前回の記事では、「モチベーションが落ちるメカニズム」についてお話しました。

キーワードは、

「意志の力」

です。

意志の力は、上限を伸ばすことができません。

でも、消費量を抑えることで、温存することができます。

英語学習が長く続く人、結果の出せる人は、この「意志の力」の消費量をうまく抑えることで、モチベーションを高く保っているのです。

では、人間はどんなときに意志の力を消費するのでしょうか?

研究によると、こんなときに人間は意志の力を消費するようです。

 

意志の力を消費する3つの状況

① 生理的欲求を抑えているとき

あなたは、朝食を抜くタイプですか?それとも、しっかり食べる派ですか?

実は、朝食を抜く人は、それだけで意志の力を消費するそうです。

たとえ自分では空腹感を感じていなくても、身体がエネルギー補給を求めている状態で仕事をすることは、無意識に「意志の力」を消費するのです。

また、ダイエット中の人が、目の前に甘いお菓子を出されて、それをガマンするのも、意志の力を消費します。

はじめからお菓子に近づかなければ、意志の力は消費されません。

おそらく、この「欲求を抑える」ことが意志を力を使うという事実は、あなたも想像できると思います。でも、ここから先は、意外に思うかもしれません。

 

② やるか?やらないか?を決断するとき

「今日やろっかなぁ~」

「やっぱ、明日でいっかな~」

こんな風に考えることって、よくありませんか?

実は、この迷っている最中にも、意志のパワーを消費しているらしいのです!・・・

 

③ 「何をしようか?」を決めるとき

「よし!やるぞ!」

と決めた後も、

「じゃあ、何やろう?」

と考えていると、それだけで意志の力を消費していきます。

「決める」という作業は、僕らが想像している以上に、脳に大きな負担をかけています。

そして、「意志の力」は確実に減っていきます。

つまり・・・

②と③の「迷っている」プロセスが長いと、実際に英語のトレーニングを始めた頃にはもう、「意志の力」を使い果たしている・・・なんてことになりやすいのです!

すると、トレーニングそのものに集中できず、効率の悪い状態になってしまいます!これでは、

「無理してがんばっている感」

があるものの、それに反比例するように、成果はほとんど出ません。

すると、

「こんなにガンバっているのに、効果が出ない」

という不満を感じるようになります。

そして、遅かれ早かれ、

「やっぱり、俺には英語の才能がないんだ・・・」

「やっぱり私は、続ける意志が弱い人間なんだ・・・」

と、自分で結論づけてしまうのです!

本当の問題の原因は、そこじゃないのに!!

これって、もったいないと思いませんか?

 

じゃあ、どうすればいいのか?

まず、①に関しては、「お腹がすいているときに英語トレーニングをしない」、というのがいいと思います。食後だと眠くなってしまうようなら、眠気をガマンしながら英語をやるより、軽く仮眠を取って身体の欲求を満たしてから英語トレーニングに向かう方が、意志の力を温存できます。

また、英語トレーニングに向かおうとするたびに、毎回②と③を繰り返していては、意志の力を無駄遣いしてしまいます。

そこで、意志の力を温存するための

「科学的なアプローチ」

が必要になってきます。

それが、この手法です。

 

アメリカでの実験結果

アメリカで、こんな実験が行われました。

Aグループの人たちに、こんな指示を与えます。

「来週中に、少なくとも1度は、20分間の運動をしてください。」

そして、実際に実行した人の数を調べました。

その結果・・・果たして、何パーセントの人が、実行したと思いますか?

少し考えてみてください。









はい!時間になりました!

答え: 運動を実行したのは、わずか29%でした。

一方、Bグループの人たちには、こんな指示を与えました。

「来週の水曜日の午後8時に、20分間、家の前をジョギングしてください。」

そして、実際に実行した人の数を調べました。

その結果・・・果たして、何パーセントの人が、実行したと思いますか?

また少し考えてみてください。









はい!時間です!

答え: 実行したのは、なんと91%でした!

この差は、どこから生まれたのでしょうか?

Aグループの人たちは、毎日、

「今日、運動しよっかな~」

「まあ、明日でもいっかな~」

と考えながら、意志の力を消費していました。

そして、

「よし!やろう!」

と決めた日も、

「運動か・・・20分間も何しよう?」

と考えているうちに、意志の力を使い果たし、

「ま、いっか、また明日で!今日はもう遅いし!」

となる状態を、毎日繰り返していたのです。

一方、Bグループの人たちは、やるべきこと&スケジュールすべて事前に決まっていたので、それを実行するための「意志の力」が大幅に引き下げられました。

だから、

「運動を実行すること」

そのものに意志の力を使うことができたのです。

 

英語トレーニングも同じ

あなたの英語学習でも、同じ手法が使えます。それは、

『あらかじめ決めておく』

ことです。

「あらかじめ、英語トレーニングをやる時間とメニューを、先に決めておく」

だけでいいのです。

そうすれば、英語トレーニングに必要とする意志の力が引き下げられて、続けやすくなります。

次回は、「英語トレーニングメニューを決めるときのちょっとしたコツ」をお伝えしますね。 

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)
こちらですアップ
 
 

自己紹介は、こちら

※もくじは、こちら