From  師範代Shinya(新村真也)
 
(※僕が英会話スクール講師に転職してからの体験談です)
 
(→前回のつづき)
 
 
TOEICの点数がなかなか上がらない「中上級者のカベ」を初めて経験した後、僕は1年の「リーディングトレーニング期間」を作りました。
 
 
その間は一度もTOEICを受けませんでした。
 
 
1年間蓄えた力を、本番のテストで一気に爆発させる作戦でした。
 
 
でも、当日はなんだか「やったるぞー!!」というような気分ではありませんでした。
 
 
カッコ良く言えば亜、「悟りを開いたような気分」になり、結果への執着がなくなりました。
 
 
カッコ悪く言えば、「どうでも良くなった」感じです。
 
英語学習がどうでも良くなったのではありません。
 
 
TOEICの点数という「結果」がどうでも良くなったのです。
 
 
(そりゃ良い点を取りたいけど、たとえ点数が上がらなくても、自分の英語力は上がってると感じてるから、まあいいや)
 
 
という気分です。
 
 
そして、1ヶ月後、スコア表が送られてきました。
 
 
その結果は・・・
 
 

ドキドキの結果

 
なんと!915点!!
 
 
ついに900点を超えました!!
 
 
内訳を見ると・・・
 
 
 
リスニングは、480点。
 
 
自己ベストを10点更新しました。
 
 
リーディングは435点。
 
 
大幅アップ!とまではいきませんが、どちらも、過去最高得点です。
 
 
こちらは自己ベストを35点更新しています。
 
 
リスニング&リーディング共に地味に上がった点数が組み合わさって、トータルでは「900点台」という派手な結果につながりました。
 
 
 

細かく見ると・・・

TOEICというのは、トータル点数だけ見ていても、あまり読み取れる情報は多くありません。
 
 
下の方にある細いバーを見ると、色んな事が見えてきます。
 
 
ステータスバーを細かく見ていくと・・・
 
 
  
リスニングはミスしている箇所がけっこうあります。
 
 
リーディングもけっこうバラつきがありますね。
 
 
「こんな感じでも、TOEICで900点を越えられるんだ!」
 
 
という、新しい発見がありました。
 
 
なんとなく、「TOEIC900点台」と聞くと、ほとんどミスのない完璧な状態に近いイメージがありました。
 
でも、こんな風に各ゲージがバラバラでも、それなりに点数は出るようです。
 
 
 

上に行くほど、点が上がりづらくなる

今回は、結果にこだわらずに受けたのですが、それにしても、これまでの自己ベストの870点から915点になるまでに、かなりの期間を要しました。
 
 
トータルで約2年間です。
 
 
この2年間のうち最初の1年間は、トレーニングの教材を復習にとどめて負荷を軽くしていたので、まあ仕方ないとして、それを考えても、「丸1年で45点アップ」です。
 
 
それまでの上昇ペースに比べると、かなりゆっくりした上がり幅です。
 
 
振り返ってみると、僕が音読トレーニングとイメージ英文法に出会ってから、割と短期間でTOEICの点数が上がりました。 
・1年半後に650点
 
↓↓↓
 
・その3ヶ月後に735点(85点アップ)
 
↓↓↓
 
・その6ヶ月後に870点(135点アップ)
 
 
最後の135点アップは、カナダ留学3ヶ月を含んでいるので、その効果もあるとは思いますが、ここまでは快進撃です。
 
 
続いて、帰国後は、 
・それから1年後に855点(15点ダウン)
 
↓↓↓
 
・そのさらに1年後に915点(60点アップ)
という感じです。
 
 
 

上級者のカベ

おそらく、これは英語学習に限らず、すべてのジャンルに言えることかもしれません。
 
 
初心者の頃には、上達の要素は2つしかありません。
 
 
・「正しい上達メソッド」知ること
 
 
・それを毎日実践する行動力
 
 
 
この2つさえあれば、かなりのスピードで上達します。
 
初心者の頃は、すべてが初めてなので、吸収スピードも速いです。
 
 
でも、上に行けば行くほど、
 
 
「まったく同じトレーニング量でも、上がり幅は小さくなる」
 
 
という現象が起きます。
 
 
これが上級者のカベです。
 
 
この時期は、けっこう苦しいです。
 
 
それまで快進撃で続いてきた人ほど、ここで自信を失いやすく、苦しみは倍増します。
 
 
僕の場合は、今回はとりあえず「900点台」というひとつの節目を超えたので、ホッとしました。
 
 
 

続行!

ここで結果に満足して英語トレーニングを止めてしまう人も多いのですが、僕の場合は、この時点ではもう、TOEICの点数はどうでも良くなっていました。
 
 
英字新聞を毎日読むことで、自分のリーディングのスピードが上がってくのが楽しくなっていました。
 
 
また、この頃から、「英語で情報を取れることのメリット」を感じ始めていました。
 
 
音読トレーニングは相変わらず続けていて、僕の手持ちボキャブラリーは、ゆっくりペースながらも着実に増えていました。
 
 
ふつう、TOEIC900点を越えたら、「TOEICの点数を上げろ!」という外部からの圧力(会社の昇進基準など)はなくなります。
 
 
なので、TOEIC900点を越えても、英語学習を続ける人は、「マニア」だと思います。
 
 
僕は、自分が「英語マニアの道」へと進み始めているのを感じました・・・
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ