From  師範代Shinya(新村真也)
 
(※今日の記事は、英語学習とは直接関係ありません)
 
以前の記事で、「ネオジオミニを買うことで少年時代の夢を叶えた」というお話をしました。
 
 
これが思った以上に反響がありました。そして最近、またひとつ少年時代の夢を満たすことができたので、お伝えしようと思います。
 
 
僕がTVゲームに目覚めるさらに前の頃・・・小学校3年~6年生ぐらいまで間のこと。
 
 
日本に、空前の「エアーガン」ブームがやってきました。エアーガンというのは、おもちゃの銃です。
 
 
エアーガンは、それまで僕が持っていたおもちゃの銃とは違いました。その違いは、「飛ばす球の威力」です。
 
 
当時僕が持っていたおもちゃの銃は、銀色の小さな球をバネの力で飛ばす仕組みでした。
 
 
子供向けなので、飛ぶといっても、せいぜい2~3メートル先まで「ポコン!」と飛び出すぐらいです。
 
 
当たっても、たいして痛くありません。
 
 
ところが、エアーガンは、まったく別次元の銃でした。
 
「BB弾」と呼ばれる、小さなプラスチック製のボールを飛ばすのですが、その動力が、「空気」なのです。
 
 
使う部品自体はバネなのですが、バネの力で空気を圧縮して、その圧縮空気を一気に解き放つことで、勢いよくBB弾が飛び出す仕組みなのです。
 
 
その飛距離は40~50メートルはありました。学校の50メートル走のスタート地点からゴール地点まで一瞬で届いてしまうのです!
 
 
この威力は、銀色の球を飛ばすオモチャ銃とは大違いです!
 
 
エアーガンは、BB弾の飛ぶ距離(威力)に応じて、買える対象年齢が制限されていました。
 
 
たしか、BB弾が飛ぶ距離が20~30メートル以上が10才以上で、40~50メートル以上が18才以上という感じだったと思います。
 
 
そして、空気の力だけではなく、圧縮ガスの力を使ってBB弾を飛ばす「ガスガン」と呼ばれるジャンルも登場しました。
 
 
ガスガンは威力が強すぎる上に、引き金を引くだけで何発も連射ができるので、エアーガンに比べて危険度が高いです。
 
 
そこで、ガスガン自体が18才以上の人しか買えないルールになっていました。(今でもそうだと思います)
 
 

クラスの男子の間で大ブーム!

エアーガンは、当時の10代~20代男子の心をわしづかみにしました。
 
 
当然、僕のクラスの男子達も、こぞってエアーガンを買いました。
 
 
放課後になると、自分たちの自慢のエアーガンを持ち寄って、「的打ちごっこ」や、「サバイバルゲーム」をやっていました。
 
 
サバイバルゲームというのは、目を保護するゴーグルをかけて、実際に打ち合うというゲームです。
 
 
小学生がやるにはかなり危険ですが、当時は今のように取り締まる法律もなく、ふつうに公園で的打ちごっこやサバイバルゲームをやっていました。
 
 

借りて楽しむ

ここでも僕は、ゲームと同じように「友達の買ったエアーガンを見せてもらう側」でした。
 
 
当時、エアーガンはとても高価でした。僕の家はおこづかい制ではなく、「家事を手伝うことで労力に応じた報酬をもらえる」仕組みでした。
 
 
どんなに頑張って大量の家事をこなしても、1回で稼げるのは200~300円程度です。
 
 
小学生の忍耐力では、エアーガンを買える金額になるまで労働&貯金し続けるのにはさすがに無理があります。
 
 
そこで僕は、エアーガンを買うのはあきらて、友達の自慢のエアーガンを撃たせてもらうことで欲求を満たすことにしました。
 
 

楽しい射撃

クラスメイトは、エアーガンを買ったばかりの頃はあまり僕に触らせてくれませんでした。
 
 
でも、しばらくして飽きてくると、僕が触れる時間が増えました。BB弾で的を撃つのは、とても楽しい遊びでした。
 
 
これほど楽しかったのはおそらく、子供とはいえ生まれた時から男脳に埋め込まれた「狩りをする本能」が満たされたからだと思います。
 
 
 

飽きる

当時のエアーガンはライフルやショットガンなどの「長物」が主流で、子供にとっては扱いにくく、かさばるサイズでした。
 
 
なので、何発か撃たせてもらった後は、「こりゃ、家にあったら置く場所に困るし、ジャマだな」と思って、興味を失いました。
 
 
当時僕が持っていた、ハンドガンタイプのおもちゃの銃(銀玉を飛ばすやつ)の方が、子供の手には扱いやすかったのです。
 
 
ところが!!一度落ち着いた僕の心を大きく揺さぶるような「第2の大きなブーム」がやってきました!!
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ