【ついに出た!語学学習専用に作られた、新しいBluetoothスピーカー①】

from 師範代Shinya

僕の著書「やり直し英語革命」の中には、「英語学習三種の神器」として、

①電子辞書

②ウォークマン(MP3プレーヤー)

③Bluetoothスピーカー

の3つを紹介しています。

この3つを組み合わせることにより、英語学習が快適にできる環境を作ることができます。

英語学習は、「音が命」です。

いかに発音を聞き取りやすい環境を作るか?が、上達に直結します。

ウォークマンを使うと、英語テキストのネイティブ音声のスピードを自在にコントロールできます。

・最初の頃はゆっくりスピードで再生して練習。

・慣れてきたら、速いスピードで再生して高地トレーニング。

という感じです。

電子辞書も、紙の辞書に比べて単語を引くスピードが上がります。

個々の英単語の発音も、実際の音を聞きながら細かくチェックできます。

電子辞書は軽くて小さなボディーの中に、何十冊もの辞書を入れて持ち歩くことができます。

一方で、電子辞書のスピーカーは、サイズが小さくて音質が良くありません。

そこで、Bluetoothスピーカーが役立ちます。

電子辞書をイヤホンジャックでBluetoothスピーカーとつなぐことで、驚くほど高音質で英単語の発音チェックができます。

ウォークマンもそのままではイヤホンでしか聞けませんが、Bluetoothスピーカーをつなげば、ウォークマンの高音質を、迫力の音で再生することができます。

さらに僕は最近では、Bluetoothスピーカーをパソコンにつないで、オンライン英会話レッスンを受ける時やZoom会議の時に使うようになりました。

パソコンの内蔵スピーカーよりも、ずっと良い音質と高い音圧で相手の声を聞くことができて、快適です。

Bluetoothスピーカーは、このように「音声を拡張したい場面」で役立つツールなのです。

従来型のBluetoothスピーカーの問題点

ただ、従来型のBluetoothスピーカーを英語学習に使おうとすると、問題点がありました。

それは、音の性質(方向性)です。

Bluetoothスピーカーは、基本的に音楽を聴くために作られています。

音楽では、歌手の声だけではなく、楽器の音も大事になってきます。

むしろ、楽器の音の方が重要かもしれません。

特に、「重低音」が響いて迫力があるサウンドが出せるBluetoothスピーカーが、顧客からの高評価を得る傾向があります。

そのため、ソニーなどの音にこだわるメーカーは、いかに重低音の迫力を出すか?に技術力の全てを注いでBluetoothスピーカーを作っているのです。

ところが、この重低音は、僕たち英語学習者にとっては天敵です!

重低音が強調されたサウンドでは、肝心の「人の声」が後ろに引っ込んで、こもった音に聞こえてしまうのです!

僕が以前買った、ソニーの1万5,000円のBluetoothスピーカーは、英語教材の音声の再生にはまったく向きませんでした。

そのため、人の声を聞きやすいBluetoothスピーカーを選ぶには、「安物」を選ぶしかありませんでした。

僕がずっと使ってきたのは、3,000円以下で買える安いモデルのBluetoothスピーカーです。

安いモデルは重低音を響かせるパーツを使っていないので、音楽を聴いた時には迫力が出ません。

この迫力のなさが、英語教材のCDを聞いた時には、とても聞き取りやすい音質になります。

安いモデルの問題点

ただ、こういった安いモデルにも、問題点がありました。

・商品の入れ替わりが激しいこと(同じ商品が長期間売られない)

・技術が発達すると、安くても重低音が出るモデルが出てきてしまうこと

・声が聞き取りやすい音かどうか?を買う前に確かめる方法がないこと

という3点が問題でした。

「人の声(英語)の聞きやすさ」に特化した高級Bluetoothスピーカーが欲しい!

それが、僕がここ数年、願ってきたことでした。

最新のテクノロジーを使って、音楽の重低音ではなく、人の声の中高音を聞き取りやすく調整したBluetoothスピーカーがあったらいいのにな・・・

と思っていたのです。

もし今後、ガジェットメーカーとコラボして「師範代Shinyaモデル」のBluetoothスピーカーを出すとしたら、「英語の聞き取りやすさ」に全振りしたハイテクな高級Bluetoothスピーカーを作りたい!

と思っていました。

そんな夢のようなガジェットが、なんと今回、登場しました!!

メーカーは、「高音質な外付けモニター」で有名な BenQ です。

YouTube上で「外付けモニター」で検索すると、BenQ のモデルのレビュー動画がズラッと出てきます。

特に外付けモニターは内蔵スピーカーが小さいので「音質が悪い」のが特徴ですが、そんな中で BenQ のモニターは音質が良いことで有名です。

そんな BenQ のテクノロジーが詰め込まれた、「語学学習専用Bluetoothスピーカー」が新しく登場しました!

これは画期的です!!

次回は、このBluetoothスピーカーの最新モデルを詳しく解説していきます。

↓↓↓

 
 
・・・つづく
 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください