From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
※オンライン英会話の先生が使っているヘッドセットの音質に感動して、マネして購入した時の体験談の続きです。
 
 
僕は、Jabraのヘッドセットの「雑音カット機能」のスゴさに感動しました。
 
 
本当に自分の声以外は一切入ってこないことが分かりました。
 
 
これなら、多少子供の声が聞こえるような環境でも、Zoomができるかもしれません。
 
 
こんど娘がギャン泣きしているタイミングで、隣の部屋でZoom録音してみて、聞こえるかどうか?などを検証してみたいと思います。
 
 

有線タイプの安定感

 
もうひとつ、使っていて気付いたことは、有線タイプのヘッドセットは安定している、ということです。
 
 
Bluetoothなどを使う無線タイプは、どうしても不安定になることがあります。
 
 
 
特に「近くで電子レンジを使っている時」には、Bluetoothは確実に電波が途切れます。
 
 
それ以外の時にも、何かの拍子に相手の声が数秒間聞こえなくなったり、こちらの声が聞こえなくなったりすることがあります。
 
 
しかも、それがいつやってくるか予想できません。
 
 
確かに無線タイプの方がジャマにならず便利なのですが、英会話レッスンで使うとなると、音声の途切れた時に、
 
 
・ネット回線の問題なのか?
 
・それとも無線ヘッドホンやイヤホンの電波の問題なのか?
 
 
が特定できずに困ります。
 
 
また、無線タイプは少しだけ「遅延」があります。
 
 
わずか0.数秒の差ですが、僕は日常的に「動画編集作業」をしているので、このわずかな遅延は作業にけっこう影響が出ます。
 
 
有線タイプは遅延がゼロで、通信状態もすごく安定しているので、安心感があります。
 
 

音も良く聞こえる

 
仕事や勉強だけではなく、ネットフリックスで海外ドラマを見るときにも、このヘッドセットを使ってみました。
 
 
純粋に「聞くだけ」に使った時にはどうか?という検証です。
 
 
もともと「人の声」はとても聞きやすいようにできているので、ドラマの中の登場人物の声はよく聞こえます。
 
 
その他、効果音やBGMなども、十分な迫力で聞こえました。
 
 
これまで使っていた2,000~3,000円程度の安めのヘッドセットでは、この「効果音やBGM」の部分がどうしても貧弱というか、こもって聞こえてしまい、エンタメには使えないと感じていました。
 
 
でも今回のJabraのヘッドセットは、映画やドラマを見るのにも十分に使えることが分かりました。
 
 
もちろん、本格的な音楽用ヘッドホンに比べたら、重低音が足りないとか、色々劣る部分があるのかもしれません。
 
 
でも、僕の耳には「これで十分!」というレベルに聞こえました。
 
 

目立たなくて良い

 
先進的な機能が満載なのに、デザインは目立たないのが良いです。
 
 
僕はこのヘッドセットを使い始めてから、英会話の先生にヘッドセットのことを何か言われたことがありません。
 
 
 
このヘッドセットを使う前は、ラジオ局にあるような、アームの付いたスタジオマイクを使っていました。
 
 
すると目立つので、多くの先生たちが僕を見た瞬間に、
 
「仕事は何をしているんですか?」
 
 
「ポッドキャスターですか?」
 
 
という突っ込みをしてきました。
 
 
でも、このヘッドセットにはまったく突っ込まれません。
 
 
こういう設備は、見た目であまり主張し過ぎない方が良い気がします。
 
 
目立たないデザインながら自分の声はしっかり届くので、レッスン中に隣で娘がギャン泣きしている時にも、気にせず英会話を楽しむことができます。
 
 
そして、レッスン中や終了間際に「発音がクリアで聞き取りやすい」とホメられることが増えました。
 
 
英語を教える立場になった今でも、自分の話す英語を先生からホメられるのは嬉しいものです。
 
 
今回のように英会話レッスンのためのマイクなどの設備投資をすると、発音をホメられる確率がアップします。
 
 
ホメられる頻度が上がると、自信につながります。
 
 
逆に音声環境が悪いと、どんなに発音スキルを磨いても、相手の先生に届きづらくなります。
 
 
その結果、何度も聞き返されることが増えます。
 
 
すると、
 
 
「自分の発音は通じづらいのかな?」
 
 
「今の単語は間違っていたのかな?」
 
 
「文法が間違っているから通じないのかな?」
 
 
など、色んなことが不安になってきてしまいます。
 
 
また、パソコンやスマホのスピーカーが小さくて音声がイマイチだった場合は、自分のリスニング力にも影響します。
 
 
英会話レッスン中の音声環境が悪いだけで、自分の英語に対する自信を失ってしまうこともあるのです。
 
 
これはすごくもったいないです!
 
 
本当はしっかりした実力があるのに、音声設備が悪いせいでムダに自信を失ってモチベーションが落ちてしまうのは、悲しいことです。
 
 
でも、ヘッドセットのような設備に投資をするだけで、これらの不安が自信につながる確率がアップします。
 
 
今回のJabraのヘッドセットは、設備投資の大切さを改めて感じさせてくれるアイテムでした。
 
 
もし、あなたが今までにヘッドセットを使ったことがないなら、ぜひ一度トライしてみてください。
 
 
最初は2,000~3,000円の安いモデルでも、パソコンのスピーカーとマイクで英会話するよりもずっと「通じる率&聞き取れる率」がアップするのを実感できると思います。
 
 
※僕が今回買ったJabraのヘッドセットはこちら
  ↓↓↓
 
※予算抑えめで試すのにピッタリなヘッドセットはこちら(Sayaが使用しているヘッドセットの新版です)
↓↓↓
 
 

 
(↑クリックするとAmazonの販売リンクにいけます)
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓