
②音読(素読み)
 
③リピーティング
 
 
の3つです。
 
 
 

異議あり?!

 音読トレーニングに詳しい人なら、僕の分け方を見て、
 
 
「異議あり!!オーバーラッピングとシャドーイングは、ぜんぜん違うじゃないか!
 
 
そもそも声に出すタイミングが違うし、テキストを見るかどうかも違うし!」
 
 
と思ったかも知れません。
 
 
でも、僕の中では、オーバーラッピングとシャドーイングは、「同じ目的を持っている」という点で共通しています。
 
 
英語トレーニングをする時には、「何のためにこれをやっているのか?」という目的意識が大事です。
 
 
それがないと、単に「トレーニングメニューをこなすこと」自体が目的になってしまいます。
 
 
すると、どんなにやっても望んだ結果が得られないかもしれません。
 
 
だから、「今自分は、このトレーニングを何のためにやっているのか?」ということを意識しながらやる必要があるのです。
 
 
 

それぞれの目的

 詳しくは個別に見ていくとして、もう一度さっきの3種類を並べると、
 
 
①オーバーラッピング&シャドーイング
 
②音読(素読み)
 
③リピーティング
 
 
となります。
 
 
この3種類トレーニングのそれぞれの目的は、
 
 
①オーバーラッピング&シャドーイング=ネイティブのスピードとリズムを体得すること
 
 
②音読(素読み)=気持ちを込めて、自分の言葉としてしゃべれるようにすること
 
 
③リピーティング=これまで①&②で刷り込んだ英文が、ちゃんと「技術」に変わっているかどうか?をチェックすること
 
 
です。
 
 
この3つの目的を達成するために、3種類の音読トレーニングがあります。
 
 
この3つは、「組み合わせること」で爆発的な効果を発揮します。
 
 
でも、それぞれを単体だけでやっても、「頑張ってる割にはあまり効果がないなぁ・・・」という状態になってしまうことがあります。
 
 
次回から、この3種類のトレーニング法の詳しいやり方と、「みんながハマりやすい落とし穴」を解説していきます。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ