From  師範代Shinya(新村真也)

この時期になると、セミナーでよく聞かれる質問があります。それは、

「花粉症って英語で何て言うんですか?」

という質問です。僕自身も花粉症で毎年かなりひどい症状に悩まされるので、英語でネイティブの同僚や友達に説明することがよくありました。

花粉症を英和辞典で引くと、

hay fever

と出てきます。

hay = 干し草

fever = 熱

です。

干し草熱?!・・・なんかちょっと違いますよね。

僕の経験上、日本に長く住んでいるネイティブには、hay fever は通じます。

でも、日本に来たばかりのネイティブや、自分が海外に行ったときに現地の人に、

I have a hay fever!

と言っても、通じません。

なぜなら、海外では花粉症は一般的に知られているものではないからです。

アレルギー体質の人たちは日本と同じぐらいの割合でいますが、日本の花粉症のように、

「みんなが同じ時期に、いっせいに同じ症状で悩まされる」

という現象は珍しいようです。

おそらく、日本のように狭いエリア内で同じ種類の木(杉)の花粉が大量に舞う国は少ないと思います。

なので、「花粉症 = hay fever」 のように、ひと言で表そうとするよりも、

I am allergic to pollen.

(私は花粉に対してアレルギーがあります)

と言った方が、広く通じやすいです。

 

まぶたが腫れた!

そんな花粉症ですが、僕は今年、初めての症状に悩まされました。

それは、「まぶたの腫れ」です。

僕は毎年、2月の上旬~半ば頃には病院に行って花粉症の薬(アレグラ)をもらって飲みます。アレグラは、2週間ぐらいすると効き目を発揮し始めるので、早めの対処が大事なのです。

ところが今年は2月にラスベガスに旅行していたため、病院に行くのが遅れました。

そしたら、2月下旬頃から急に、両目のまぶたが赤く腫れたのです!

単に目がかゆくなって充血するだけではなく、まぶたも赤くなって大きく腫れてしまいました。

そのせいで、まばたきもしづらくなり、かなり不快感がありました。

さらに、顔が「お岩さん」みたいになったので、動画セミナーの撮影も一時的にストップせざるを得なくなりました。

目の腫れは、1週間のあいだに、少し良くなったり、またひどくなったりを繰り返しました。

特に晴れて花粉が舞う量が多い日は、目の腫れも悪化しました。

こんな症状は初めてだったので、僕は驚いてしまいました!

お岩さんで英語レッスン

とはいえ、「お岩さんになった」のが理由で、五反田の英語レッスンを休むわけにもいきません。

おそるおそる教室に行くと、受講生の方々は驚いた表情で、

What’s wrong?

(どうしたんですか?)

と言いました。

せっかくの機会なので、先ほどこの記事で解説した「花粉症の英語の言い方」をレクチャーした後、

「まぶたが腫れたを英語で何て言う?」

みたいなクイズを出しました。

(正解の例は、I’ve got my eyelids swollen.)

ついでに、

I’m rock.

(私はお岩です)

なんて言っても通じないよ、みたいなジョークも混ぜつつ、あまりシリアスな雰囲気にならないようにしてみました。

でも、内心はかなりしんどい状態でした。まばたきがしづらいので、ふつうにしているだけでも「意思の力」を消耗していきました。

まぶたを救うアイテム!

そんな状態で苦しんでいたら、午後の上級クラスのレッスンで、受講生の方が僕にとても良いアドバイスをくれました。

「シンヤ先生、花粉症用のメガネがありますよ。たぶん、五反田駅前のZoffで売ってるはずです。」

僕はソッコーで帰りにZoffに寄りました。すると、たしかに!花粉対策コーナーがありました!

そこにあったのは、まるでゴーグルのように目をすっぽり覆うメガネでした。

僕はそれまで、ゴーグルは大きくて目立つ、カッコ悪いものだと思っていました。

実際、10年ぐらい前に花粉対策のゴーグルをしている人を見た時は、「メガネの上から、透明の大きなゴーグルをかけている」という姿でした。

でも、僕が知らない間に、花粉症用のメガネがどんどん進化していました。

僕が描いていたゴーグルのイメージとはかけ離れています。

何より驚いたのは、「かけた時に見た目がふつう」だということです。

 

正面から見ると、ほとんど普通のメガネと変わりません。

横から見ても、透明部分がすけて見えるので、そんなに違和感はありません。

でも、しっかり横からガードしてくれます。店員さんによると、このメガネをかけることで、花粉の95%をブロックしてくれるそうです。スゴい!!

予想外の安さ!

とはいえ、さすがに花粉の時期だけかけるメガネを新調するのに、何万円も出すのは抵抗があります。

ところが、このメガネは、たったの3,000円でした!

僕の場合は目が悪いので、度付きレンズに変えてもらったのですが、度付きレンズもたったの3,000円でした。

トータル6,000円で、自分の視力にピッタリ合った花粉対策用ゴーグルメガネをゲットできました。

快適なかけ心地

この花粉対策メガネの良いところは、フレームの鼻あて部分と耳あて部分が動かせる、ということです。

中に針金が入ったゴム素材で、角度を自由に調整できます。

なので、キツめにすることも、ユルめにすることも自分で自由にできます。

僕は一日中かけっぱなしにしました。風呂に入る時以外は、ずっと装着しています。

寝ている時も、フレームをゆるめに調整してかけて寝ました。

また、日中もずっとかけっぱなしでもフレームが当たる耳や鼻が痛くなりません。

1日半で快調に!

すると、驚くことが起こりました!メガネをかけ始めてからわずか1日半で、目の腫れが引いたのです!

外へ出ても、目がかゆくなりません!

これはスゴい!!

驚きました!と同時に、やはりあのまぶたの腫れは花粉が原因だったんだな、ということが分かりました。

僕は今回の体験から、薬でアレルギー反応を抑える以前に、花粉そのものをシャットアウトすることで、症状を抑えられることを知りました。

これから、このゴーグルメガネは毎年花粉シーズンに手放せないアイテムになりそうです。

 

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ