From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
(→前回のつづき)
 
 
どんなマシンにも残念ポイントはあります。
 
これは「色んな教科の辞書をバランス良く収録」している高校生モデルの宿命とも言える部分ですが、収録されている英語系の辞書そのものは、ハイレベルではありません。
 
 
高校生の目的は、大学受験に合格することです。
 
 
センター試験で良い点を取ることが大きな目標になります。
 
 
センター試験の英語の語彙レベルは、約6,000語です。
 
一方、英検準1級の問題の語彙レベルは、約7,500語です。
 
 
英検1級は1万5,000語です。
 
 
合格するには、センター試験の2倍くらいの語彙レベルまで引き上げる必要があります。
 
 
この辞書には、そこまでのハイレベル語彙をカバーする辞書は入っていません。
 
 
 

英語系の辞書

 
この高校生モデルの英語系辞書は、
 
・ジーニアス英和辞典
 
・ウィズダム英和辞典
 
・ベーシックジーニアス英和辞典
 
・オックスフォード現代英英辞典
 
・ロングマン現代英英辞典
 
・ジーニアス和英辞典
 
・ウィズダム和英辞典
 
・英語類語辞典
 
 
です。
 
あとの英語系テキストは、英検やTOEICなどの問題集になります。
 
 
(TOEICは500点レベルまでのテキストしかありません)
 
 
この辞書ラインナップだと、英検1級を目指す人にはちょっと物足りない印象です。
 
 
僕自身も英会話を始めたばかろの頃は「ジーニアス英和辞典」を使っていましたが、英検2級に合格した後から、「ジーニアス英和『大』辞典」を使い始めました。
 
 
 

大辞典の違い

 
同じジーニアスでも、ふつうの辞典と大辞典では、大きな違いがあります。
 
 
まず、収録語数の違いです。
 
 
ふつうの辞典の収録語数は、10万5,000語です。
 
 
大辞典の収録語数は、25万5,000語です。
 
 
約2.5倍です。
 
 
僕が英検1級を勉強中に大辞典で調べて、出てこなかった英単語はほとんどありませんでした。
 
 
 

語源学習法

 
さらに、重要ポイントがもうひとつ。
 
 
大辞典には、「語源」が載っています。
 
 
語源というのは、英単語を構成する小さなパーツの意味のことです。
 
 
たとえば、
 
 
promote 
 
 
という英単語があります。
 
 
意味を調べると、「昇進させる」「販売促進する」「事業を主催する」など、色々出てきます。
 
 
一見、つながりのない意味のように見えます。
 
 
でも、語源学習法を使うと、これらの意味につながりが見えてきます。
 
 
pro = 前
 
mote = 動かす
 
 
です。
 
 
promote = 前へ動かす
 
 
という意味なのです。
 
 
もし、「会社が従業員を前に動かした場合」は、「昇進させる」になります。
 
 
「商品を前に動かした場合」は、「販売促進する」という意味になります。
 
 
「事業を前に動かした場合」は、「主催する」という意味になります。
 
 
このように、「promote」という英単語を「コアのイメージ」で捉えることで、「何を前に動かすか?」という視点で見られるようになります。
 
 
すると、いちいち細かい日本語訳を考えなくても、意味がスーッと取れるようになるのです。
 
 
これが、語源学習法です。
 
 
ちなみに、語源のパーツの意味は、どんな英単語の中で使われても変わらないので、一度覚えてしまえば、知らない英単語の意味もかなりの高確率で予測できるようになります。
 
 
さっきの例で言うと、
 
 
prospect = pro(前を)spect(見る)=意味:見通し、可能性
 
 
protest = pro(前で)test(証言する)=抗議する
 
 
などなど・・・便利です!
 
 
ジーニアス英和大辞典には、この「語源」が載っています。
 
 
しかも、25万語レベルで語源を知ることができます。
 
 
これが、大辞典のメリットです。
 
 
 

後から追加もできる

 
ちなみに、カシオの電子辞書は、後からコンテンツをデータで追加できます。
 
 
ジーニアス大辞典のデータは、ランダムハウス大辞典との2冊セットで1万4,000円で買えます。(1冊ずつの購入はできないようです)
 
 
ちょっと高いかもしれませんが、新しい電子辞書を買い増すよりは、安く済みます。
 
 
僕も、プロフェッショナルモデルを買う前は、必要な辞書データを追加で買って自分用にカスタマイズしていました。
 
 
#英検合格を目指す人には投資価値アリ
 
以上、3回に渡って「カシオの電子辞書エクスワード高校生モデル」をレビューしてきました。
 
 
もしあなたが、いつか英検1級まで取ってみたい!と思っていて、まだ過去問題集を買っていない状態なら、この電子辞書の内容は、「買い」だと思います。
 
 
↓↓↓
 
「カシオ電子辞書 EX – WORD 高校生モデル XD-Z4800」
 

カシオ エクスワード XD-Zシリーズ 電子辞書 高校生モデル 209コンテンツ収録 ブラック XD-Z4800BK

 (↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ