From  師範代Shinya(新村真也)

先日、アメリカに1週間ぐらい出張に行ってきました。行き先は、ラスベガスです。

ラスベガスと言えば、「カジノ」のイメージがあります。

でも実はラスベガスは、「マジックショー」の本場でもあります。

ラスベガスには、世界のトップマジシャンたちが集結して、世界最高峰のマジックショーを繰り広げています。

僕はこの10年間、英語を教える仕事のかたわら、弟と一緒に、「兄弟マジシャンニイム&シンヤ」としても活動してきました。

「マジシャンて、ふだんどこでショーをやるんですか?」

と聞かれることが多いですが、僕らがふだん受けているマジシャンの仕事は、

・結婚披露宴

・ショッピングセンターのイベント

・企業の忘年会や新年会、家族会などのパーティー

・地域のお祭り

・観光地のクルーズ船の中

などが多いです。こういう場所では、「子供から大人まで、家族みんなが一緒に楽しめる演目」を求められるので、マジックショーはピッタリなのです。

10年間、マジシャンとして活動してきた僕ら兄弟にとって、ラスベガスのマジックショーは子供の頃から、「死ぬまでに一度は行ってみたいところNO.1」でした。

なので今回、マジシャン活動10周年として、「視察のための出張」という形でラスベガスに行ってきました。

出張という形ではありましたが、心の底では「子供の頃からの夢がついに叶った!」とウキウキでした。

今回の旅のミッション

せっかくアメリカへ行くので、2つの視点で今回の体験を見てみました。

①マジックショーを見ている時間は、「マジシャンシンヤ」の視点で、海外マジシャンの演技を研究。

②移動中や宿泊の時間は、「師範代Shinya」としての目線で、「旅行で役立つ英会話」や「海外体験談」の情報を研究。

この2つのミッションを自分に課して体験を積んできました。

このブログ記事では、主に②の方を中心にお伝えします。

空港での英会話が減っている?!

今回、1年ぶりにアメリカに行って、改めて気付いたことがあります。それは、

「空港で使う英会話フレーズが減っている」

ということです。僕が大手英会話スクールの講師として働いていた頃に担当していた英会話クラスには、「旅行で役立つ英語フレーズ」を練習するパートがありました。

その中には、空港の税関などでよく聞かれるフレーズを練習するコーナーがありました。

税関職員:「What’s the purpose of your visit?」

(あなたの訪問の目的は何ですか?)

旅行者:「I’m here on vacation.」

(私は休暇で来ました)

税関職員:「How long will you be staying?」

(どのくらいの期間、滞在する予定ですか?)

旅行者:「For 5 days.」

(5日間です)

みたいな会話です。こういう会話の練習を、僕はレッスンで教えていました。

ところが!!

今回のアメリカ旅行では、これらのセリフを言う機会がまったくありませんでした。

というか、今回だけではありません。前回も、前々回もありませんでした。

なぜか?

それは・・・空港のAI化です。

空港のAI化が、英会話をなくす

今回は、最初に羽田からロサンゼルス空港まで行ったのですが、そこで気付いたことは、色々な部分が電子化されていることでした。

特に税関の申告は、完全にマシンで自動化されていました。

事前に機械にパスポートをスキャンさせると、勝手に色んな情報が出てきます。

そして、さっきの英会話で聞かれたような「訪問の目的」などをタッチパネルで選んでいきます。

しかも!!表示は日本語を選べるのです!

もちろん、日本語の文法はちょっと変で、わかりにくいです。でも、英語で読むのがツラい人には優しいシステムです。

すべてのやりとりが、この機械の前で完結してしまいました。

その先に人はいるけれど・・・

一応、全自動というのわけでもなく、このマシンを入力した後に、税関職員の前を通りました。

でもかなりいい加減な対応です。

職員は、ひと言もしゃべりませんでした。

ただ、ジェスチャーで手招きして、パスポートと航空券を受け取ったら、スキャンして、無言で返してきました。

それで終わりです。

会話、ゼロ!!

もちろん、これは人によると思います。僕の担当した職員の横のデスクい座っていた職員の人は、さっきの英会話フレーズ、

「訪問の目的は何ですか?」

「どのぐらい滞在予定ですか?」

をちゃんと聞いていました。

なので、空港から完全に英会話がなくなったわけでもないと思います。

でも、電子化が進むことで、「税関で会話をするかどうか?」はあくまで税関職員個人の好みになっていくと思います。

会話好きな人は色々聞くでしょうし、面倒だと思う人は聞かないでしょう。

電子化により、会話自体の必要性はなくなっています。その結果、僕ら日本人が海外旅行をする時に、確実に英会話の機械が減っていくことは間違いありません。

もしかして、近い将来、「旅行英会話フレーズ集」の本の中から、「税関での会話」という項目が消える日が来るかも知れません。

そんなことを、今回の旅の最初で感じました。

・・・つづく。

 

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ